子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

2018年06月19日

時短できるお肉料理のレシピとコツ。アレンジ可能な肉料理や時短料理に役立つアイテム

時短できるお肉料理のレシピとコツ。アレンジ可能な肉料理や時短料理に役立つアイテム

毎日の献立を考えるきに、ボリュームのある肉料理を作りたいけれど、できるだけ時短で作りたいと考えているママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、肉料理を時短でで作るときに役立つグッズや手羽元やスペアリブ、豚バラブロックを使った時短レシピ、アレンジ可能な肉料理などを体験談を元にご紹介します。

肉料理を時短で作りたいとき

家族が喜ぶ肉料理を、なるべく時短で作りたいと考えるママもいるのではないでしょうか。肉料理を時短で作るときはどのようなときなのかママたちに聞いてみました。

短時間でボリュームあるメニューを

「仕事で忙しいときは、よく時短レシピで肉料理を作ります。肉料理はボリュームもあるので家族には喜ばれます」(30代ママ)

忙しいママは、時短レシピを使うことで短時間でボリュームのあるメニューを作っているようです。時短レシピを活用れば効率よく家事をすることができるのではないでしょうか。

ホームパーティーをするとき

iStock.com/mediaphotos

「お友だちを集めてホームパーティーをするときは、お肉料理は欠かせません。他の料理もたくさん作りたいので、時短レシピを活用しています」(30代ママ)

「スペアリブを白だしや麺つゆなどと煮込むだけの肉料理ですが、スペアリブをホームパーティーなどで出すことで華やかになります。時短でおいしく作れるのでパーティー料理での定番レシピです」(30代ママ) 

お客さんや友だちを呼んでおもてなしをするとき、メインの料理としてお肉料理は欠かせないようです。パーティーでは、品数や量を充実させるためにも、時短レシピを使って作れるとよいかもしれません。

時短料理に役立つアイテム

ボリュームのある肉料理をつくりたいと思っても、鶏手羽元や豚バラブロックなどは、短い時間でおいしく作るのは難しいと考えるママもいるようです。大きなお肉も時短でおいしく作るために、ママたちが活用しているアイテムについて聞いてみました。

炊飯器

iStock.com/Jiradelta

「炊飯器に材料のお肉と調味料を入れるだけで煮物が作れると知って、よく作るようになりました。出かける前にセットしておけば、帰ってきたときには完成しています」(30代ママ)

炊飯器の機能を上手に活用して、肉料理を時短で作っているママもいるようです。タイマー機能を使えばできあがり時間をあらかじめ決めることができ、それまでの時間にもう一品料理を作ることもできるかもしれません。

電子レンジ

「電子レンジは大きめのブロック肉でも短い時間で火を通すことができるので、時短で作りたいときはよく使っています」(30代ママ)

電子レンジは時短料理には欠かせない家電といえるかもしれません。肉を薄めに切るなど、切り方を工夫すると加熱時間をさらに短縮できるのではないでしょうか。

圧力鍋、電気圧力鍋

「圧力鍋はブロック肉などを短い時間で柔らかいお肉に仕上げることができます。煮豚が約8分程度の時短レシピになるので助かっています」(30代ママ)

「電気圧力鍋は、材料を鍋に入れてスイッチを押すだけなので便利です。機能も多様なので手間のかかる肉料理も簡単にできます」(30代ママ)

圧力鍋でブロック肉など時短で柔らかく仕上げることができるようです。圧力鍋の火加減調節が苦手なママは、電気圧力鍋が使いやすいかもしれません。

家族が喜ぶ肉料理の時短レシピ

ママたちがおすすめする簡単な時短お肉料理レシピをご紹介します。

手羽元のさっぱり煮

iStock.com/TatayaKudo

「5合炊き用の炊飯器に手羽元と酢、水、醤油などの調味料を入れ帰宅時間にタイマーセット。帰宅すると柔らかい手羽元が完成しているので、重宝する調理方法です」(30代ママ)

炊飯器に入れてセットするだけで、圧力鍋で作ったように味が染み込んだ、ホロホロ柔らかい手羽元のさっぱり煮が作れるようです。

スペアリブのカレー

「スペアリブに塩コショウをして耐熱容器に入れて電子レンジで7分ほど加熱、さらに裏返して2分ほど加熱した上で、蓋をして1分蒸らします。スペアリブには火が通っているので、煮込む時間が少なくてもおいしく仕上がります」(30代ママ)

スペアリブも電子レンジを使うことで時短料理に使うことができるようです。スペアリブの肉の厚さで加熱する時間が変わってくので様子をみて、よく加熱するとよいかもしれません。

豚の角煮

「圧力鍋に、豚バラ肉をブロック角切りと大根を入れて軽く焼きます。そこに酒、醤油、みりん、生姜スライスを入れ、圧がかかってから弱火で7分煮込みます。短時間で柔らかい豚の角煮に仕上がります」(30代ママ)

本来であれば煮込み時間がかかる豚の角煮も、圧力鍋で作ると時短で作ることができるようです。圧力鍋を使って作れば肉が柔らかく味もしっかりしみるので、子どもたちも食べやすいのではないでしょうか。

アレンジ可能な時短の肉料理レシピ

一度作っておくだけで数パターンのアレンジができるレシピを知っておくと、普段の料理の時短にもつながるようです。アレンジ可能な時短の肉料理レシピをご紹介します。

手羽元のポトフをシチューに

「手羽元を使ったポトフを多めに作った翌日は、ルーを入れてシチューにアレンジいます」(30代ママ)

一度作った料理の味付けを変えるというアレンジをしているママもいるようです。アレンジすることを想定して、あらかじめ多めに作っておくのもよいかもしれません。

蒸し豚をチャーシューに

「豚バラブロックを買ったときは、圧力鍋に豚バラブロックとにんにくなどを入れて蒸し豚にします。一日目はレタスに包みサムギョプサルにして食べ、翌日は醤油と砂糖などで味付けしてチャーシューにします」(30代ママ)

豚バラブロックで薄味の蒸し豚を作っておけば、アレンジ次第で幅が広がりそうです。冷凍しておくこともできるので、時短で何か作らなければいけないときに重宝するかもしれません。

時短レシピを使って肉料理を献立の一品に

iStock.com/JohnnyGreig

毎日の料理で取り入れられる、時短で作れるお肉料理をレシピを交えてご紹介しました。手羽元やスペアリブ、豚バラブロックなどの肉をメニューに取り入れるときは、時短アイテムを活用しながら作るとよさそうです。さまざまな工夫を取り入れながら、おいしい肉料理を作ってみてくださいね。

レシピの関連記事
カテゴリ一覧