女の子用のキッズパジャマ。デザインや素材など選び方と必要な枚数

女の子用のキッズパジャマ。デザインや素材など選び方と必要な枚数

温度調節や洗濯はどのようにしている?

女の子のキッズパジャマを用意するときに、デザインや素材など、どのようなものを選んだらよいか考えるママやパパもいるのではないでしょうか。今回の記事では、女の子のパジャマのデザインや素材の選び方や、季節の変わり目における長袖や半袖の使い分けなど、女の子のパジャマ選びで意識しておきたいことをご紹介します。

女の子のキッズパジャマを用意するとき

女の子のパジャマを用意するときに気になることを、パパやママに聞いてみました。

30代パパ
2歳の娘にパジャマを用意したいのですが、お店に行くといろいろな素材やデザインのものが置いてあるので、選び方に迷います。女の子のパジャマ選びでは、どのようなことをポイントにするとよいのでしょうか。
20代ママ
女の子のキッズパジャマは、何セットくらい用意するとよいのでしょうか。季節の変わり目は、半袖や長袖など気温の変化にどのように対応すればよいのか悩みます。
女の子用のキッズパジャマを選ぶときに、素材やデザインなどパジャマの選び方や用意する枚数、季節の変わり目の温度調整について考えるパパやママの声がありました。

そこで今回は、女の子のパジャマ選びのポイントや女の子のパジャマを使うときに意識しておきたいことについて、ママやパパの体験談を交えてご紹介します。

女の子のキッズパジャマを選ぶポイント

気持ちよく寝る女の子
Africa Studio/Shutterstock.com

女の子のキッズパジャマを選ぶポイントについて、パパやママに聞いてみました。

素材

40代パパ
暑い時期には吸収性と通気性の高いものを、寒い時期には裏起毛やキルティング素材のものなど、気候や昼夜の寒暖差にあわせて快適にすごせる素材を選びました。
季節や昼夜の寒暖差など、その時期の気候にあわせて素材を選ぶことがポイントのようです。他にも、肌の弱い子にはオーガニックコットンなど、肌に優しい素材を選ぶようにしたというママの声もありました。

サイズ

40代ママ
キッズパジャマはぴったりしたサイズより、少しゆったりめの方が着心地がよいと聞いたので、ワンサイズ大きめのものを用意しました。ウエスト部分のゴムも柔らかめの素材で、体を絞めつけないものを選ぶようにしました。
30代ママ
2歳の娘は、自分で洋服の着脱をしたがるようになりました。パジャマのサイズは大きめの方が脱ぎ着がしやすいようで、自分からパジャマを着るのを楽しんでいました。
キッズパジャマを選ぶときは、ゆとりをもったサイズ選びやウエスト部分のゴムの固さにも配慮してみるとよいかもしれません。ワンサイズ大きめのものなら、就寝中に動いてお腹が出てしまうという心配もなく、安心して眠ることができそうですね。

機能性

20代パパ
自分で洋服を着たがるようになったので、ボタンをかける練習になると思い、ボタンつきのパジャマを選びました。間違いにくいようそれぞれのボタンとボタンホールの色があわせてあるので、子ども自身でボタンをかけやすく楽しんでやっています。
30代ママ
3歳の娘は就寝中によく動き、朝起きるとおへそを出していることもありました。パジャマを選ぶ際は、お腹を冷やさないように、ウエスト部分が腹巻タイプのパジャマを選ぶようにしました。
ボタンつきのパジャマは着脱の練習になったというパパや、就寝中もお腹をしっかり守ってくれる腹巻タイプのパジャマを選んだというママの声がありました。キッズパジャマを選ぶときには、子どもの成長段階を考慮しながら選ぶのもよいかもしれません。

【体験談】女の子の喜ぶキッズパジャマのデザイン

女の子が喜ぶキッズパジャマのデザインには、どのようなものがあるのでしょうか。ママたちに聞いてみました。

女の子らしいデザイン

20代ママ
ネグリジェやフリルのついたパジャマは、お姫様気分が味わえるようで娘のお気に入りです。喜んでパジャマを着てくれるので、とても助かります。
ネグリジェやフリルなど女の子らしいデザインのパジャマは、子どもも気に入って喜んで着ているというママの声がありました。お姫様のようなデザインは、普段着としては抵抗があるという女の子も、パジャマとしてなら気軽に着られるかもしれません。

家族でリンクコーデ

30代ママ
二人の娘がいますが、ママと姉妹の三人でお揃いのデザインのパジャマを購入しました。娘たちも私も、お揃いのパジャマを着て眠る時間をいつも楽しみにしています。
ママや姉妹でお揃いのパジャマを用意し、眠る時間が楽しみになったというママの声がありました。パパや家族みんなでお揃いのパジャマにしたら、和やかな雰囲気のなかリラックスした気持ちで眠りにつけているという声もありました。

女の子のキッズパジャマを使うときに意識したいこと

洗濯シーン
Africa Studio/Shutterstock.com

キッズパジャマを使うときに、意識しておきたいことを聞いてみました。

洗濯をこまめに

40代ママ
汗をたくさんかくので、洗濯をこまめにして清潔に着られるように気をつけています。繰り返し洗濯しても型崩れしにくい素材のパジャマは、上の子がサイズアウトしたらおさがりとして下の子に着せられるので、家計に優しく助かります。
パジャマはこまめに洗濯をして清潔に着られるように気をつけているというママの声がありました。他にも、洗い替えを考えて、季節ごとに2~3枚程度を用意しているというママの声もありました。

温度調節

30代ママ
季節の変わり目など昼夜の寒暖差が激しい時期や、日によって気温が変化しやすい季節は、通気性のよい長袖長ズボンのパジャマを着せています。さらっとした肌触りが心地よいようで寝つきもよく、少し暑いときは、長袖パジャマの袖をまくるなどして調整しています。
季節の変わり目など、半袖と長袖のどちらがよいかなど温度調節に困ったときは、通気性のよい長袖長ズボンのパジャマで、気温の変化に対応したというママの声がありました。他には、スリーパーを重ねるなど、汗や寝冷えで風邪をひかないように工夫したというママの声もありました。

女の子が喜ぶキッズパジャマを選ぼう

寝る子ども
Yuganov Konstantin/Shutterstock.com

女の子のキッズパジャマ選びでは、ゆとりのあるサイズで季節にあった素材や成長段階にあわせて機能性を選んでいるというパパやママの声がありました。女の子らしいデザインや家族でお揃いのパジャマにして、眠りにつく時間を楽しんでいる家庭もあるようです。

半袖にするか長袖にするか悩む時期は、通気性のよい長袖タイプを選ぶことで、気温の変化に対応しているという声もありました。女の子のお気に入りのパジャマを見つけて、眠りの時間を幸せな気持ちですごし、素敵な夢が見られるとよいですね。

2020年01月19日

専門家のコメント
16
    ゆか先生 保育士
    お腹を冷やさないように腹巻きが一体化しているものや、ボタンでズボンと離れないようになっているものを選びました。
    ボタンの練習にとボタン付きの物を選ぶこともありましたが結局親もティーシャツなので子どももティーシャツになりました(笑)
    すみっこ先生 保育士
    小さい頃は腹巻き付きのズボンを選んでいました。洗濯は毎日するので冬も夏も3セットずつくらい用意しています。 暗いところで光るパジャマがお気に入りでした🥰電気を消したらすぐに寝るので結局見られないんですけどね😂💕 夏のパジャマは、外では着られないけどまだサイズ的にはOKのTシャツをパジャマにしていることが多いです😂💕
    あーちん先生 保育士
    可愛いデザインのが多いと思いますが、デザインだけでなく素材や年齢に応じて自分で着脱できるようなパジャマを選びたいですね!
    特に冬は厚手のパジャマも売られていますが、子どもの体温は高いので、寝ている間に汗をかかないように体温調節のしやすいものがいいと思います(^^)
    りお先生 保育士
    うちはパジャマはユニクロです!
    ユニクロに行って好きな柄を選んで買わせてます。
    本当はもっと高価なものの方が肌触りや着心地はいいんでしょうけどね💦今、将来の学費を貯蓄中なので、あまり無駄遣いはしたくなく。

    ちなみに、ウルトラストレッチのルームウェアセットが、着心地が良くてお気に入りです😁
    真冬はフリースタイプを着ていますが。
    みどり先生 保育士
    パジャマはまずは素材が大事かと思います。

    我が家は綿100%を選んでます。
    ついキャラクターやデザインなどについ気持ちが傾きがちですが、肌に直接触れるため素材大事にしています。

    後は着やすさ、ゴムの具合やごわつき感がないか
    等をチェックしています。
    ちろちぃ先生 保育士
    まだそこまでこだわりが出ない2歳前くらいまでは、こちらが着せやすく柔らかい素材のものを選んで買っていましたが、3歳を過ぎた今はシーエムでみたキャラクターものや、可愛いデザインの物を自分で選んで買うようになりました。大体の気温でどんな素材がいいかはこちらで伝えますが、デザイン重視です笑
    本人が気に入って進んでお着替えしてくれたらいいかなと思っています!
    ぬーぬー先生 保育士
    着やすさです!お風呂から入ったらすぐきがえてほしいからです😋
    寒い季節ならなおさら😜
    我が家は西松屋やバースデイのきせつのおわりのセールで500円くらいのものでワンサイズ上のものを買っておいて来年用にしています😊
    ヒーローものは外で着て欲しくないのでパジャマで取り入れたりしています、?
    いちご先生 保育士
    我が家のキッズパジャマは全てUNIQLOです◎ お腹が冷えないようにボタンで留めることもできて、肌触りも良くて重宝してます。お値段も優しいので、買い替えやすいのもポイントです☻
    とーち先生 保育士
    うちの子のパジャマはほぼユニクロです。

    着心地、洗濯してもへたれない、価格。どれも満足なので、ユニクロを着せています。

    他のパジャマを着せたりもしましたが、お手頃なパジャマは値段相応でした。頂き物でブランドもののパジャマを着せたこともありますが、自分では買えない。。

    子どもは寝る時もよく汗をかくといいますし、頻繁に洗濯したいので丈夫で汗をよく吸収しそうなものを選んでいます。
    のんの先生 保育士
    女の子は早い段階で
    「これがいい」「あれがすき」「これはいやだ!」といいだします。

    我が家は下着、パジャマは綿100%をきせています。
    そこで、こどもがほしがるのが
    綿100%じゃないことがほとんど!!
    そこが難しいところですが、
    パジャマはママがえらんで、スリーパーや毛布などはこどもが選ぶ!
    といつようにしました。
    長女はきいてくれましたが、
    それでもきいてくれなかった次女。
    なくなく購入。
    そして、次からは、
    綿100%のパジャマのみ、画像をみせて、選んでもらいました!!
    おはぎ先生 保育士
    ついつい低価格の物を買いがちなんですが、ボタンが大きくて色が一つずつ違うなど自分でとめやすかったり興味が持てるような物にしていました。
    小さいボタンだと子どもも難く嫌になってしまうようです。最初のうちはボタンを穴に半分入れてあげておいて、引っ張るだけの練習をさせましたよ。
    みき先生 保育士
    腹巻一体化しているものがおすすめです!伸びがよく脱ぎ履きしやすいので、着脱の練習にもぴったりです。
    こどもは寝相が悪く、汗もかきやすいので綿のもの、寝返りを打っても着崩れないものがいいと思います。
    あと白いものは結構黄ばんだりするので気になる方は真っ白のものは避けた方がいいかもしれないですね。
    いちぽ先生 保育士
    ユニクロのパジャマがすごくいいです。
    女の子が好きそうなデザイン性のあるものではないですが安いのに物がしっかりしています!
    こと先生 保育士
    我が家もパジャマはほとんどユニクロです✨安いのにしっかりしてたり、絵本とコラボのパジャマもあったりしてついつい買ってしまいます!
    同じ生地でロンパースもあって、姉妹でお揃いのパジャマにできるのも可愛いですよ♡
    みー先生 保育士
    北海道の冬、寒いから!と裏起毛のパジャマを買ったところ…汗だくになり泣いていました…すぐにサヨナラをして腹巻つきズボンの薄手のパジャマを買い、長袖のシャツを中に着せれば十分でした。足が捲り上がってしまい、冷えていたのでレッグウォーマーをつけて寝ていました😊
    西松屋にキャラクターのレッグウォーマーがお安くあったので姉弟でお揃いでずーっとつけています!
    せおみ先生 保育士
    小さい頃、おむつを履いている頃はお腹が出ないように、ズボンと上のパジャマをボタンで止められる物を選んでいました。パンツになって自分ですトイレへ行く頃にはボタンの付いていないものにしています。パジャマは着ている時間も結構長いので、気持ちよくしっかりとした、生地の物を購入すると長い期間着られると思います。

子ども服の関連記事

カテゴリ一覧