小島武仁

小島武仁の記事一覧

経済学者。2003年東京大学卒業(経済学部総代)、2008年ハーバード大学経済学部博士。イェール大学、スタンフォード大学などを経て2020年より東京大学経済学部教授、東京大学マーケットデザインセンター(UTMD)所長。 専門分野は人と人や人とモノ・サービスを適材適所に引き合わせる方法を考える「マッチング理論」と、それを応用して社会制度の設計や実装につなげる「マーケットデザイン」。

  • 保育園入園や会社の人事、学校入試など、採用決定のプロセスにおいて、いくらお金があっても希望が叶うわけではないものが世の中にあります。そのような問題を解決するべく、東京大学マーケットデザインセンター所長の小島武仁教授が「マッチング理論」を研究されています。お金で解決できないミスマッチを無くす仕組みとは?

    小島武仁