子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

2017年12月08日

3歳の女の子が好きな室内遊びと子どもが喜ぶ、簡単手作りおもちゃ

3歳の女の子が好きな室内遊びと子どもが喜ぶ、簡単手作りおもちゃ

3歳になれば一人でできる遊びが増えたり、お友だちといっしょに遊んだりできるようになってくるでしょう。3歳の女の子にはどんな遊びがおすすめなのでしょうか?そこでママの体験談をもとに、おすすめの室内遊びや子どもといっしょに作れる簡単な手作りおもちゃをご紹介します。

3歳になってできるようになった遊び

3歳は、2歳の頃と比べてお友だちとのやりとりができる時期だというママの声が多くありました。3歳の女の子ができるようになった遊びをママに聞いてみました。

他人とのやりとりを楽しむ遊び

「子どもが店員さん、私がお客さんになってレストランごっこをしています。注文を聞いて、料理を運んできてくれます。保育園ではお友だちとおままごとをやっているようです」

「本の内容を覚えていて、本の読み聞かせをしてくれます」

3歳になると、一人で遊んでいた遊びもお友だちといっしょにできるようになるようです。

道具を使った遊び

「折り紙を三角に折り、子どもの好きなようにはさみで切ってもらい、雪の結晶を作って遊んでいます」

「クレヨンや絵の具を上手に使ってお絵かきができるようになりました」

筆者の子どもも、はさみで折り紙を細かく切って料理に見立て、おままごとの道具にして遊んでいます。はさみなど、まだ一人で使うには危ない道具はママがいっしょに使ってあげるとよいですね。

3歳の女の子におすすめの室内遊び

ごっこ遊び

「おもちゃのレジを使って、お店屋さんごっこで遊びます。頭に三角巾を巻いてあげたり、お買い物バックを用意してあげたり、実際に大人が使っているものを使うと喜んでくれました」

「大人の真似をして、人形のお世話をしています」

筆者の子どももごっこ遊びが大好きで、ドレスを着たり、おもちゃの化粧道具でお化粧をしたり、ブラシで髪をとかしたり、毎日プリンセスになりきって遊んでいます。ごっこ遊びが好きな女の子は多いようです。

歌やダンス

「おもちゃのマイクを使って歌いながら、『プリンセスって呼んで!』と叫ぶので、お客さん役になってあげています」

「児童館で毎日ダンスタイムがあったので、親子で参加していました」

3歳の女の子は、アイドルやプリンセスになりきって歌ったり踊ったりする、という声が多くありました。ダンスは雨の日に屋外で遊べないときでも体を動かせるので助かります。

積み木やブロック

積み木で遊ぶ女の子
©  ziggy – Fotolia

「積み木でお城やおうち、お部屋を作って見せてくれます。自分なりに想像して作っているようです」

「大きめのブロックで電話などを作り、ごっこ遊びの道具に使っていました」

筆者の子どもも、以前はいっしょにやっていたブロック遊びですが、3歳になってからは一人でやるようになりました。お城や機関車を作って驚かせてくれます。

工作

「水でくっつくビーズで遊んでいます。まだ一人でやるのが難しいところは、いっしょにやっています。作った後はアクセサリーとして喜んで使っています」

「ティッシュの空き箱と折り紙でままごと用の電子レンジを作りました。折り紙でのり付けをするのを手伝ってもらいました」

「折り紙で簡単なものが折れるようになりました。三角に折るだけでできるアシカや、もう一折りするとできるヨットなどに、クレヨンなどで子どもに絵を描いてもらっています」

3歳になるとより手先を使うのが上手になってくる子も多く、道具を使っての工作は楽しいものでしょう。

子どもが室内で遊べる簡単な手作りおもちゃ

子どもといっしょに作れる室内で遊べる簡単なおもちゃをご紹介します。

折り紙で作るお弁当

<用意するもの>
空き箱 折り紙 はさみ のり ペン 透明テープ

<作り方>

1.お弁当箱を作ります。空き箱を折り紙やペンなどで飾ります。

2.お弁当の具を作ります。筆者はおにぎりやエビフライ、レタス、ミニトマト、から揚げ、ゆで卵やタコさんウインナーを作りました。子どもが好きな具を作ると喜ぶかもしれません。

・おにぎり
白の折り紙を好きな形に丸め、黒い折り紙で海苔をつけます。

・エビフライ 
茶色の折り紙を両手を使ってクシャッとさせ、オレンジの折り紙で尻尾をつけます。

・ミニトマト
赤い折り紙を丸め、緑の折り紙でヘタをつけます。

・レタスやから揚げ
黄緑と茶色の折り紙をクシャッと丸めます。

・ゆで卵
白い折り紙で形を作り、黄色い折り紙で黄身をつけます。

・タコさんウインナー
赤い折り紙を中表で折り、はさみで折り目の部分を切り足を作ります。表にしてクルクル巻いて足の形を整え、ペンで顔を描きます。

折り紙を丸める、のりやテープを貼るなどできる作業はいっしょに行い、はさみがまだ上手に使えない場合はママが手伝ってあげるとよいでしょう。

手作りアクセサリー

<用意するもの>
ゴム ビーズ チャーム 手芸用ボンド

<作り方>
1.ゴム、ビーズ、チャームを用意します。ビーズやチャームはプチプラショップの手芸コーナーにいろいろあるようです。女の子はパールのビーズも喜びそうですね。子どもに好きなものを選んでもらいましょう。
2.ビーズやチャームをゴムに通して結び、結び目にボンドをつけてしっかりとさせます。ゴムの長さを変えて、指輪やブレスレット、ネックレスなどを作ってみてはどうでしょうか。

自分で作ったアクセサリーをつけて、憧れのプリンセスやアイドルになりきって歌ったり踊ったりして遊ぶと楽しそうです。

女の子ならではの特徴を活かして

おうちで工作をする女の子
© ucchie79 – Fotolia

3歳の女の子は、真似が上手な子も増えてくるようです。特にママやお友だちの真似をして、いろいろな遊びができるようになるのではないでしょうか。室内でのおもちゃ遊びはママも時間を作っていっしょに遊んだり、手作りをして、女の子ならではの遊びをいっしょに楽しんでみてはいかかでしょうか。

おうち遊びの関連記事
カテゴリ一覧