【調査】朝のメイクにかかる時間は10~15分が33.7%!時短メイクのポイント

【調査】朝のメイクにかかる時間は10~15分が33.7%!時短メイクのポイント

ベース、眉メイクなど各手順ごとの時短方法

忙しい朝の時短メイクで、手早くきれいな肌や眉にするポイントが知りたいママもいるかもしれません。他のママの朝のメイク時間が気になることもあるでしょう。今回は、朝のメイクにかかる時間についてアンケート調査を実施。その結果とあわせて、時短メイクのポイント、ベースや眉など各手順ごとの時短方法をご紹介します。

ママたちは朝のメイクにどのくらい時間をかけている?

朝のメイクにどのくらい時間がかかっているのか、KIDSNA読者へアンケートを実施しました。
メイク時間アンケート
朝にメイクをする方にお伺いします。朝のメイク時間は何分ぐらいかかりますか?
朝のメイクにかかる時間は、15分以内という回答が80%を超える結果となりました。

共働きで子どもを保育園へ送るための準備や身支度があったり、専業主婦で家族の朝食の用意に忙しかったりして、時短メイクになるママが多いのかもしれません。
 
ママたちの時短メイクには、どのようなポイントや方法があるのでしょうか。

ママたちの時短メイクのポイント

時短メイクをするときのポイントについてママたちに聞いてみました。

メイクポーチを整理しておく

30代ママ
TPOに合わせたメイクができるように、仕事用と休日用のメイクポーチを分けています。
仕事の日は上品に、休日は流行を取り入れるなど、それぞれの日に使うアイテムがポーチで分かれていると、使うときに迷うことも減るかもしれません。
 
メイクポーチの収納を見直しておくと、取り出しやすくなり時短メイクもはかどりそうですね。

定番アイテムを使う

30代ママ
朝メイクするときは、新しく買って試していないコスメやメイクアイテムは使わず、使い慣れた定番アイテムを使います。
新しいコスメやメイクアイテムは、いきなり使うと思っていた使用感と違って、メイクのやり直しが必要になることも。

朝の時短メイクで使いたいときは、事前に発色や使い心地を試しておくことが大切でしょう。

顔の特徴を知りメイクを省略する

女性
number-one/Shutterstock.com
30代ママ
私の顔は目力はありますが平面的なので、アイメイクを省略して、眉やシェーディングを入れたりチークを入れたりして、顔の凹凸が出るようにしています。
30代ママ
顔に血色感がある方なので、チークは入れません。
自分の顔の特徴を理解し、きちんとメイクをしている感じを出すために最低限必要なことはなにかを把握しておくと、時短になり仕上がりもよくなりそうですね。

子ども用のおもちゃのメイク道具を用意しておく

30代ママ
朝メイクをしていると、子どもにメイク道具を取られてメイクが進まなくなることがよくあるので、子ども用のおもちゃのメイク道具を用意しています。
子どものお世話をしながら自分のメイク時間を確保するために、子ども用のおもちゃのメイク道具を用意しておくというママの声もありました。ママが使っているものと同じようなメイクポーチに入れておくと、より本物らしく楽しめそうですね。

ベースメイクの時短方法

メイクの各手順ごとの時短方法が気になることもあるでしょう。まずはベースメイクの時短方法をご紹介します。

べたつかない使用感のスキンケアを使う

ベースメイク前にスキンケアをしておくと、保湿され化粧のりがよくなることもあるでしょう。しかし、肌になじんでからでないとメイク崩れの原因になることもあるようです。
 
べたつかないさっぱりとした使用感のスキンケアアイテムは、すぐにメイクを始めやすく時短になるかもしれません。

オールインワンアイテムを使う

化粧水や乳液、下地などをそれぞれ塗っていると、時間がかかると感じるママは多いのではないでしょうか。
 
スキンケアや下地、リキッドファンデーションがひとつになった、BBクリームなどのオールインワンアイテムは、時短メイクに役立ちますよね。

パウダーはブラシを使う

パウダーファンデーションやルースパウダー、おしろいを使うときは、付属の小さいパフやブラシで塗ると、時間がかかったり仕上がりがよくないこともあるかもしれません。
 
大きめのファンデーションブラシは、塗りやすくて時短になり仕上がりもきれいになるようです。

眉メイクの時短方法

眉
Africa Studio/Shutterstock.com
眉メイクの時短方法をご紹介します。

眉スタンプやテンプレートを使う

眉メイクをすると、きちんと化粧している感じが出やすく、時間がなくても眉だけは省かないというママもいるようです。しかし、慣れないうちは眉の書き方に苦戦することも多いでしょう。
 
眉スタンプや眉テンプレートは、押すだけや塗るだけで簡単に眉が書けるので、時短メイクにぴったりかもしれません。

眉ティントを使う

1度つけると数日間もつといわれる眉ティントを使うママもいるようです。
 
時間に余裕があるときに眉ティントをしておくと、朝の眉メイクの時短につながるかもしれません。

アイメイクの時短方法

目元は顔全体の印象を決める重要なパーツ。アイメイクのポイントや時短方法をご紹介します。

明るいカラーのアイシャドウを使う

目元のカラーは顔の印象に大きく影響しますよね。
 
明るいカラーのアイシャドウを1色だけ塗っておくと、くすみを抑えて目元が明るくなり、ベースとしてあとで濃いカラーのアイシャドウを足すこともできるでしょう。

グラデーションカラーも、目元に奥行を出したり華やかさをプラスするのに使えそうです。

目尻のみにアイラインを引く

一重で目を大きくしたい場合など、まつ毛の隙間をアイラインで埋めていくと時間がかかることもあるでしょう。
 
細く速乾性のあるリキッドアイライナーで、目尻のみにさっとラインを引くだけでも、目力が出ることもあるようです。ラインの長さは、一重や奥二重、二重など自分の目の形に合う長さに調節しましょう。

カールタイプのマスカラを使ったり、まつげエクステをする

カールタイプのマスカラは、塗るときに持ち上げたまま数秒固定するとカールされるので、ビューラーを使う時間を省略できるかもしれません。
 
まつげエクステをすると、ビューラー以外にマスカラも省けてメイクが楽になるというママの声もありました。

チーク・リップメイクの時短方法

チーク・リップメイクの時短方法をご紹介します。

チーク・リップ兼用アイテムを使う

チークにもリップにも使えるアイテムを使うと、ひとつで両方塗れるので時短になるかもしれません。
 
チークとリップの色が同じだと、統一感が出ておしゃれに見えるというママの声もありました。

薄づきのリップやチークを使う

1度塗っただけで濃く発色するチークやリップは、失敗すると治すときに時間がかかるでしょう。

薄づきのものを使って、何度か重ね塗りしながら発色を調節した方が結果的に早いかもしれません。

ママに合った時短メイクで朝にゆとりをもとう

女性
number-one/Shutterstock.com
今回は、ママたちの時短メイクのポイントや、ベースや眉など手順ごとの時短方法をご紹介しました。また、アンケートでは、朝に時短メイクをしているママが多いことがわかりました。

顔の特徴にあわせてメイクを省略するなど、ポイントを抑えて時短メイクをするママも多いようです。アイテムや方法を見直すことで、よりメイクの時間を短くすることもできるかもしれません。

ママに合った時短メイクを見つけて、忙しい朝もゆとりがもてるとよいですね。

【調査概要】
・対象:KIDSNA読者へアンケート調査を実施
・調査期間:2020年1月27日~2020年1月29日
・回答数:98人

2020年02月25日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

趣味の関連記事

カテゴリ一覧