ご飯に合うおかずのレシピ。肉や魚のメイン料理や汁物までご紹介

ご飯に合うおかずのレシピ。肉や魚のメイン料理や汁物までご紹介

ご飯に合うおかずの食材別レシピ

ご飯に合うおかずを作りたいママやパパがいるかもしれません。主菜から汁物まで、レシピやアレンジ方法を知りたい場合もあるでしょう。今回は、ご飯に合うおかずのレシピを豚肉、鶏肉、魚の食材別にご紹介します。

ご飯に合うおかずを作りたい

ご飯に合うおかずやレシピを知りたいママやパパがいるかもしれません。今回は、豚肉、鶏肉、魚のご飯に合うおかずレシピをご紹介します。

豚肉のおかず

豚肉で作るご飯に合うおかずレシピをご紹介します。

豚肉の生姜焼き

  1. 醤油、みりん、酒各大さじ2、生姜のすりおろし大さじ1、砂糖少量を混ぜ合わせる
  2. 熱したフライパンに薄切りした玉ねぎを入れて炒める
  3. 玉ねぎが透き通ってきたら、豚ロース肉4枚を入れる
  4. 豚ロース肉に火が通ったら、1の調味料を加えて汁気がなくなるまで炒める

生姜のすりおろしは、チューブタイプの生姜を使うと時短に作れるかもしれません。生姜焼き用の豚ロース肉の他に、豚小間肉や豚バラ肉など好みの豚肉の種類で作るのもよいですね。

玉ねぎの加熱時間を長くして玉ねぎを飴色に調理すると、甘さや旨味がより増すでしょう。

豚肉ともやしのナムル

  1. もやし、ほうれん草、豚肉をそれぞれ茹で、水気を絞って冷ます
  2. 1の食材をボウルに入れて、ごま油、鶏がらスープの素、塩を適量入れて混ぜ合わせる

短い調理時間で作れる副菜レシピです。好みに合わせてキムチを入れても、ピリッと辛みがきいておいしく食べられるかもしれません。

野菜を茹でてから豚肉を茹でれば、ひとつの鍋とボウルで調理でき、洗い物を少なくできそうですね。

豚汁

豚汁
cosa2 - stock.adobe.com
  1. 大根、にんじん、こんにゃくを切る。ごぼうはささがきにする
  2. 鍋で1で切った野菜と豚肉を炒める。軽く火が通ったら、出汁と水を入れて煮る
  3. こんにゃくを入れてひと煮立ちさせる。アクをとり、味噌を溶かす
  4. お椀に盛り付けて、小口切りした長ネギをのせる

紹介している食材の他に、里芋、さつまいも、豆腐などを入れてアレンジしてみるのもおいしそうですね。寒い時期は、お好みで生姜を入れると、体が温まりやすくなるかもしれません。

鶏肉のおかず

鶏肉で作るご飯に合うおかずレシピをご紹介します。

鶏肉の照り焼き

  1. 熱したフライパンに食べやすい大きさに切った鶏もも肉を入れて炒める
  2. 両面に焼き目をつけたら、火を止めキッチンペーパーで油をふき取る
  3. 醤油、みりん、酒、砂糖各大さじ2を混ぜた調味料を入れて煮詰める
  4. 3で入れた調味料にとろみがついてきたら、鶏もも肉とよく絡める

鶏もも肉の他に、手羽先や鶏むね肉など好みの種類の鶏肉で作ってみるのもよいでしょう。隠し味にはちみつを入れてアレンジレシピもできそうです。

時短に作りたいときは、市販のたれを使うと簡単に作れそうですね。甘さやコクがある味付けなので、お弁当のおかずにぴったりかもしれません。

なすと鶏肉の味噌そぼろ

  1. 熱したフライパンに、食べやすい大きさに切ったなすと鶏ひき肉を入れて炒める
  2. 鶏ひき肉に火が通ってきたら、味噌、醤油、酒各大さじ2と砂糖大さじ1を入れる
  3. かき混ぜながら、汁気がなくなるまで煮詰める

炒り卵といっしょに食べるのもご飯によく合いそうです。さらに、ほうれん草や小松菜などの野菜を加えて、ご飯にのせて三色丼を作るのもよいかもしれません。

鶏肉のそぼろを冷凍保存しておけば、お弁当のおかずを作りたいときに手早く調理できて便利でしょう。

大根と鶏肉の汁物

  1. 大根をいちょう切り、長ネギを小口切りする。いちょう切りした大根を鍋で茹でる
  2. 大根がやわらかくなった
  3. アクをとり、ひと煮立ちさせたらお椀に盛り付け、小口切りにした長ネギをのせる

大根の他に、にんじんや厚揚げを入れてもおいしそうですね。また、鶏もも肉の他に、鶏ひき肉で鶏団子を作ってアレンジするのもよいでしょう。

辛い味付けが好きな場合は、お好みでラー油や七味を少量入れてもよいかもしれません。

魚のおかず

さばの味噌煮
iStock.com/taa22

魚で作るご飯に合うおかずレシピをご紹介します。

さばの味噌煮

  1. ばに十文字の切り込みを入れて、熱湯をかける
  2. さばを水で洗い、キッチンペーパーで水分をふき取る
  3. 鍋にさば、水300㏄、醤油、酒、みりん、砂糖各大さじ2を生姜を入れて煮る
  4. 5分程煮たら、味噌大さじ3を溶かし入れ、煮汁が少なくなるまで煮詰める

さばを調理する前に、熱湯をかけ水で洗うことで臭みが取れるでしょう。臭みをしっかり取ることが、さばをおいしく調理するポイントかもしれません。

さばの味噌煮は、家庭によってさまざまな作り方があるようなので、好みの味付けを見つけられるとよいですね。

新玉ねぎとサーモンのマリネ

  1. 新玉ねぎを薄切りして、水にさらす。サーモンは、好みの薄さに切る
  2. オリーブオイル、レモン汁、酢を混ぜ、新玉ねぎとサーモンと和える

新玉ねぎとサーモンを調味料と和えるだけの簡単レシピです。調味料と和えた後、冷蔵庫でねかせると、よりおいしく食べられるかもしれません。

サーモンの他に、白身魚やアジで作ったり、お好みでアボガドを入れたりとアレンジしてもおいしそうですね。

いわしのつみれ汁

  1. いわしを3枚におろし、骨や皮を取り除いて細かく切る
  2. 細かく切ったいわしを包丁でたたいてさらに細かくし、ボウルに入れる
  3. ボウルに生姜、長ネギ、味噌を入れていわしと混ぜ合わせる
  4. 鍋に出汁と水を入れ、沸騰したらスプーンでつみれを作って入れる
  5. アクをとり、味噌を加えて味を整える

つみれを作るとき、フードプロセッサーを使ったり、スーパーでおろした魚を購入したりする時短調理方法もあるようです。市販のつみれを使ってもよいでしょう。

チューブタイプの生姜を使うなどして手軽に作れるよう工夫するとよいかもしれません。

おかずといっしょにご飯をおいしく食べよう

ご飯を食べる男の子
iStock.com/monzenmachi

ご飯に合うおかずはいろいろありますが、好みや栄養バランスなどを考えて献立を立てるとよいかもしれません。主菜、副菜、汁物の味付けを工夫すると、食事の時間がより楽しくなるでしょう。

さまざまな食材を使ったり、レシピをアレンジしたりしてご飯に合うおかずのバリエーションを広げてみてはいかがでしょうか。

2019年11月12日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レシピの関連記事

カテゴリ一覧