子ども服を手作りしよう。初心者でも簡単に手作りしやすいコツなど

子ども服を手作りしよう。初心者でも簡単に手作りしやすいコツなど

男の子や女の子に手作りした服

子ども服を手作りしたいとき、どのようなものが作れるのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、子ども服を手作りするときに用意したもの、ズボンやスカート、ワンピースなど男の子や女の子に手作りした子ども服の作り方と、型紙を使うなど初心者でも簡単に手作りしやすいコツを体験談を交えてご紹介します。

子ども服を手作りしよう

走っている男の子
iStock.com/kokoroyuki

子どもやママが気に入った生地を使い、子ども服を手作りしたいと考えるママもいるのではないでしょうか。子どものことを考えながら手作りした洋服は、子どもも大切に着てくれるかもしれません。

今回は、手作りの子ども服についてママたちに聞いてみました。

子ども服を手作りするときに用意するもの

ミシンで裁縫
iStock.com/JGalione

子ども服を手作りするときに用意するものをご紹介します。

  • 生地
  • 裁ちバサミと糸切りバサミ
  • まち針
  • リッパー
  • ミシン

裁縫初心者の場合には、縫う部分を間違えたときにリッパーを用意しておくと、ミシンで縫った部分をほどきやすかったというママの声もありました。この他に、作りたい子ども服にあわせてゴムやボタン、ファスナーなどを用意すると作りやすいかもしれませんね。

男の子に手作りした子ども服の作り方

男の子に手作りした子ども服の作り方を、ママたちに聞いてみました。

タンクトップ

「襟と脇にバイアステープを縫います。生地を裏返し、左右の肩の部分、脇の部分の順にそれぞれ縫いあわせます。裾を三つ折りにし、アイロンをかけて端を縫ったら完成です」(30代男の子のママ)

袖のないタンクトップなら、手作り初心者でも取り組みやすいかもしれませんね。手作りのタンクトップは好みの長さの裾に仕上げることができるので、子どもの背中が出にくい長さに調整したというママの声もありました。

ズボン

「生地を裏返し、ズボンの裾部分の生地を折り返してアイロンで接着できる裾上げテープを貼ります。2枚の生地の太ももの側面部分をそれぞれ縫ったら、股部分をつなげて縫います。ウエスト部分を三つ折りにし、アイロンをかけてから1cm残して1周縫います。残しておいた部分からゴムを通し、ゴムの両端を縫ったら完成です」(20代男の子のママ)

アイロンで接着するタイプの裾上げテープを使ってズボンを手作りしたママがいるようです。ママのなかには、ズボンの裾にもゴムを通し、かぼちゃパンツ風にアレンジしたという声も聞かれました。

女の子に手作りした子ども服の作り方

ママたちに聞いた、女の子に手作りした子どもの服の作り方をご紹介します。

スカート

「長方形に裁断した生地の両端を縫い輪の形にします。裾を4cm程度折り返し、アイロンをかけて端を1周縫います。ウエスト部分を三つ折りにし、縫い始めと縫い終わりの間を1cm開けて縫います。開けておいた穴から平ゴムを通し、ゴムの両端を縫ったら完成です」(40代女の子のママ)

直線裁断のみでも簡単にスカートを手作りすることができそうですね。好みの位置にポケットをつけたり裾にレースを縫いつけたりとアレンジを加えたというママの声もありました。

ワンピース

「私は手作り初心者なので、生地を直線裁断するだけの簡単なワンピースを作りました。同じ大きさに裁断した2枚の生地を前身頃と後ろ身頃にします。頭が通る程度の襟周りを丸くカットし、全ての生地の端を三つ折りにして縫います。生地を中表にし、首と腕が通る部分とを残して縫ったら完成です」(30代女の子のママ)

直線裁断のワンピースを手作りしたママがもいるようです。ママのなかには、ベアトップやキャミソールワンピースはパーツが少ないので簡単に手作りできたという声も聞かれました。

初心者でも簡単に手作りできるコツ

子ども服を手作りしたことがない場合、初心者でも作りやすいコツが知りたいママもいるかもしれません。ママたちに、初心者でも簡単に子ども服を手作りしやすいコツを聞いてみました。

型紙を使う

「初めて子ども服を手作りするとき、子ども服用の型紙を使いました。型紙といっしょに生地の裁ち方や作り方が書いてある紙がセットになっていたので、初心者にもわかりやすく楽しく作ることができました」(20代男の子のママ)

「私の場合、近所の手芸店に作りたい子ども服のイメージに近い型紙がなかったので、インターネット上でダウンロードできる型紙を使いました。型紙を使うと生地をしっかりと計測した状態で裁断できるので、きれいな仕上がりになって満足しています」(40代女の子のママ)

子ども服を作った経験がない場合でも、型紙を使うと簡単に生地の裁断や縫いあわせができたというママの声がありました。型紙は、1枚の紙に印刷されているタイプとパーツ毎に切ってあるタイプがあるようなので、自分が使いやすいと感じられる方を選ぶとよいかもしれません。

キットを用意する

「手作り初心者なので、型紙にあわせてどのくらいの長さの生地を用意したらよいのかわかりませんでした。作りたい子ども服にあわせて生地や型紙などの材料がセットになっている手作りキットを使うと、すぐに製作に取りかかれてスムーズに子ども服を作ることができました」(20代男の子のママ)

子ども服の手作りキットを使うと、初心者でも短時間で洋服を作ることができるかもしれませんね。市販のキットをベースにし、レースやアップリケなどをつけてアレンジすると、世界にひとつだけの子どものための洋服を手作りできたというママの声もありました。

簡単な子ども服から手作りしよう

男の子
iStock.com/kokoroyuki

子ども服を手作りするとき、作る洋服の種類にあわせて材料を用意するとよいようです。男の子にはタンクトップやズボン、女の子にはスカートやワンピースなどを手作りしたというママの声もありました。

型紙やキットを使うと初心者でも簡単に手作りすることもできるようなので、子どもが喜んで着てくれる姿を想像しながら洋服を手作りできるとよいですね。

2019年05月13日

子ども服の関連記事

カテゴリ一覧