家族で外食をするときはどこへ行く?頻度やお店の選び方

家族で外食をするときはどこへ行く?頻度やお店の選び方

家族での外食で意識していること

家族で外食をするときどこへ行こうか悩んだり、外食に使っている予算が高いと感じ行かないようにしようと考えたりするママもいるかもしれません。今回の記事では、家族で外食をするときの頻度や予算と、お店の選び方の他に、外食をするときに意識していることについてご紹介します。

家族での外食で気になること

子育て中の方のなかには、家族で外食をすることもあるのではないでしょうか。外食について気になることをママたちに聞いてみました。

40代ママ
週1回くらいのペースで外食をしていることをママ友に話したところ「外食の頻度が高いね」と言われました。私のなかでは外食の頻度が高いという認識はないのですが、他の家庭ではどのくらいの頻度で外食をするのか気になります。
20代ママ
家族で外食をするときどこへ行こうか悩みます。どのようなことをポイントにお店を選んだらよいのでしょうか。
ママたちに話を聞くと、家族で外食をする頻度や食事をするお店選びについて気になる方がいるようです。ママのなかからは、外食をするときにお店で意識することが知りたいという声も聞かれました。

そこで今回は、家族での外食についてママたちの体験談をお伝えします。

外食をする頻度や予算

食事をする女の子
kornnphoto/Shutterstock.com

家族で外食はどのくらいの頻度でしているのでしょう。外食の頻度と予算をママたちに聞いてみました。

週1回

40代ママ
週末は家族でショッピングやレジャーに出かけてお店でランチをすることが多いので、週1回のペースで外食をしています。外食の頻度が高いので予算は1人1000円くらいを目安にしています。
家計の負担にならないような予算を考えて、週1回のペースで外食をしている家庭があるようです。ママのなかからは、1週間に1回ママが料理をお休みする日を作るために外食をしているという声も聞かれました。

月2回

30代ママ
私の仕事が忙しく帰りが遅かったり、疲れてご飯を作りたくなかったりするとき2週間に1回くらいのペースで外食をしています。1回の食事は家族3人で5000円以内の予算を考えています。
仕事でママが疲れているときなど2週間に1回くらいの頻度で外食をしている家庭もあるようです。ママのなかからは、1カ月のなかでランチとディナーの外食を1回ずつするという声も聞かれました。

月1回

20代ママ
うちは、月に1回パパのお給料日に外食をすると決めています。予算は1万円くらいとして何が食べたいか家族で話しあって決めるので、我が家で外食はワクワクするイベントのひとつです。
外食を月に1回の楽しみとしている家庭もあるようです。ママのなかからは、1カ月のなかでやりくりした金額を予算と考え1カ月に1回外食をするという声もありました。

家族での外食の頻度は他にも、週1回以上という声やあまり行かないという声などもあり家庭によってさまざまなようです。

家族で外食をするときのお店の選び方

家族で外食をするときはどこへ行こうか悩むこともあるかもしれません。ママたちにどのようなことをポイントにお店選びをしているのか聞いてみました。

予算にあわせる

40代ママ
家族で外食をするときは予算にあったお店を選びます。外食の予算は月単位で決めていますが、外食にあまり行かない月は予算を翌月に繰り越して少し高い食事で贅沢をするのが楽しみです。
予算にあわせてどこへ行くかお店を選んでいるママがいるようです。ママのなかには、予算にあわせてママが選んだお店のなかから、どこへ行きたいか子どもに選んでもらうという声もありました。

子ども向けのサービスや設備がある

外食をする女の子
kornnphoto/Shutterstock.com
30代ママ
うちは子どもがまだ小さいので、子ども用の椅子や食器があったり、絵本など待ち時間に子どもが飽きないようなグッズが用意されていたりするお店を選ぶようにしています。初めて行くお店の場合は、インターネットなどで調べると安心です。
小さい子どもがいる家族にとっては子ども用のサービスや設備があるお店は行きやすいかもしれませんね。ママのなかからは、子ども用のメニューがあったり、プレイスペースが用意されていたりするお店を選ぶという声も聞かれました。

料理の提供時間が短い

20代ママ
うちの子は、お腹が空くと待っていられない性格なので、料理の提供時間が短いお店を選ぶようにしています。どこへ行くか悩んだときは、回転寿司やビュッフェスタイルのお店など席についてすぐに食べられるお店に行きます。
お腹が空いている子どもにとって、料理が運ばれてくるまでの時間は長く感じるかもしれないので、料理の提供時間もお店選びのポイントのひとつかもしれません。ママのなかからは、提供時間が短いと食事を早く済ませたいときに利用しやすいという声もありました。

家族で外食するときに意識していること

家族で外食をするときはどのようなことに気をつけたらよいのでしょう。ママたちに外食をするとき意識していることを聞いてみました。

周りに迷惑をかけない

40代ママ
お店には他にもたくさんのお客さんがいるので騒がないように気をつけています。おもちゃや絵本を持っていくなど、子どもが飽きないような工夫をしました。
外食をするときは、周りのお客さんの迷惑にならないように子どもが騒がないことを意識したようです。他には、子どもが1人でお店を歩き回らないように子どもから目を離さないようにしているというママもいました。

片づけをする

20代ママ
「子どもがご飯を食べた後は、テーブルや床に食べこぼしが散らかるので席を立つときに片づけています。自分で片づけきれないときは、店員さんに声をかけて片づけてもらうこともあります。
食べこぼしなどで汚してしまったときは、片づけをしたり店員さんにお願いをしたりすることも大切かもしれませんね。ママのなかには、食べ終わった食器は片づけやすいようにまとめるという声もありました。

家族での外食の頻度はさまざま

外食を楽しむ親子
sirtravelalot/Shutterstock.com

家族での外食は、頻度が高い家庭やあまり行かない家庭などさまざまな声がありました。どこのお店に行こうか悩んだときは、子ども向けのサービスの有無や食事の提供時間など、行きやすいお店を予算にあわせて選ぶとよいかもしれません。

外食をするときは、周りの人への気遣いなども忘れずに楽しく食事ができるとよいですね。

2019年12月24日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

グルメの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ