幼児用の長靴はなにがいい?普通サイズから大きめサイズまで

幼児用の長靴はなにがいい?普通サイズから大きめサイズまで

冬にも履けるスノーブーツも紹介

雨や雪の日だけでなく、水遊びや汚れる遊びをするときにも使える幼児用の長靴。さまざまなデザインや機能があるので、どれを選んだらよいか迷うこともありますよね。今回は、普通サイズから大きめのサイズの幼児用長靴をいくつか紹介します。

さまざまな場面で活躍する幼児用の長靴

幼児期には天気が悪い日だけでなく、芋掘りや水遊びなど、さまざまシーンで長靴を使うことがあるようです。

長靴を選ぶときには、デザインや機能とあわせて、どのような場面で使うのを考えて選ぶとよいでしょう。

また、履き心地やサイズ選びも重要ですね。

それでは、さっそく紹介していきます。

普通のサイズの幼児用の長靴

幼児の平均的な足のサイズの取り扱いがある、かわいらしいデザインのものから日本製の長靴まで紹介します。

日本製の幼児用の長靴

サイズ:15cm

シンプルなデザインで日本製の幼児用の長靴です。

目立つカラーが多いので、天気が悪い日にもよいかもしれませんね。

また、インソールもふかふかなしているので、歩きやすいようです。

スタンプル レインブーツ キッズ マスタード

カラーが豊富な長靴

サイズ:14cmから19cm

カラーバリエーションが豊富な幼児用の長靴です。

チューブの高さがあるので、汚れにくいかもしれません。

また、靴底も滑りにくい加工がしてあり、軽いタイプなので、歩きやすいのではないでしょうか。

[FANTINY] 子供用レインブーツ キッズ

つま先のクマがかわいい長靴

サイズ:15cmから19cm

つま先についたクマがかわいい幼児用の長靴です。

つま先がゆったりとした作りになっているようなので、しっかり地面を踏み込めるのではないでしょうか。

[snofiy] ショートブーツ キッズ レインブーツ

大きめのサイズもある幼児用の長靴

比較的に大きめのサイズの取り扱いがある幼児用の長靴を紹介します。

長靴によっては、サイズが豊富なものもあるので、兄弟でお揃いもかわいいですね。

アニマル柄の長靴

サイズ:17.3cmから19.8cm

カラフルなアニマル柄がかわいい幼児用の長靴です。

靴底には滑りにくい加工がされているので、滑りやすい雨や雪の日でも歩きやすそうです。

[Cloudkids] 子供用 レインブーツ 雨靴 長靴

デザインも豊富な長靴

サイズ:15cmから23cm

女の子にも男の子にも好評のデザインを豊富に取り揃えており、サイズも豊富な幼児用長靴です。

今回紹介しているドット柄もネイビーカラーをベースにイエローがアクセントとして入っているので、かわいくも目立ちやすいデザインではないでしょうか。

[セレブル] レインブーツ キッズ 女の子 男の子

キラキラのグリッターがおしゃれな長靴

サイズ:14cmから23cm

キラキラ光るグリッターが子どもたちに好評な幼児用の長靴です。

比較的に軽いようなので、子どもも歩きやすいかもしれません。

また、ヒールのなかには、ぴかぴか光るライトも入っているので、子どもも歩くのが楽しくなりそうです。

[MOFEVER] キッズ レインブーツ レイン子供用

恐竜のデザインがかわいい長靴

サイズ:14.8cmから21cm

子どもに人気な恐竜がデザインされた幼児用の長靴です。

色鮮やかなので、目立ちやすいのではないでしょうか。

また、素材もやわらかく、中敷きもふかふかしており、軽いタイプなので、歩きやすいようです。

[SUPERMOOM] レインブーツ キッズ 雨靴 長靴 可愛い

雪の日や冬に使える長靴

雪の日や寒い冬の時期には、歩きやすく防寒性もあるスノーブーツを選ぶとよいかもしれません。

汚れにも強いスノーブーツ

サイズ:16cmから24cm

防水加工がしてあるため、汚れにも強いスノーブーツです。

また、靴の中はボア素材になっているため、あたたかく過ごせそうです。

[Putu] スノーブーツ キッズ ジュニア ブーツ

スマートなデザインのスノーブーツ

サイズ:15.5cmから22.5cm

スマートでシンプルなデザインのスノーブーツです。

留め具はマジックテープなので、子どもひとりでも簡単に脱ぎ履きができるかもしれません。

Joielmal 子供靴 スノーブーツ 子供 ミドルブーツ

幼児期の長靴はサイズ選びがポイント

雨の日のおでかけ
iStock.com/Hakase_

今回は、幼児用の長靴をいくつか紹介しました。

幼児期には、靴のサイズがすぐ変わってしましますよね。

そのため、使う期間や場面も決められている長靴は、よりサイズ選びに工夫が必要かもしれません。

子どもの足にあったサイズを選ぶためには、こまめに足の大きさを計測しておくとよいでしょう。子どもが雨の日などでも楽しくすごせるように、いっしょに長靴を選ぶのもよいかもしれませんね。

2019年03月11日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

子ども服の関連記事

カテゴリ一覧