生後3カ月の赤ちゃんの肌着。ロンパースなどの種類やサイズ、夏や冬の季節別など

生後3カ月の赤ちゃんの肌着。ロンパースなどの種類やサイズ、夏や冬の季節別など

生後3カ月の赤ちゃんが着る肌着は短肌着やロンパースなど種類が豊富なようです。今回の記事では、夏や冬などの季節に応じた素材やサイズについてご紹介します。

生後3カ月の赤ちゃんの肌着

赤ちゃんの肌着には季節に応じた素材を使用した肌着やデザインがあるようです。夏や冬など生まれた月によって、その季節に応じた素材を選んでみてはいかがでしょうか。

生後3カ月の赤ちゃんは60cm前後のサイズが目安とされているようですが、それぞれの赤ちゃんに合った肌着を選んであげるとよいかもしれません。

生後3カ月の肌着の種類

生後3カ月の赤ちゃんが着る肌着にはどのような種類があるのでしょうか。

短肌着

短肌着は赤ちゃんの腰からお尻付近までと着丈が短い肌着を指すようです。開閉はボタンではなく内外についている紐やマジックテープで行うものが多いようです。また、赤ちゃんの肌に当たらないように、表側に縫い目がある種類の短肌着も見られます。

長肌着

長肌着は赤ちゃんの足の先まで長さがあり、短肌着の着丈が長くなった形のものを言うようです。足先まで隠すことができるので寒い時期には長肌着を着させるママもいるようです。

また、浴衣のように裾は重ねているだけなので、オムツ替えのときに便利かもしれません。長肌着も短肌着と同様に、縫い目が表側にないっているものもあるようです。

コンビ肌着、ロンパース

赤ちゃんの肌着
Elvira Koneva/Shutterstock.com

コンビ肌着は、裾のボタンを留めるとカバーオールのような形になり、赤ちゃんが足をバタバタと動かしたときにめくれ上がりにくい仕様の肌着のことです。

ボタンを外せば長肌着として使用できるので、カバーオールと兼用してもよさそうです。ロンパースは赤ちゃんの首元から股部分までをカバーする下着のことで、裾がついていないのが特徴のようです。

季節別の生後3カ月の肌着の素材

生後3カ月の赤ちゃんが着る肌着を、季節ごとに考えてみました。

汗をかきやすい夏は、生地の目が粗いガーゼ素材の肌着にしてはいかがでしょうか。吸水性や通気性、吸湿性に優れているものもあるため、赤ちゃんも快適に過ごすことができるかもしれません。

保温性に優れているスムース素材は両面がリブ編みされており、滑らかな肌触りが特徴で、やや厚手の素材なので寒い日に着用するとよいかもしれません。また、パイル素材は厚みがあるため、冬の肌着として選ぶママもいるようです。

春と秋

片面のみをリブ編みしたフライス素材やコットン素材の肌着は、やや薄手の素材で肌触りがよく伸縮性あるようなので、季節を問わない素材といわれているようです。

場面別で見る生後3カ月の肌着

普段の生活の中で肌着を使い分けると、赤ちゃんもより快適に過ごせるかもしれません。

家や寝るとき

3カ月の肌着
iStock.com/Yagi-Studio

室内で過ごすときや寝るときは、過ごしやすいように肌ざわりのよい素材や着慣れた肌着を着せてあげるとよいかもしれません。新品の肌着は生地が硬いことがあるので、何回か洗濯をして生地を柔らかくしてあげると着心地がよくなるようです。

外出のとき

生後3カ月の赤ちゃんと外出するときは、オムツ交換や授乳時、よだれなどで肌着が汚れてしまうことがあるようなので、ロンパースや短肌着など着替えさせやすい肌着を選んでみてはいかがでしょうか。また、手や足を動かすときのため、袖や裾がまとわりつかないような肌着を着させてあげるとよいかもしれません。

生後3カ月の肌着選びの体験談

生後3カ月の赤ちゃんに実際に準備した肌着のサイズや枚数、季節をママたちに教えてもらいました。

梅雨時期に肌着を多めに用意

「梅雨時期に長女を出産しました。新しく購入した肌着は60cmの長肌着3枚程度で、あとは姪っ子のお古の短肌着やロンパースを各5枚ずつもらって使っていました。夏場は、着替えさせる頻度が多かったので、汗をよく吸ってくれる肌着がたくさんあって助かりました」(3歳児のママ)

秋冬にカバーオールを準備

「初めての子どもの出産前に、ベビー用品店で短肌着や長肌着などが入った60cmの肌着セットを購入しました。内容は短肌着が4枚、長肌着が3枚、カバーオールが3枚です。

生後3カ月の秋ごろになると手足をバタつかせることが多くなったので、めくり上がりにくいカバーオールをよく着せていました。また、パイル地のカバーオールは手触りもよくて、寒い時期によく着せていました」(1歳児のママ)

生後3カ月の赤ちゃんが快適な肌着を

生後3カ月の肌着
iStock.com/comzeal

生後3カ月の赤ちゃんには、夏や冬など季節に応じて、短肌着やロンパースをなど使い分ければ、季節を問わず快適に過ごすことができるのではないでしょうか。肌着のサイズも成長に応じて選び、どの季節も赤ちゃんに快適に過ごしてもらえるとよいですね。

2018年05月18日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

子ども服の関連記事

カテゴリ一覧