子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

キッズダンスの女の子の衣装。ショート丈トップスや肩出しのオフショルダーの作り方

キッズダンスの女の子の衣装。ショート丈トップスや肩出しのオフショルダーの作り方

最近では学校でも授業として必修科になってきたダンスですが、馴染みがなかったり、衣装などで悩んでいるママもいるかもしれません。今回はキッズダンスをする女の子を持つママに発表会やイベント、レッスンなどでも着られる肩出しのオフショルダーやショート丈のトップスの簡単アレンジをご紹介します。

キッズダンスの衣装

キッズダンスの発表会などを機に衣装を用意しなくてはならなくなった場合、ママたちはさまざまなことで悩むようです。例えば、チームでのダンスの場合に衣装をそろえるにしてもどこで購入すればよいのか、気軽にレッスンでも着れる個性がある服が欲しい、流行りの肩出しのオフショルダーやショート丈のTシャツがほしい、という場面が出てくるかもしれません。

さまざまなイベントで活用できて、個性が出せるキッズトップスは簡単に作れたりアレンジできるようです。

クロップドキッズダンスTシャツの作り方

準備するもの

・はさみ
・Tシャツ

<オーバーサイズにしたい場合>

オーバーサイズにしたい場合、普段着る服のサイズより2サイズ以上大きいTシャツかロングTシャツまたはスウェットを選びましょう。事前に試着する方がよいと思いますが、120cmの子どもの場合、140から150cmのサイズを選ぶとよいでしょう。

掲載写真に関するお問い合わせ

掲載写真に関するお問い合わせ

<タイトサイズの場合>

タイトサイズにしたい場合、余裕なくピッタリ着ることができるストレッチのきいた素材を選ぶとよいでしょう。
事前に試着する方がよいと思いますが、130cmの子どもの場合、110cmまたは100cmのキッズサイズを選ぶとよいでしょう。
タイトなシルエットになるため、女の子らしさをより引き出すことができそうですね。

掲載写真に関するお問い合わせ

作り方

着る子どものバストとウエストの間で、Tシャツを好みの短さでカットします。まっすぐカットしてもよいですが、斜めにカットするとより個性的になりそうですね。

着方

キッズトップスのインナーには網目状の素材を着用すると、発表会向けのゴージャスな雰囲気になるかもしれません。また、網目やシースルーの素材のインナーを着ることで肌がおもむろに見えてしまうのが防げて気持ち的に安心だった、というママの声もありました。発表会やイベントでトップスがシンプルな色に指定されている場合、トップスのインナーに蛍光色を合わせるより目を引きそうですね。

オフショルダーキッズTシャツの作り方

オフショルダーのキッズTシャツは肩出しタイプのトップスで、キッズダンスをする女の子にも人気のようです。素材によってははさみで切るだけでアレンジできるものもありますが、それ以外でも平ゴムと簡単な手芸用品で作ることができるようです。

準備するもの

・はさみ
・好みのTシャツ

<オーバーサイズの場合>

オーバーサイズにしたい場合には普段来ている服のサイズより、2~3サイズ以上大きめのTシャツかロングTシャツ、またはスウェットを選ぶとよいでしょう。

<オーバーサイズでオフショルダーを作る場合>

・手縫い針と糸 又は、ミシン
・1-2cm幅の平ゴム(手芸用)
・安全ピン

オーバーサイズでオフショルダーの肩出しトップスを作る場合には、余裕なくピッタリ着ることができるストレッチのきいた素材を選びましょう。タイトなシルエットになるため、女の子っぽさがより出やすいかもしれません。

作り方

オーバーサイズのオフショルダーTシャツの作り方を説明します。

1.肩回り長さを測り、その長さに平ゴムをカットしたものを用意します。ダンスしたときに脱げないように調整しましょう

2.準備したTシャツやロングTシャツをお好みの肩の位置でカット

3.カットした部分の布を内側に3~4cmほど折り曲げ、ゴムを入れられるように筒状にしましょう。折り曲げた部分を、手縫い又はミシンで縫います

4.3の部分に、準備したゴムに安全ピンを付けてゴムを通し、ゴムを結んで完成です

気になる方は、ゴム通しの開いた部分を縫って閉じてもよいかもしれません。

簡単デコレーションの方法

スパンコールやビーズ
LanaSweet/Shutterstock.com

ダンスの衣装はシンプルなほど、自由にアレンジがしやすいかもしれません。子どもが好きな色の布を使って星型やハート型など切り抜いて縫い付けたり、手芸用ボンドなどで貼り付けてもよいかもしれません。

スパンコールやビーズなどを準備して手縫いすれば華やかな衣装になりそうですね。

キッズダンスの衣装アレンジに挑戦してみよう

服のリメイク
Flotsam/Shutterstock.com

さまざまな女の子のトップスのアレンジを紹介しましたが、ショート丈や肩出しのオフショルダーを作る場合にはサイズをきちんと測るなどし、子どもとママがいっしょに楽しみながらキッズダンスの衣装アレンジに挑戦してみてはいかがでしょうか。事前に練習したい場合は、いらなくなった洋服で試してみると安心かもしれませんね。

2018年04月06日

子ども服の関連記事
  • new

    乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服を選ぶとき、さまざまな種類のなかから月齢や季節にあうものをどのように選ぼうか気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、乳児の肌着や洋服の種類や、夏服や冬服など季節にあわせた選び方についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズがどのくらいなのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、春夏や秋冬の3歳児の帽子の選び方のポイントと買い替えのタイミング、3歳児が帽子を嫌がるときの対応のコツを男の子や女の子のママの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子にプレゼントを贈るとき、服や本、おしゃれなアクセサリーなど、何を選ぶとよいのか悩むママもいるかもしれません。今回の記事では、1000円や2000円、3000円など予算別に選んだ、知育おもちゃやおもちゃ以外のお菓子、実用的な運動グッズなどを体験談を交えてご紹介します。

  • 1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の子どもは80サイズの服をいつまで着られるのか、サンダルなどの靴のサイズや帽子やリュックなど小物の選び方を知りたいママもいるのではないでしょうか。今回は、子どもの水着など服装のサイズや靴下などの小物のサイズの選び方、足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期を体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳前後の子どもの靴は洗い替えを含めて何足用意したらよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、3歳前後の子どもの靴や靴下のサイズの目安や、普段や運動会などのシーン別の靴選びのポイント、子どもに用意した靴の数と買い替えのタイミング、子どもが靴を嫌がるときの対応の仕方を体験談を交えてご紹介します。

  • 子どものパンツの選び方。女の子用の種類やサイズなど

    子どものパンツの選び方。女の子用の種類やサイズなど

    子どものパンツについて気になっているママもいるかもしれません。今回の記事では、ゴムが食い込むなどの女の子のパンツを選ぶときの悩みやパンツの種類、ゴム部分がきつくてかゆいときのサイズなどの選び方、選ぶときに意識したことについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

カテゴリ一覧