内田舞

内田舞の記事一覧

小児精神科医、ハーバード大学医学部助教授、マサチューセッツ総合病院小児うつ病センター長、3児の母。2007年北海道大学医学部卒業、11年イェール大学精神科研修修了、13年ハーバード大学・マサチューセッツ総合病院小児精神科研修修了。日本の医学部在学中に、米国医師国家試験に合格。研修医として採用され、日本の医学部卒業者として史上最年少の米国臨床医となった。

  • 科学的情報から得られる知識があれば、差別や偏見、誤認に打ち勝つことができると信じる内田舞さん。その思いは、海外での小学生時代に人種差別を受けた経験が基盤になっていると言います。今回は、内田舞さんのコアにある「社会正義」についてお話しいただきました。

    内田舞

  • お風呂、食事、学校への送迎・・・仕事と違い育児はやらないといけないことのデッドラインが短い単位である。しかも自分ではなく子どものペースに合わせてたくさんのタスクが押し寄せてくる。子どもに怒鳴ってしまうこともしょっちゅうあるという、3人のお子さまを育てる内田舞さん(ハーバード大助教授・小児精神科医)に、育児中にキレてしまった時の対処方や仕事と育児の両立について聞きました。

    内田舞

  • 怒りや悲しみ・・・育児中でも仕事中でも、生活をしていると感情がネガティブに働くことがあります。そんな時、「再評価」という方法で感情をポジティブに変換する方法があると、ハーバード大助教授で小児精神科医の内田舞さんは言います。自分を守ることにつながる「再評価」とは?

    内田舞