ホームケアに関する記事を読むなら「KIDSNA(キズナ)」

タグ「ホームケア」

ホームケアについての記事をまとめたページです。

  • 【小児科医監修】生まれたて赤ちゃんの肌は「あらう」「うるおす」「包む」でケアを

    【小児科医監修】生まれたて赤ちゃんの肌は「あらう」「うるおす」「包む」でケアを

    赤ちゃんに必要なスキンケアや選び方

    赤ちゃんを迎えるための準備を進めている妊婦さんも多いのではないでしょうか。「出産準備」の1つとしてぜひ知っておいてほしいのが、生まれたて赤ちゃんのスキンケア法です。そこでいつから赤ちゃんにスキンケアが必要なのか、どんな商品を選んだらよいのか、小児科医のアドバイスをふまえて解説します。

    サラヤ株式会社

    PR

  • 【皮膚科医監修】子どものやけど。適切な処置やホームケアなどの看護方法

    【皮膚科医監修】子どものやけど。適切な処置やホームケアなどの看護方法

    やけど(熱傷)にはレベルがあります。子どもやママがやけどをしたときの、やけどのレベルの見分け方や受診の目安、処置、看護方法や市販薬の選び方などについて皮膚科医、桐谷麻美子先生の監修のもと解説します。

    桐谷麻美子(まみこ皮ふ科クリニック)

  • 忙しい子育てママに!吸引・水拭きを同時にかなえる時短ロボット掃除機

    忙しい子育てママに!吸引・水拭きを同時にかなえる時短ロボット掃除機

    「毎日の家事や育児、仕事などが忙しく掃除まで手が回らない」「掃除をしてもすぐに汚れてしまう」などママの掃除の悩みは尽きないのでは。今回は、掃除の時短をしながらも部屋をしっかりきれいにしたいママの願いをかなえるロボット掃除機、DEEBOT OZMO(ディーボットオズモ)シリーズを紹介します。

    エコバックスジャパン株式会社

    PR

  • 【小児科医監修】ヘルパンギーナは保育園、幼稚園にいつから登園可能?感染予防対応は

    【小児科医監修】ヘルパンギーナは保育園、幼稚園にいつから登園可能?感染予防対応は

    ヘルパンギーナにかかったら保育園や幼稚園はいつから登園できるのでしょうか。ヘルパンギーナの症状や、かかってしまった場合の保育園、幼稚園での対応、実際にヘルパンギーナで何日お休みしたのかなど、実際の体験談を紹介します。また、きょうだいがいる場合など家庭内で感染を予防するためのポイントも解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 【小児科医監修】乳幼児の耳垢は耳鼻科に任せる?0~2歳別の掃除方法について

    【小児科医監修】乳幼児の耳垢は耳鼻科に任せる?0~2歳別の掃除方法について

    「うちの子の耳垢って黒いんだけど、他の子も黒い?」「湿っていて臭いけれど、大丈夫?」など子どもの耳垢の状態が気になっているママもいると思います。そこで、乳幼児の耳垢の特徴について専門家に聞いてみました。耳掃除は親がやってもよいか、それとも耳鼻科に任せた方がよいのかなど耳のケア法についても解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 【小児科医監修】水疱瘡で保育園を休む期間は何日?登園許可や治療法、ホームケアなど

    【小児科医監修】水疱瘡で保育園を休む期間は何日?登園許可や治療法、ホームケアなど

    保育園や幼稚園で水疱瘡が流行すると、園に通っている子どもが水疱瘡に感染したら、何日くらいお休みをしなければならないのか、どのようになったら登園できるのか気になりますよね。水疱瘡の主な症状や登園許可までの期間を回復状態の目安、治療方法や子どもが水疱瘡になったときのホームケアの紹介とともに解説します。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 【小児科医監修】赤ちゃんや子どもに多いあせも。薬や治し方、対処法は

    【小児科医監修】赤ちゃんや子どもに多いあせも。薬や治し方、対処法は

    汗をかきやすい赤ちゃんや子どもは、あせもになりやすいものです。あせもの対処に悩むママもいるでしょう。あせもにも種類があり、悪化するととびひや汗腺膿瘍(あせものより)など、ほかの人にもうつる病気に感染する可能性もあります。今回は、あせもの処方薬やかゆみなどの症状、治し方と対処法について解説します。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 【小児科医監修】食欲が落ちた、手にポツポツは手足口病のサイン!?初期症状や潜伏期間など

    【小児科医監修】食欲が落ちた、手にポツポツは手足口病のサイン!?初期症状や潜伏期間など

    乳幼児の三大夏風邪の1つとも言われている「手足口病」。手足口病にかかるとどのような症状がみられるのでしょうか?感染経路や初期症状と主な症状、潜伏期間などを紹介します。保育園や幼稚園に登園できる基準についてもお伝えします。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 【小児科医監修】保育園や幼稚園でおたふく風邪が流行る季節。注意点やホームケア、予防法

    【小児科医監修】保育園や幼稚園でおたふく風邪が流行る季節。注意点やホームケア、予防法

    保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気です。クローバーこどもクリニック院長の小児科医、眞々田容子先生の監修のもと、おたふく風邪の流行時期、子どもの様子で気をつける点、おたふく風邪のホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 金髙太一(おひさまクリニック 院長)の監修記事一覧

    金髙太一(おひさまクリニック 院長)の監修記事一覧

    小児科専門医、地域総合小児医療認定医。小児の感染症、アレルギー、免疫・膠原病を中心に東京、横浜の病院で研修・診療の経験を積み、2015年に東京の十条にておひさまクリニック(小児科、耳鼻咽喉科)を開院。子どもたちが健やかに成長していくためのサポートをしたいと思っております。また、3児の父でもあるので、子どもに関することでしたら、お気軽にご相談ください。

    金髙太一(おひさまクリニック)