子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

妊娠中の服は買う?買わないときの工夫や春夏、秋冬の季節にあわせた服装

妊娠中の服は買う?買わないときの工夫や春夏、秋冬の季節にあわせた服装

妊娠中に服を購入すべきか買わないで乗り切るか迷っている方もいるかもしれません。手持ちの服のサイズがいつからあわなくなるのか、服がきついと感じたときどのような服を選ぶとよいかも気になるようです。今回の記事では、妊娠中の服を選ぶポイントや春夏、秋冬の服装についてママたちの体験談とあわせてご紹介します。

妊娠中の服装の悩み

妊娠中は赤ちゃんの成長とともにお腹が大きくなり、体型が変わっていくことに少し驚く方もいるかもしれません。妊娠中の服装の悩みにはどのようなものがあるでしょうか。

「それまで着ていた細身のジーンズやぴったりしたトップスなどが入らなくなり、どのような服のサイズを選んで、どんな服装で妊娠中をすごそうか迷っています」(30代ママ)

「妊娠中も仕事をしていたのですが、日に日にお腹が大きくなり、会社用の服がきついと感じて困っています。会社用の服をいつから新調しようか悩んでいます」(30代ママ)

「今持っている服のなかに妊娠中も着られるものがありそうだったので、手持ちの服で乗り切ろうか、マタニティ服を購入しようか迷っていました」(30代ママ)

妊娠中のママの体の変化とともに服装に悩むママもいるようです。マタニティ服の購入を迷っているママの声もありました。

妊娠中の服はどうしていた?

ママたちは妊娠中に着る服をどのように用意していたのでしょうか。ママたちの体験談を聞いてみました。

服を新しく買った

マタニティデニムパンツ
iStock.com/Staras

「いつからマタニティ服にするか迷っていましたが、お腹の膨らみが目立つようになった妊娠6カ月頃にマタニティ服が必要だと感じました。大きいお腹をすっぽりと包んで履ける、マタニティ用のボトムを買いました」(20代ママ)

「体型が変化し、手持ちの服がきついと感じたので、ゆったり着られるマタニティ服を購入しました。トップスには会社でも着られるきれいめのチュニックを選びました」(30代ママ)

いつからマタニティ服を着るかはそれぞれのようですが、マタニティ服を新しく購入したママもいるようです。マタニティ服はウエスト周りはゆったりし、肩幅や袖などは普段の服とあまり変わらないサイズになってるようなので、簡単に着こなせるかもしれません。

買わないで手持ちの服を着ていた

「普段からAラインのワンピースをたくさん持っていたので、マタニティ服は買わないで妊娠中もこのワンピースを着ていました。ほかには手持ちのチュニックやパーカーもよく着ていました」(30代ママ)

「妊娠期間中しか着られない服は買わないようにしていました。手持ちのズボンは、アジャスターをつけることで妊娠中も履くことができました」(30代ママ)

新しく服を買わないで手持ちの服を着ていたというママもいるようです。ゆったりした服など、妊娠中でも着られそうなものがないか、手持ちの服を一度見直したというママの声もありました。

妊娠中の服を考えるときのポイント

妊娠中の服を購入するときや手持ちの服を着るとき、どのようなポイントで服を選ぶとよいでしょうか。妊娠中の服を考えるときのポイントをママたちに聞いてみました。

手持ちの服とのバランス

「すべてをマタニティ専用の服でそろえるのは大変だったので、手持ちの服のなかで妊娠中も着られるものを考えました。手持ちの服にあわせてマタニティ用の服を追加するイメージで購入していくと、手持ちの服も活用できます」(30代ママ)

「妊娠中の服を買うときは、今持っている服とのコーディネートを考えながら購入しました。欲しい服があるときはできるだけシンプルな形のものを選んで、手持ちの服とあわせやすいように工夫しました」(20代ママ)

妊娠中も着られそうな手持ちの服と、これから購入するマタニティ服とのバランスをとることをポイントとしていたママもいるようです。手持ちの服とあわせやすいマタニティ服が選べると、着用する機会も多くなるかもしれません。

着心地のよさ

妊婦
© siro46 - Fotolia

「つわりがある時期は、服がきついと余計に気持ち悪く感じることがありました。妊娠中はしめつけが少なくて着心地のよい服を選んで着ていました」(30代ママ)

「リネンシャツを着ていると涼しいと感じられたので、妊娠中の夏の時期に愛用していました」(30代ママ)

妊娠中の服は着心地のよさを意識して、つわりがある時期はしめつけが少ない服や、季節にあわせた素材などを選んでいるというママもいるようです。他にも、伸縮性があり着脱しやすい綿素材のワンピースなどを着ていたという声もありました。

体型の変化にあわせられる

「ボトムスは、お腹の膨らみにあわせてウエストが調節できるものを選びました。ワンピースはロング丈にすると、お腹が出てきても丈を気にせず着られました」(20代ママ)

体型の変化にあわせられることをポイントに妊娠中の服を選んでいたという声がありました。ウエスト部分が調節できるものは、産後まで長く愛用できるかもしれません。

季節別の妊娠中の服装

妊娠中のとき、ママたちは季節にあわせてどのような服装を取り入れていたのでしょうか。春夏と秋冬の着こなし方を聞いてみました。

春夏

「春は刺繍トップスにフレアスカートをあわせていました。妊娠中なので足元はスニーカーですが、カジュアルになりすぎず出かけるときによく着ていました」(30代ママ)

「夏は手持ちのTシャツにデニムを着ていました。妊娠中なのでデニムは大きめのものを履きますが、トップスにぴったりしたTシャツを持ってくるので、服のサイズ感を出さずに全体的にすっきりとした印象になりました」(30代ママ)

春夏の妊娠中の服装はスカートやTシャツなどを着ているママもいるようです。春夏の時期は、外は暑くても会社やスーパーなどは冷房で冷えている場合があるため、体を冷やさないようにカーディガンなどの羽織ものを準備していたというママの声もありました。

秋冬

「秋はゆったりしたワンピースを着ることが多かったです。その日の気候や気分にあわせて中にタートルネックをあわせたり、チェックのネルシャツをあわせるなど変化をつけました」(30代ママ)

「冬はVネックニットにガウチョパンツとGジャンをあわせました。Vネックニットの首元にはストールを巻いていました」(20代ママ)

その日の気分にあわせて中に着るものを選んだり、ストールを巻くなど、おしゃれを楽しむママの声がありました。秋冬の寒い日は、下にレギンスやタイツを履くなど工夫するのもよいかもしれません。

妊娠中は快適にすごせる服装で

妊婦のママと子ども
© Monet - Fotolia

妊娠中の服装を考えるとき、新しく服を購入したり、買わないで手持ちの服をうまく活用したりとさまざまなようです。服がきついと感じ、いつからマタニティ服に替えようか迷うときは、体型にあわせて服のサイズが調整できるものなどを選べるとよいかもしれません。春夏、秋冬、それぞれの季節にあわせた服装で妊娠中も快適にすごせるとよいですね。

2018年10月07日

ファッションの関連記事
カテゴリ一覧