子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2016年12月08日

おもちゃの時計で楽しく学ぼう!就学前に時計を読めるようにするための教え方。

以前は小学校2年生で学習していた時計の読み方。しかし、生活とも関わりの深い内容ということもあり、筆者の子どもの通う学校では、数年前から1年生で学習することになりました。小学生になると時間を見て行動することが必要になってくるので、就学前に時計が読めるようにしておきたい!というママも多いのではないでしょうか。今回は、楽しく時計の読み方を覚えられるおもちゃの時計についてご紹介します。

就学するまでに時計が読めるようにしておきたいワケとは

近年モノのデジタル化が進み、テレビやスマートフォンの画面などで目にする時間もデジタル表記されているものが多くなってきました。しかし、小学校ではアナログ時計を見ながら行動していかなければなりません。休み時間は何時何分まで、そのためには何分までに教室に戻るべきか……など、時間の感覚を身につけるためにも、時計が読めるようになっておくことが大切です。

時計の読み方の分かりやすい教え方

未就学児の子どもに対して、時計の読み方を教えるのはなかなか骨の折れる作業です。「何分」であるか長針を読むときに、アナログ時計に書かれている1〜12の数字とごちゃまぜになってしまうことも多いです。焦らずに、手順を追って少しずつ理解させていきましょう。

1.時計の存在を教えること

まずは、時計に興味を持たせることから始めましょう。時計がどこにあるか、お気に入りのテレビ番組は何時からなど、普段の生活の中で時計や時間を意識させる場面を作ってみましょう。子ども専用の時計を用意してあげることも方法のひとつ!特に腕時計は、お出かけ先でも使え、身につけていると少し大人びた気分にさせてくれるアイテムなのでオススメです。

2.時間の概念を教える

次に、時刻・時間について簡単に教えましょう。「時間」は1〜12時まで、「分」は1〜59分までということ、同じ◯時でも午前と午後があることを理解させます。午前・午後は未就学時には難しいと思いますので、朝・昼・夕方・夜などの言葉に置き換えてあげると解りやすいですね。

3.短針(時)の読み方を教える

短針は「何時」を表すもの、読むときには時計に表記されている1〜12を使うことを理解させましょう。最初は「◯時ちょうど」など、ぴったりの時間から教えていきます。また、短針が表記されている数字と数字の間を示す難しいケース(◯時半などのとき)について、間を示す場合にはどう読むのかを教えてあげることも大切です。

4.長針(分)を教える

長針は「何分」を表すものだと理解させましょう。読むときには、5・10・15……と5分刻みで読ませていきます。最初は形として捉えやすい「◯時半」「◯時30分」からスタートし、次は15分と45分と、焦らずステップアップしていきましょう。

5.クイズ方式で時間を聞く

ある程度時計を読むことができるようになったら、クイズ形式で時間を聞いて習熟度をはかりましょう。普段の生活である程度時間が決まっているものがあれば、「◯◯は何時何分から?」などと質問してみましょう。最終的には「今は何時何分?」の質問に、実際の時計を見て答えられるようになればバッチリですね。

子どもが楽しく学べる、知育おもちゃの時計6つ

時計の読み方を学習するには、知育時計を使うと分かりやすくて便利です。子どもでもあつかいやすいオススメの時計をご紹介します。

さんすうとけい 時計の読み方

出典:https://www.amazon.co.jp/

学校の算数セットでおなじみの時計です。アーテックの製品は授業で使用されているだけあって、長針も読みやすいように1〜60の数字が表記されています。

商品名:さんすうとけい 時計の読み方
メーカー名:アーテック
価格:440円

くもんのNEWくるくるレッスン

出典:https://www.amazon.co.jp/

色の異なる短針と長針に合わせて文字版もそれぞれ色分けされていて、読みやすい工夫がされている時計です。アナログ時計の下に◯時◯分と数字でも時刻が表示されるようになっているのですが、シャッターを閉めることでクイズ形式で遊ぶこともできます。また、付属品のステップアップカバーを使用すれば長針用の1〜60の数字が隠れるので、より実際の時計に近づけて使用することができますよ。

商品名:くもんのNEWくるくるレッスン
メーカー名:KUMON
価格:964円
対象年齢:3歳以上

遊んで勉強☆ウッドクロック 木のおもちゃ 積み木 はめ込みパズル 知育玩具 (大)

出典:https://www.amazon.co.jp/

カラフルで見た目も楽しいウッドクロック。1〜12の数字がはめ込みパズルになっているので、楽しく遊びながら時計に親しませたい!という人にオススメです。時間や分などの表記は英語になっています。

商品名:遊んで勉強☆ウッドクロック 木のおもちゃ 積み木 はめ込みパズル 知育玩具 (大)
メーカー名:zuruki
価格: 1,470円

時計付き絵本なら、より楽しく学べます!

時計に興味を持って欲しいけれど、うちの子はまだまだ小さい……というママには、時計付き絵本がオススメ!まだ時計に興味がない子も絵本として楽しめるよう、絵本のストーリーにも目を向けて選ぶようにしましょう。

アンパンマンとげんきにあいさつ (アンパンマンとはじめよう)

出典:https://www.amazon.co.jp/

子どもが大好きなアンパンマンと一緒に、朝起きてから夜眠るまでの1日の生活を時計を使って読み進めていきます。本の中では起きる時刻や朝ごはんの時刻が決められていますが、時刻の部分をお子さんの実際の生活リズムに合うように手直しすれば、よりリアルに1日の流れを学ぶことができますよ。

商品名:アンパンマンとげんきにあいさつ (アンパンマンとはじめよう)
出版社:フレーベル館
価格:702円
対象年齢:幼児から

アニメおさるのジョージ とけいえほん いま なんじ?

出典:https://www.amazon.co.jp/

TVアニメでもお馴染みのおさるのジョージが幼稚園で楽しく過ごす様子を、時刻に触れながら描いています。こちらの絵本は幼稚園での1日ということなので14時までの内容が描かれていますが、子どもが楽しむ読むことができるストーリーが口コミで人気です。
商品名:アニメおさるのジョージ とけいえほん いま なんじ?

出版社名:金の星社
価格:1.404円
対象年齢:3歳以上

でんしゃでおぼえる!とけいえほん

出典:https://www.amazon.co.jp/

日本各地で活躍する列車を通じて、時刻に親しむことができる絵本です。時計をホームの案内板の発車時刻に合わせたり、本の中には様々な列車の写真があったりと、電車好きな子にはたまらない1冊ですよ。

商品名:でんしゃでおぼえる!とけいえほん
出版社名:交通新聞社
価格:1.512円

焦らず、時間をかけて覚えましょう!

いかがでしたか?時計が読めるようになるためには、焦らず根気よく習慣付けていくことが大切です。時計に対する苦手意識を作らないためにも、知育時計や絵本などのおもちゃ時計を活用しながら、お子さんに合ったペースで楽しく学べるようにしてあげましょう。

関連記事
  • クリスマスに誕生日!子どもと行きたいオススメのおもちゃ屋さん

    クリスマスプレゼントやお正月のお年玉で……。年末年始は、おもちゃを買う機会がたくさんありますね。ネットで賢く済ませるのもいいけど、子どもと一緒にリアル店舗に足を運ぶことにもメリットがあるのでは。そこで今回は、子どもと一緒におもちゃ屋さんに行くメリット、そして編集部が調査したオススメのおもちゃ屋さんをご紹介いたします。

  • おもちゃの時計で楽しく学ぼう!就学前に時計を読めるようにするための教え方。

    以前は小学校2年生で学習していた時計の読み方。しかし、生活とも関わりの深い内容ということもあり、筆者の子どもの通う学校では、数年前から1年生で学習することになりました。小学生になると時間を見て行動することが必要になってくるので、就学前に時計が読めるようにしておきたい!というママも多いのではないでしょうか。今回は、楽しく時計の読み方を覚えられるおもちゃの時計についてご紹介します。

  • おもちゃはレンタルする時代!? メリットと主なサービスまとめ

    子どもを連れて欲しいおもちゃを買いに出かけたところ、買いたいおもちゃに限って売り切れているということも少なくありません。そんな方におすすめなのが、おもちゃのレンタルサービス。サービスを活用すれば、無駄なくおもちゃを使わせることができちゃうんです。そこで今回は、レンタルのメリットとサービスについてご紹介します。

  • 夢だったぬいぐるみとおしゃべり!MoMA Design Store次世代アイテム

    ぬいぐるみとお話ができるようになるボタン型デバイス「Pechat(ペチャット)」が、MoMA Design Store から今月発売されました。子どもの夢も広がりそうな次世代子育てアイテムのご紹介です。

  • ギターのおもちゃ、どれを選べばいい?おすすめ商品ベスト5

    楽器に興味を持たせたい・子どもがギターを欲しがる、そんな時まずは子ども向けおもちゃがおすすめです。でもギターのおもちゃってどう選べばいい!?というわけで今回は、年齢別ギターおもちゃの選び方とおすすめ商品5点をご紹介します。

  • おもちゃのキッチンにワクワク♪選び方のポイントとおすすめ商品5選

    3歳ごろになると始まる「ままごと」。ママや大人の真似をするままごとは、社会性を育てるのに大切な遊びです。そんなままごと遊びをより楽しくできて、子どもも夢中になれるおもちゃのキッチンをご紹介します。

カテゴリ一覧