子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2016年06月19日

梅雨なんてこわくない!親子でできるおうち遊び

子どもの体力は本当に尽きることがありません。梅雨の季節は、外で思うように遊ぶことが出来ず、親子でストレスがたまっちゃう…なんてことはないですか?もしそうなら、もったいない!おうちで過ごすことが多いこの時期は、親子水入らずで一緒に遊ぶ絶好のチャンスです。家にある身近なもので、目いっぱい遊びましょう!

新聞紙で遊ぶ

ジャンボ折り紙

正方形に切った新聞紙を折り紙にしてみましょう。「かぶと」ならかぶって遊べますし、難しい「鶴」もジャンボサイズなら作りやすいですね。「飛行機」も面白いですよ!

ファッションショー

新聞紙を生地に見立てて、衣装を作ってみましょう。首が通る穴を開けただけの「貫頭衣」風なら簡単です。男の子なら大好きなヒーロー風、女の子ならドレス風、と、お子さまの好みを聞きながら仕上げてみましょう。記念撮影をしておけばいい思い出にもなりますね。

お座りバトミントン

まず、新聞紙を丸めてボールを作ります。ふわっと丸めただけでもいいし、固めにしっかりと丸めても大丈夫です。そして親子で適当な距離を置いて、向かい合って座ります。あとは新聞紙ボールを打ち合うだけ。座っているので動く範囲が制限されて、狭い部屋の中でも遊ぶことができます。お子さまがまだ小さいうちなら、お子さまだけは立ってもいいですね。大人も思わず本気になってしまいます。

新聞紙プール

新聞紙をひたすらちぎって、ビニールプールに入れるだけ。ちぎる作業は単純だけど、なぜか夢中になってしまいます。プールが新聞紙で一杯になったら、あとは、水浴びならぬ紙浴びを楽しみましょう。外まで溢れても平気!後始末も簡単。新聞紙をゴミ袋に入れるだけ。「よーいどん!」で競争すると、あっという間に終わってしまいますよ。

作って遊ぶおままごと

紙皿と紙コップで「本格レストラン」

大人はレストランのお客さんで、子どもはコックさん。大人が注文した料理を、お子さまはクレヨンで紙皿に描くだけ。また、折り紙を丸めて紙コップに入れるとジュースやコーヒーになります。かさばらないのでお片付けも簡単ですね。

フェルトで色鮮やかな「ハンバーグセット」

100円ショップではフェルト生地がセットで買えます。はさみが使えるお子さまと一緒におままごと用の食べ物を切ってみましょう。黄緑色でレタス、黄色でチーズ、ピンク色でハム、茶色でハンバーグ、といろいろなものが作れます。繰り返し遊べるので、作った食べ物はお子さまの一人遊びの道具としてもいいですね。

本物のおやつを作る

焼き上がりが楽しみ♪ 「変顔クッキー」

クッキー生地はプレーンとココア、など2種類(2色)用意します。クッキングシートを広げて、まずは1種類で顔の形に生地を広げます。あまり薄すぎても食べにくいので3ミリ程度がよいでしょう。残りの1種類で顔のパーツを作り、福笑いの要領で載せていきます。焦げやすい部分が出来てしまうので、立体感が出すぎないように調整してあげてくださいね。あとは出来上がった顔を焼くだけ。さてどんな顔が出来るかな?

にょろにょろパンとぐるぐるパン

パン生地の成形をお子さまと一緒にやってみましょう。丸くきれいに成形するのはお子さまにはちょっと難しいので、細長くこねて、クッキングシートの上で成形します。30センチほどの長さの生地をにょろにょろの蛇のように置いたり、ぐるぐると丸くしてみたり。焼き立てパンを味わうことで食育にもつながりそうですね。

まとめ

まだまだ、親子で知恵を出し合って考えたらいいアイデアが浮かびそう。
何かと時間に追われがちですが、雨の日ぐらいは、と割り切ってみてはどうでしょう。お子さまが小さいうちにしか過ごせない贅沢な時間になるはずです。

関連記事
  • <室内でも運動遊び>新聞紙やロープを使ってできる、幼児向けの運動

    雨の日や寒い日、花粉が多い日…外に遊びには行けないけれど、ありあまる子どものパワーを発散させてあげたい!そんなときには、室内で体を動かす遊びをしてみるのはどうでしょうか?うちはマンション住まいだから厳しいというご家庭でも、少し工夫をするだけで室内でちょっとした運動遊びをさせてあげることができます。

  • お正月の特別な思い出に。3世代で楽しむ昔あそび

    年末年始の帰省先は、3世代が集まる貴重な機会。せっかくなので、お正月ならではの昔遊びを楽しんでみませんか。おじいちゃん・おばあちゃんの力も借りて、昔ながらの遊びを子どもたちに伝えましょう。

  • コミュニケーションで家族の絆も深まる。注目のボードゲーム遊びとは

    自分の手で駒を動かしたり、サイコロをふったり、カードをめくったり……楽しく手先を動かしながら頭も使うアナログゲームは、子どものさまざまな力を育んでくれます。そこで今回は、親子で遊んで学べるボードゲームをピックアップしました。

  • 梅雨なんてこわくない!親子でできるおうち遊び

    子どもの体力は本当に尽きることがありません。梅雨の季節は、外で思うように遊ぶことが出来ず、親子でストレスがたまっちゃう…なんてことはないですか?もしそうなら、もったいない!おうちで過ごすことが多いこの時期は、親子水入らずで一緒に遊ぶ絶好のチャンスです。家にある身近なもので、目いっぱい遊びましょう!

カテゴリ一覧