ピクニックに持って行きたいレジャーシート

ピクニックに持って行きたいレジャーシート

厚手の布を使ったシートなど

ピクニックで使うレジャーシートについて気になっているママもいるかもしれません。今回の記事では、布などの素材やレースなどのデザインといったレジャーシートを選ぶポイントと厚手タイプや100均の商品などのママたちが選んだーシート、レジャーシートを使うときに気をつけていることを、体験談を交えてご紹介します。

ピクニックにレジャーシートは必要?

ピクニックにはレジャーシートが必要なのでしょうか。ピクニックでレジャーシートを使うシーンをママたちに聞いてみました。

「ピクニックでは屋外ですごす時間が多いので、休んだり寝転んだりするためにレジャーシートを使っています。子どもが短時間お昼寝をするときにも使うことがあります」(30代ママ)

「芝生の上などでお昼を食べるときなどにレジャーシートが必要だと思います。レジャーシートがあれば少し地面が濡れていても気にせずに座れるので、子どもといっしょにピクニックを楽しめます」(40代ママ)

ピクニックではレジャーシートを使うシーンがさまざまあるようです。芝生や地面の上に直接座るのもおもしろそうですが、子どもといっしょにすごすランチやおやつタイム、休憩時などにはレジャーシートもあるとよいかもしれませんね。

ピクニック用のレジャーシートを選ぶポイント

ピクニック用のレジャーシートはどのように選ぶとよいのでしょう。ママたちに選ぶポイントを聞いてみました。

サイズ

レジャーシート
iStock.com/NataliaDeriabina

「レジャーシートはサイズにポイントをおいて選んでいます。テーブルを置いても子どもがゆっくり寝そべることができるくらいの、ゆったりしたサイズのレジャーシートがよいと思います」(30代ママ)

シートのサイズを考えてレジャーシートを選んでいるママがいました。市販されてるレジャーシートには目安となる人数が表示されていることもあるようですが、テーブルなどのグッズを置くことを考えて大きめのサイズを選んでもよさそうです。

素材

「ピクニック用のレジャーシートは子どもが横になって休むことを考えて、素材を中心に選んでいます。上に起毛の布が貼ってあるシートは肌触りがよいので、子どもも気もちよく使えるのではないかと思います」(40代ママ)

ピクニックに使うレジャーシートを、素材をポイントに選んだママがいました。起毛やキルティングといった肌触りのよい布の他に、厚手のデニムなどの丈夫な布や、汚れを落としやすいナイロンなどの素材のレジャーシートもあるようです。

デザイン

「ナチュラルな雰囲気の雑貨屋食器類が好みなので、ピクニックに行くときも木製のバスケットや食器を使っています。レジャーシートも食器の雰囲気にあわせたものがよいと思い、レースで縁取られたものを選びました。4歳の娘と私のお気に入りです」(30代ママ)

デザインをレジャーシートを選ぶポイントにすると、子どもが喜んでくれるかもしれません。レース柄の他にもギンガムチェックやネイティブ柄など、さまざまなデザインのレジャーシートがあるようなので、ママや子どもの好みのシートを選ぶと気分も盛り上がりそうですね。

ママたちが選んだレジャーシート

ピクニックに行くために、ママたちはどのようなレジャーシートを選んだのでしょう。実際に使っているレジャーシートを聞いてみました。

2wayタイプ

「我が家では2wayタイプのレジャーシートを使っています。普段は大きなトートバッグ型になっていてピクニックに使うグッズをいれることができ、広げるとレジャーシートになるので、とても便利に使っています」(40代ママ)

たたむとバッグにもなる2wayタイプのレジャーシートを使っているママがいました。丈夫な帆布などで作られている2wayタイプのレジャーシートは、重さのあるランチや飲み物などを入れてピクニックに行くときにも便利かもしれません。

防水タイプ

防水タイプのレジャーシート
iStock.com/Creative-Family

「湿気のある地面の上でも使えるように、裏面が防水加工されているレジャーシートを100均で購入して使っています。シートの表面にはキルティングの布が貼ってあるので座り心地もよく、ピクニックをゆっくり楽しむことができます」(30代ママ)

屋外で活動するピクニックでは、防水タイプのレジャーシートも活躍してくれそうです。100均の防水シートの上に防水スプレーをかけた布製のシートを敷くことで、子どもがうっかり飲み物をこぼしても簡単に拭き取ることができるというママの声もありました。

厚手のクッションタイプ

「ピクニックに行ったときには厚手のクッションタイプのレジャーシートを使っています。スポンジを挟んである厚手のシートを100均で何枚か購入し、並べて敷くようにしています。子どもがお昼寝をするときに3枚ほど重ねたところ『ふかふかだね』と喜んでくれました」(30代ママ)

厚手のクッションタイプのシートもピクニックでは使いやすいかもしれません。100均で購入したシートを並べ上に厚手のラグなどを敷くと、屋外でも気もちよく休めるレジャーシートになりそうです。

レジャーシートを使うときに気をつけたこと

ピクニック用のレジャーシートを使うときには、どのようなことに気をつけるとよいのでしょう。ママたちに意識したことを聞いてみました。

設置する場所や設置方法を考える

「レジャーシートを敷くときは、平らで周りに樹木などのある場所に設置するようにしています。ピクニックに行くと子どもと長時間屋外ですごすために、日差しが和らぐ樹木があり、座り心地もよい場所を選ぶことを意識しています」(30代ママ)

ピクニックでレジャーシートを敷くときに、どこに設置すると子どもが気もちよく使えるかを意識して選ぶとよいかもしれません。ママのなかには、突然の風でシートが飛んでしまわないように、ペグで留めるようにしているという声もありました。

清潔に保つ

「ピクニックではレジャーシートの上で食事をするので、食べものや飲み物をこぼしたときにはすぐに拭き取るように気をつけています。家に帰ってからもタオルでしっかり汚れを落とし乾燥させるようにして、清潔に保つことを心がけています」(40代ママ)

レジャーシートは子どもが寝ころぶこともあるので、清潔に保つことを意識して使うとよいかもしれません。地面に敷いて使ったあとは、収納する前にシートの裏側の汚れもできるだけ落としておくと、次のピクニックでも気もちよく使えそうですね。

レジャーシートを持ってピクニックに出かけよう!

レジャーシートを広げるパパと子供達
milatas/Shutterstock.com

ピクニック用のレジャーシートにはさまざまなタイプがあり、使う人数や使い方などを考えて選んでいるママがいました。100均の商品にも厚手のクッションタイプのシートなどがあるようです。表面に布を貼った座り心地のよいシートやおしゃれなレース柄など、お気に入りのレジャーシートを持って、子どもとピクニックに出かけてみてはいかがでしょうか。

2019年05月02日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

おでかけの関連記事

カテゴリ一覧