子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

3歳の子どもと乗る飛行機。座席の選び方や機内での過ごし方

3歳の子どもと乗る飛行機。座席の選び方や機内での過ごし方

子どもが飽きない遊びや快適な寝方とは

3歳の子どもと初めて飛行機で旅行するとき、おもちゃや遊びなど機内での過ごし方が気になる他に、子どもを膝の上に乗せてもよいのかや、シートベルトは必要かなど知りたいママやパパもいるかもしれません。今回は、飛行機の座席の料金の選び方、遊びや寝方など国内線や国際線での過ごし方を体験談を交えながらご紹介します。

3歳の子どもと飛行機に乗るときに気になったこと

旅行などで子どもと初めて飛行機に乗るママやパパもいるのではないでしょうか。長時間のフライトに備えてどのような準備をしたらよいのか知りたい方もいるかもしれません。実際に、3歳の子どもを持つママたちはどのようなことが気になるのか聞いてみました。

「子どもと初めて飛行機に乗るときに、座席の用意についてが気になりました。膝の上に乗せることはできないのかや、料金はいくらかかるのかなどを知りたいと思いました」(20代ママ)

「海外旅行で国際線に乗ることになったのですが、フライト時間が長いので子どもと静かにできる遊びや、シートでの寝方が気になりました」(30代ママ)

3歳の子どもと飛行機に乗るとき、座席の確保や機内での過ごし方が気になったというママがいました。この他にも、食事メニューは大人と同様なのかなどが気になったママもいるようです。

飛行機の座席料金や場所の選び方

3歳の子どもが飛行機に乗るときには、座席は必要なのでしょうか。3歳の子どもと飛行機に乗ったママたちに、座席料金や場所の選び方を聞いてみました。

料金

飛行機
iStock.com/spooh

「子どもの座席が必要なのかを知りたいと思って、旅行会社に聞いてみました。3歳の子どもは大人の膝の上に乗せることができず、座席が必要なので料金がかかるということでした」(30代ママ)

「我が家が予約した航空会社は、3歳になると国内線でも国際線でも大人の半額の料金がかかるとホームページに書いてありました」(20代ママ)

3歳の子どもは、国内線でも国際線でも大人の膝の上に乗せることはできず、座席の予約が必要だったというママがいました。料金や座席の予約については航空会社によって異なる場合があるので、早めに問いあわせておくのもよさそうです。

場所の選び方

「子どもから『トイレに行きたい』と言われたときにも、すぐに連れて行けるように、後方の通路側の座席を予約しました」(20代ママ)

「シートベルト着用サインが出ているときは席を立つことができないので、子どもが飽きにくい座席を予約したいと思いました。飛行機での旅行が初めてだったこともあり、景色がよく見える窓側の席を選びました」(30代ママ)

どの場所の座席を選ぶかについては、ママによってさまざまなようです。この他にも、大きなモニターの前の席は足元が広いので子どもが足を伸ばしやすくてよかったといったママの声もありました。

国内線に乗るときの過ごし方のポイント

3歳の子どもと飛行機に乗って国内旅行に行くとき、機内でどのような遊びをさせたらよいかなど過ごし方を知りたいママもいるのではないでしょうか。ママたちに、国内線に乗るときの過ごし方のポイントを聞いてみました。

おもちゃや本を持ち込む

「初めての飛行機で緊張してしまわないように、子どものお気に入りのおもちゃを用意しました。周囲に迷惑をかけないよう、音の出ないおもちゃを選びました」(20代ママ)

「新しい絵本やシールブックを機内に持ち込みました。小さな声で読み聞かせをしたり、シールブックでいっしょに遊んだりしていたら、子どもも騒ぐことなく落ちついて過ごせました」(30代ママ)

子どもが機内で快適に過ごせるように、音の出ないおもちゃや本を用意したママがいました。航空会社によっては、飛行機のおもちゃなどオリジナルのものをもらえることもあるようなので、手持ちのおもちゃや本と組みあわせた遊びをするのも楽しい過ごし方のひとつかもしれませんね。

いつもと違うお菓子を用意する

あめ
iStock.com/Dreamsofts

「子どもが機内で飽きてしまわないように、普段はあまり食べないような特別なお菓子を何種類か用意しました。なかでもアメは、子どもの耳抜きするときにも使えたのでよかったです」(30代ママ)

子どもが退屈しないように、普段は食べないようなお菓子を用意したママもいるようです。おもちゃやシール入りのお菓子を用意したことで、食べ終わった後もご機嫌で遊んでいたので便利だったというママの声もありました。

リラックスできる服装にする

「国内線で2時間半ほど飛行機に乗ることになりました。機内で長時間座っていても子どもが疲れないように、やわらかい素材の服に着替えさせてあげたところ、初めての飛行機でも緊張することなく過ごせたようです」(20代ママ)

飛行機に乗っている時間の子どもの過ごしやすさを意識して着替えを用意したママもいるようです。他にも、機内での空調対策に羽織ものを用意したというママの声もありました。

国際線に乗るときの過ごし方のポイント

国内線よりもフライト時間の長い国際線では、シートベルト着用サインが出ている時間が長いこともあるため、機内で快適に過ごすための準備が国内線以上に必要なこともあるようです。実際に、子どもといっしょに国際線に乗ったママは、どのような工夫をしていたのでしょうか。

子ども用の機内食を予約する

「航空会社のホームページに子ども用の機内食の案内が載っていたので、事前に予約をしておきました。3歳の子どもは、『すごいね、お子様ランチみたい』と大喜びで食べていました」(30代ママ)

長時間のフライトに備えて、子ども用の機内食を事前に予約したママがいました。機内食をしっかり食べたことで、目的地についてからも元気いっぱいだったというママの声もありました。

携帯式の子ども用ベッドを使う

「機内に持ち込める携帯式の子ども用ベッドがあると聞いたので用意しました。足を伸ばしやすいのがよかったようで、狭い機内でも気持ちよさそうに眠っていました」(20代ママ)

狭い飛行機の機内での子どもの寝方が気になり、携帯式の子ども用ベッドを用意したママもいるようです。長時間のフライトでは疲れをためないことも大切と考えて、エア枕やブランケットを用意するなど、機内で快適な寝方ができるような工夫をしたというママの声もありました。

3歳の子どもと飛行機での旅を楽しもう

飛行機に乗る女の子
iStock.com/GOLFX

3歳の子どもと初めて飛行機に乗るとき、座席の用意や機内での過ごし方が気になったママがいるようです。3歳の場合は国内線でも国際線でも座席が必要な場合が多く、大人の膝の上に乗せずに、子どもの席を予約したママが多くいました。

機内ではシートベルトを着用する時間も長いため、子どもが快適に過ごせる座席を選んだり、おもちゃや遊びなどを考えたママもいるようです。機内での寝方などにも工夫して、子どもとの旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか。

2018年11月17日

おでかけの関連記事
カテゴリ一覧