産後のママの働き方に正解はない。それでも私が働く理由【吉田明世】

産後のママの働き方に正解はない。それでも私が働く理由【吉田明世】

読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回はフリーアナウンサーの吉田明世さんが、産後の働き方について悩むママのお悩みに答えます。

吉田明世
01

【お悩み】産後の働き方に葛藤…フルタイムで働く意味はあるの?

男3歳、男0歳のママ
産後の働き方について悩んでいます。

現在2人目の育児休暇中です。 育休前はフルタイムで働いており、保育園に7時半に預けて18時〜18時半にお迎えに行っていました。

小学生になれば学童に行くことになり、長期休暇も学童で過ごすことになります。

上の息子は、保育園を嫌がることが多く、そんな思いまでさせて、私は働く意味はあるのか?おかえりとお家で迎えてあげたいけれど、将来どんな選択肢でもできるようにと経済的なことを考えれば、辞められない…と葛藤する日々です。

明世さんのお子さんは保育園は楽しく通われてますか?働き方について、葛藤することはありますか?

【吉田明世さんの回答】仕事と子育てのバランスに正解はなし。働くママの背中は輝いているはず

産後の働き方は、働くお母さんにとって永遠のテーマかもしれません。

「フルタイムなのか?」「土日祝日はお休みできるのか?」「子どもが熱を出したときの対応は誰がどうするのか?」などなど、仕事と子育ての両立というのは、落とし所が難しく、自分の中で探りながら、自分に言い聞かせながらとなってしまうので、ふとした時に不安に思ってしまいますよね。

私ごとですが、現在平日朝6時から9時までの生放送のラジオ番組を担当しており、毎朝4時に子どもたちを家に残してひっそりと仕事に出かける毎日を送っています。

私が出かける物音で娘が起きてしまった時は、「ママ行かないでぇえ〜!」と大泣きするし、日曜日の夜なんかは特に、「明日は保育園行きたくない!」と駄々をこねることもあり、そんな時は「あぁ。我慢させてしまってるよなぁ」と胸が締め付けられる想いです。

そもそもですが、この仕事をお受けするかどうか決めるまでに、たくさんたくさん悩みました。そして本当にこれでよかったのかどうかは、正直今も分かりません。だって一番母親が必要な時期に、朝起きたら母親がいないという生活を送らせてしまうのですから。

「一緒に力を合わせて頑張ろう!」と、夫が背中を押してくれたことが大きな決め手となりましたが、いざやると決めたからには、その決断に後悔はしないようにと決めています!私が後悔してしまうと、娘と息子の頑張りをなんだか踏み躙ってしまう気がするからです。

その代わりと言ってはなんですが、平日の朝寂しい思いをさせてしまっている分、仕事から帰ってきて寝るまでの時間や、仕事が休みの日はスマホを置いて、子どもファーストで過ごそうとも決めています。

10年後、「ママは一緒にいて欲しい時にいなかった」なんて、恨み節を言われてしまうかもしれませんが…(笑)。

愛情というのはいろんな形があると思うんです。習い事や旅行など自分が働くことで経験させてあげられることや、母親がいない時間の父親との時間だったり、保育園での経験だったり、そこでしか学べないこともたくさんあると思います。

申し訳なさそうにしている姿よりも、仕事も育児も前向きに励んでいるお母さんの背中の方が子どもたちにとってもずっと輝いて見えるはず!仕事と子育てのバランスの正解なんてないし、悩みながら葛藤しながらも、一緒に頑張りましょう!
No Image

吉田明世

吉田明世の記事一覧

1988年生まれ。2児の母。絵本専門士と保育士の資格を持つ。TBSのアナウンサーを経て2019年2月にフリーになり、現在はテレビ番組にとどまらず、ラジオ、イベント、講演会など、多彩に活躍。

Instagram(@akiyo0414)

2021年09月14日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

仕事の関連記事

カテゴリ一覧