妊活中に転職を考えるとき。正社員やパートなど働き方の種類

妊活中に転職を考えるとき。正社員やパートなど働き方の種類

気持ちにゆとりをもって転職活動しよう

妊活をしていると、別の職場に転職しようか考えることもあるのではないでしょうか。今回は、妊活中に転職を考える理由、正社員やパートなど妊活中に転職するときの働き方の種類、妊活中に転職をする会社選びで意識したことと転職活動をしたタイミングを体験談を交えてご紹介します。

妊活中に転職を考える理由

妊活中に仕事と通院のバランスが気になるとき、転職を考える方も少なくないのではないでしょうか。働いている会社の環境によっては、上司や同僚に妊活をしていることを伝えにくいと感じることもあるようです。

妊活している方のなかからは「今の職場では、妊娠しても育児休暇を取りにくそう」という声も聞かれました。妊活の行いやすさや子育てをしながら働きやすい職場環境を考え、転職を考える方もいるかもしれません。

今回は、妊活中の転職事情について1人目や2人目以降の妊活をしている方に聞いてみました。

妊活中に転職をする会社選びで意識したこと

妊活中に転職をするとき、どのような会社がよいのか気になる方もいるようです。妊活をしている方たちに、転職をする会社選びで意識したことを聞いてみました。

女性が働きやすいかどうか

30代女性
妊活をきっかけに転職をするときは、子どもが生まれた後の働きやすさも意識しました。転職先の候補となる会社のホームページを見て、妊娠や育児中の女性が働きやすいかや福利厚生について確認してから応募するとよいのではないでしょうか。
妊活や妊娠、育児中の女性が働きやすそうだと感じる会社を選んだ方がいるようです。育児休暇を取得できる期間や、会社に託児所があるかなどを確認して転職先を選ぶのもよいかもしれません。

働き方と賃金のバランス

給与とのバランスを計算する女性
Dean Drobot/Shutterstock.com
40代ママ
妊活中は病院に行く機会が増えるため、勤務時間が短いと助かります。しかし、妊活にかかる費用を捻出するために、転職先の賃金も気になりました。

自分のなかで基準となる月給と、妊活しながら働きやすいと感じられる環境のバランスが大切だと思います。
妊活を行いやすいと感じられるような働き方と、生活や妊活に必要な賃金のバランスを意識したママもいるようです。希望の条件を満たした転職先を見つけるのは難しいと考え、自分にとっての優先順位を決めて働き方を見直したという方の声もありました。

妊活中に転職するときの働き方の種類

妊活中に転職をしたいとき、どのような働き方にしようか考える方もいるのではないでしょうか。妊活中に転職活動をした方たちに聞いた、働き方の種類をご紹介します。

正社員

30代女性
フルタイム正社員として働いていましたが、妊活中は度々病院へ行く必要があることから忙しさを感じていました。フレックスタイム制の会社に転職し、短時間正社員として働けると、病院へ行く時間もとりやすいのではないかと考えます。
同じ正社員でも、フルタイムから短時間へ勤務時間を見直したいという方の声がありました。2人目の妊活をしているママのなかからは、在宅ワークもできる会社の正社員なら、妊活しながらも働きやすそうだという声も聞かれました。

長期のパートやアルバイト

20代女性
妊活をしていると、月経が始まったタイミングで受診しなくてはいけないこともありました。いざというときにシフトを交代してもらえるような会社で、パートタイマーとして働けたら気持ちにゆとりがもてそうです。
通院するタイミングに出勤を代わってもらいやすいと、妊活しながら働きやすいかもしれません。他にも、毎月自分の希望のシフトを伝えやすい会社でアルバイトとして働きたいという方の声もありました。

短期のアルバイト

転職を考える女性
zhu difeng/Shutterstock.com
40代女性
私は妊活をしていることを会社の方に話すことに抵抗があるので、妊活中だと伝えなくてもよい仕事に転職したいと考えます。短期のアルバイトなら、月経周期や妊活を休んでいる期間に働けるので自分にあっていると思います。
妊活中に転職するとき、短期のアルバイトを希望する方もいるようです。小売店の棚卸しやショッピングセンターの繁忙期など、短日や短期間のアルバイトにはさまざまな仕事があるようなので、自分が働きやすいと感じる仕事に応募するのもよいかもしれません。

妊活中に転職活動をしたタイミング

妊活中、どのようなタイミングで転職をしようか迷う方もいるかもしれません。実際に、妊活中に転職活動をした方たちに聞いたタイミングをご紹介します。

妊活を始めたとき

30代ママ
私は妊活を始めた頃から転職活動を行ないました。我が家の場合、妊活のために通院する機会が多いので有休を使っていましたが、使い切ってしまったら妊活が続けにくいと思ったので毎日求人をチェックしたことを覚えています。
妊活を始めたときから転職活動をしたママがいるようです。他にも、妊活と仕事の両立に疲れを感じたため、妊活を始めてすぐに転職について考え始めたという方の声もありました。

仕事の区切りがよいとき

20代女性
担当している仕事に区切りがつくタイミングで転職できるように、転職活動を行ないました。私の場合は年度の切り替え時に転職が決まったので、後任の方との引き継ぎを済ませて気持ちよく退職できたところがよかったです。
担当している仕事の区切りがよいときに転職できるよう意識した方もいるようです。ママのなかからは、仕事の引き継ぎに備えて日頃から少しずつ担当業務についてまとめているという声も聞かれました。

妊活中の転職はタイミングや働き方を意識しよう

笑顔のビジネスウーマン
number-one/Shutterstock.com

妊活中に、より働きやすい会社に転職したいと考える方もいるようです。妊活しながら働くことが大変だと感じたとき、妊活と仕事の両立のバランスを考えて正社員からパートタイマーに働き方を見直すのもよいかもしれません。

転職活動を行う時期は仕事や家庭の状況によってそれぞれ違うようですが、自分の気持ちにゆとりがもてるタイミングで行えるとよいですね。

2020年02月26日

専門家のコメント
6
    わい先生 保育士
    私は、妊活を考えて転職をしました!
    引っ越しで一度転職をし、働き始めて7ヶ月で、このままでは、妊娠も出産もできないと思ったからです。
    妊活中、妊娠中はとても大切な時間です。イライラすることは一番よくないと思っています。
    転職し、次は職場と妊活で働けるか心配になり、パートから正社員になれる場所にしました。経済的には正社員で働きたいと思いますが、両立できるかわからないので、今回はこのような形にしました。次の職場は、理解ある職場で安心しました。
    こいまま先生 保育士
    幼稚園教諭でしたが激務だったため、子どもが欲しいと思ったため退職しました。
    仕事は好きでしたが、妊娠できたとしても肉体的にも精神的にもまいってしまうと思いました。
    下の子が2歳になったタイミングでパートとして再就職しました。
    こどもの体調不良や行事などで休むことも多いので、時間に融通のきく今の働き方が私にはあっているように感じます。
    さと先生 保育士
    妊活に向けて転職をするのは良いと思います。
    体力を使う仕事、ストレスの多い職場だと妊娠してからが大変です。
    りお先生 保育士
    妊活に向けて転職するのはいいと思いますが、転職後にその職場で産休や育休が取りたいと思う場合は、制度をきっちり調べてからの方がいいと思います。

    会社によって、全然制度が違うと思いますよ!!
    後で後悔することのないように!!
    ゆきな先生 保育士
    妊娠しても、、子どもを産んで育児中でもできる仕事、、考えさせられますよね。
    あと会社の制度や、雰囲気など。
    色々見直すいい機会かもしれません
    のんの先生 保育士
    収入面もあるので難しいところですが、私はパートをおすすめします。
    子供と接するのは今しかない!とおもうと子供が大きくなるまではパートをするつもりです。
    時間に余裕がある方が、子供の行動や、友達関係などを見守れます

仕事の関連記事

カテゴリ一覧