子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年11月23日

主婦のパート面接対策。よくある質問事項と回答例、長所短所の伝え方など

主婦のパート面接対策。よくある質問事項と回答例、長所短所の伝え方など

子育てが落ち着き、パートを始めようと考える主婦の方もいると思いますが、面接ではどんな質問をされるのか悩んでしまいますよね。今回は、長所短所や勤務時間、子どもに関する事などパート面接でよく聞かれる質問と、その回答例をご紹介していきます。

面接でよくある質問

自己紹介について

面接では、初めに「簡単な自己紹介をお願いします」と言われることがあります。

自己紹介は、自分の第一印象を決める挨拶のような役割といえるでしょう。
話す内容だけでなく、表情・話し方・言葉の選び方も意識するとよいかもしれません。

自己紹介の例としては、
「〇〇(名前)と申します。
私は、これまで約5年間販売を担当する部署に勤務していました。結婚・出産を機に退職し、現在は専業主婦として幼稚園年少の子どもの子育てをしています。
前職の経験から、マナーや接客には自信があります。こちらのお店でも、お役に立てると思い、応募いたしました。本日はよろしくお願いいたします。」
と、できるだけ簡潔に名前・経歴・強みなど、自分の基本的な情報を伝えるとよいでしょう。

志望動機について

志望動機はその職場に対して、自分がどんな部分に魅力を感じているのか、どのように貢献できるのかを伝えましょう。

例えば、
「何度か貴店で食事をする機会があり、その際に気持ちのよい接客をしてくださって、とても素敵な時間を過ごすことができました。私自身、人と接することは好きで、接客には自信があります。この機会にぜひいっしょに仕事がしたいと思い、応募いたしました。」
と具体的なエピソードを交えると、思いが伝わるかもしれません。

長所短所について

面接では長所や短所を聞かれることもあるでしょう。
長所と短所がきちんと伝えることができれば、自己アピールにもつながるかもしれません。

「私の長所は、物事を慎重に進め、できるだけミスを少なく仕事ができる点です。一方で、ときに慎重になりすぎて仕事のスピードが遅くなってしまうこともあり、私の短所と言えます。仕事を効率的に進めるために、普段から事前に決めた時間内に終わらせるように心がけています。」
など、長所と短所に加えて、自分の短所に対してどんな対策を立てているのかも伝えるとよいかもしれません。

ブランクや条件についての質問

女性の仕事時の服装
GagliardiImages/Shutterstock.com

ブランクがあるが大丈夫か?

この質問に対しては、まず「ブランクは問題ありません」と答えるのがよいでしょう。

ブランクの期間をネガティブに捉えるのではなく、ポジティブに捉え、ブランクの期間で体験したことのなかから、仕事に活かせることを結び付けてアピールしてみましょう。

例えば、ママサークルで代表を1年間つとめたことのある人は、
「大勢の人を取りまとめるなかで、コミュニケーション能力や段取りを考える力を身につけることができた」
というようなアピールをしたり、主婦として子ども2人の子育てや家事に奮闘してきた人は、
「育児や家事などたくさんのことを同時進行で行うことで、物事を瞬時に判断することができるようになった」
など培った体験を思い出してみましょう。

残業ができるか?

仕事の内容や条件によっては、「残業ができますか?」と聞かれることもあるでしょう。

子どものお迎えなどで、残業するのは難しいこともあると思います。

その場合は、
「できる限り協力したいと思っています」
「残業ができない場合は、早めに出勤して仕事をこなします」
など前向きに検討している姿をアピールできるとよいと思います。

家族についての質問

子どもを抱っこ
MIA Studio/Shutterstock.com

家族は働くことに理解があるか?

家事と子育てを両立する主婦が仕事復帰するには、家族の応援や助けが不可欠でしょう。
勤務先も、ママが働くことに対して家族の協力が望めるかどうか知りたいと思います。

「家族は、私の強い意志もあってか、働くことに対して賛成してくれています。
子どもも応援してくれていますし、私だけでは補えない家事や育児の部分も夫が協力してくれると言ってもらえました。」
と、家族の理解がある場合は、その旨をしっかりと伝えましょう。

子どもが急な病気な場合はどうするのか?

子どもが体調を崩したとき、どう対処すればよいか悩む主婦の方も多いかもしれません。

旦那さんや両親など周囲のサポート体制が整っている人は、
「いざとなったら両親や義両親に助けてもらうことができるので、問題ありません」
と答えるとよいでしょう。

もし、周りのサポートがない人は、
「周りに助けてもらう人はいませんが、病児保育やファミリーサポートなどにお願いすることも考えております」
と答えるのがよいかもしれません。「仕事を優先します!」と過剰なアピールは必要ないかもしれませんが、仕事へ真剣に取り組む姿勢はアピールした方がよさそうです。

よくされる質問を知って、パート面接に備えよう

女性の仕事姿
StudioByTheSea/Shutterstock.com

子どもが小さいうちは、主婦の方は家事や子育てに追われていたかもしれません。

パートを始めたことがきっかけで、「主婦仲間が増えた」という声も多くあります。
自信をもって面接での質問に答えられるように、あらかじめ志望動機や自分の長所短所などについて考えてみてはいかがでしょうか。

仕事の関連記事
カテゴリ一覧