フルタイムで働けない理由。フルタイムで働けないときにできること

フルタイムで働けない理由。フルタイムで働けないときにできること

フルタイムで働けないときにママがしたこと

フルタイムで働けないとき、どのような理由があるのか気になる人がいるかもしれません。体力が追いつかない場合や時間の調整が難しい場合もあるでしょう。今回は、フルタイムで働けない理由、フルタイムで働けないときにできることなどをママたちの体験談を交えてご紹介します。

フルタイムで働けない

在宅ワーク
iStock.com/kohei_hara

フルタイムで働くと、キャリアアップや収入につながりやすいかもしれません。ママのなかには、フルタイムで働きたい気持ちがあるのに働けない人もいるのではないでしょうか。フルタイムで働けない理由はどのようなものがあるのでしょうか。

フルタイムで働けない理由

ママたちにフルタイムで働けない理由にはどのようなものがあるのかを聞きました。

子どもの預け先がない

30代のママ
通勤時間が長く、フルタイム勤務だと延長保育を利用してもお迎えに間に合わないので働けませんでした。
20代のママ
子どもが通っている幼稚園は、平日開催の行事が多く毎回欠席するほどの覚悟を持てていません。現在の週4日のパートタイム勤務は、行事へ参加できるのでありがたいです。
20代のママ
幼稚園の預かり保育を使っていますが、フルタイム勤務できるほどの時間帯までは預けられません。

子どもの預け先の保育時間や行事への参加が理由でフルタイムでは働けないという声がありました。子育てしながら働くとき、子どもの預け先によって勤務可能な条件が大きく変わってくるようです。

フルタイムで働きたい場合は、最初に子どもの預け先を考えるとよいかもしれません。

家族の希望

20代のママ
パパの仕事の時間調整が難しく、『フルタイム勤務でなく、パートで働いて送迎や参観への参加などの幼稚園関係のことを任せたい』と言われたことがあります。

家族の希望でフルタイムで働けないママがいました。フルタイムで働きたいとき、家族でそれぞれの希望や役割について話し合うとよいでしょう。

ときには、自分の希望の働き方ができない場合があるかもしれませんが、状況に応じて家族で助け合えたらよいですね。

体力的に厳しい

30代のママ
子どもがまだ小さいのでいっしょにいる時間をしっかりとりたいのに加えて、体力的にも自信がないからです。
20代のママ
今のところパパと送迎や家事を分担することが難しいので、自分の負担が大きく体力的にフルタイム勤務は厳しいと感じています。

フルタイムの仕事に加えて育児や家事をすると、体力的に厳しいと感じるママもいました。健康を損ねないように自分の体力に合う働き方をするとよいかもしれません。

フルタイムで働けるように体力的な負担が少なくなるような方法を見つけられたらよいですね。

フルタイムで働けない場合はどうする?

パート
iStock.com/SetsukoN

フルタイムで働けない場合、どのようにしたらよいのか知りたい人もいるのではないでしょうか。フルタイムで働けないときの体験談をママたちに聞きました。

正社員で時短勤務する

20代のママ
勤めていた会社では、育休明けに正社員で時短勤務しているママが多かったです。

時短勤制度を利用して正社員で働く方法があるようです。1日の所定労働時間を5時間45分~6時間に短縮でき、フルタイム勤務ができなくても正社員で働きやすいかもしれません。

時短勤制度は、利用する条件があるようなので確認しましょう。

パートタイムで働く

30代のママ
短時間のパートで働きました。
30代のママ
アルバイトで1日5時間働きました。仕事と子育ての両立がしやすかったです。

パートタイムで働くという声がありました。勤務可能な時間内で働けば、仕事と子育てを両立しやすいかもしれません。自分の希望条件に合うパートの仕事が見つけられたらうれしいですね。

在宅ワーク

30代のママ
第二子妊娠を機に、業務委託に切り替えて在宅で仕事しています。まだ子どもが小さく保育園から電話がかかってくることも多いので対応しやすいです。

在宅での仕事をしているママもいました。子どもの送迎時間の短縮や子どもの預け先からの急な呼び出しへの対応がしやすいかもしれません。

派遣

30代のママ
保育園の一時保育を利用して、単発の仕事をしていました。

派遣などの単発の仕事は、日程の都合がよい日に働けるところがポイントになりそうですね。

フルタイムで働くためにしていること

ママたちはフルタイムで働くためにどのようなことをしているのでしょうか。

パートで経験を積む

30代のママ
子どもが大きくなったらフルタイムで勤務したいと思っています。経験やスキルアップのためにパートタイムで働いています。
20代のママ
子どもがある程度大きくなったらフルタイム勤務もできるよう、キャリア継続のために子ども2人を保育園に預けて働いています。ブランクが少ない方が正社員の道も選びやすいのかなと思います。

将来フルタイムや正社員で働けるように、パートで経験を積んでいる人もいるのではないでしょうか。フルタイム勤務でなくても継続して働くことがポイントのようです。

子どもの成長に応じて働き方を変えていけたらよいですね。

環境を整える

20代のママ
以前住んでいた地域は、待機児童が多く子どもを預けられなかったので引っ越しました。

子どもの預け先を確保するなど働きやすい環境を整えることが大切なようです。保育園や幼稚園などの入園状況を調べ、子育てしながらフルタイム勤務が実現可能な預け先を探しましょう。

入園するための下調べは、早くから始めるとよさそうですね。

状況に応じた働き方を考えよう

パート
iStock.com/bee32

フルタイムで働けないとき、雇用形態や勤務時間を調整して継続して働くことが大切かもしれません。フルタイムで働けない理由があっても、パート勤務で経験を積むことや環境を整えることができそうです。

自分の希望や家族の状況に合わせて働けたらよいですね。

2019年12月18日

専門家のコメント
36
    かか先生 保育士
    フルタイムのパートで働いていましたが、ワンオペ育児だとなかなか大変でした。
    近くに協力でき
    こいまま先生 保育士
    小さな子どもがいるため、今はパート保育士として9:00〜16:00で働いています。
    担当ク
    べこな先生 保育士
    昔と違い、女性にも選択肢が増え様々な価値観がありどれが正しいのかは自分が納得できるかだと思
    でぶいも先生 保育士
    今は育休中ですが、実家が遠くて頼れる人が近くに居ないので短時間勤務で復帰したいと思っていま
    りお先生 保育士
    私は、夫の転勤で仕事を辞めた後は専業主婦を選択しました。
    専業主婦、暇だと思われがちですが
    たゆ先生 保育士
    私は、通勤時間に片道1時間かかり、保育園の預かり時間もあるため、短時間勤務で働いています。
    ゆか先生 保育士
    私は、ワンオペ育児の環境なので、第1に我が子!という気持ちからパートという選択肢にしました
    わか先生 保育士
    保育業界は特に育児との両立が難しく、中堅、ベテラン保育士が不足している我が市ではついに時短
    ぽんた先生 保育士
    私は、フルタイムパートのような感じで、保育士をしています。保育士の正規職員は、早番遅番、土
    なごみ先生 保育士
    いずれはフルタイムで働けるので今だけと思って時短勤務が体力的にも精神的にもバランスよく働け
    いちぽ先生 保育士
    フルタイムで復帰しますが、我が子の体調で急に休まなければいけないことや、平日しかできない用
    ちぃ先生 保育士
    両方の実家が遠いため、なかなか手助けもしてもらえないのでフルタイムは厳しいかなと思っていま
    あー先生 保育士
    なかなか家庭の事情でフルタイムで働けないけどやはり家計のことも思ったら少しでも収入がほしい
    たんぽぽ先生 保育士
    まだ子供が小さいのでフルタイムは無理という理由もありますが、精神的にも家事や育児や仕事にと
    すみっこ先生 保育士
    我が子のことを中心に。。と考えているので今のところフルタイムは考えていません。
    学校から子
    めい先生 保育士
    パートだったり時短勤務だったり、フルタイム以外にも働き方はありますよ。
    フルタイムと比べて
    まい先生 保育士
    子どもがまだ親の手が離れられないとか、いろいろとじしょうはありますよね。
    でも、子どもも成
    ことり先生 保育士
    身近にも、時短で働いている方がいますが
    逆にいつフルタイムに戻すかすごく悩むと言っていまし
コメントをもっと見る

仕事の関連記事

カテゴリ一覧