子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年09月06日

40代から始める!主婦の新しい仕事の探し方や取っておきたい資格とは

40代から始める!主婦の新しい仕事の探し方や取っておきたい資格とは

「子育てが落ち着いた」「40代を機に何か始めたい」といった理由から、新しく仕事を始める主婦も多いようです。子育てや家事と両立しながら、40代の主婦の方はどのような仕事を選べば良いのでしょうか。40代から仕事をスタートさせた主婦の方々の体験談をもとに、仕事探しの方法や取っておきたい資格などをご紹介します。

40代主婦の仕事探しのポイント

主婦業と両立できる仕事を選ぶ

主婦がキャリアをリスタートさせることは、必然的に主婦業と仕事の両立が始まることになります。

実際に40代で新しい仕事に就いた主婦の多くの方が、仕事を見つける際には家族のことを中心に考えて、自宅や子どもの学校との距離が近い職場を選んだり、シフトの融通が利く仕事を選んだりしているようです。

自宅から近い場所に職場があれば、家族に何かあったときにすぐに駆けつけられ、余裕を持ったシフトが組むことのできる仕事であれば、子どもの学校行事などに合わせて休むことが可能です。

また、勤務時間に関してもまずは短時間から仕事をスタートさせるなど、時間にも心にも余裕を持った仕事に就くことが、仕事を長く続けることのできるコツです。

一歩踏み出す勇気があれば大丈夫

40代で仕事を始めたいと思っても、決断するまでに時間がかかるかもしれません。年を重ねてからの就職活動で特に不安なのが、前職からのブランクがあること。

結婚して出産をして、育児に専念している時間は自分のなかでは短く感じても、社会的にはその期間が長かったことを感じるかもしれません。結婚退社後、十数年しての就職に不安を感じる主婦の方も多くいます。

でも大切なのは、一歩踏み出す勇気があること。長い年月を要して培ってきた経験は、若い人にはない落ち着きや人との接し方、判断力が身に付ついています。それが活かせる環境を見つけられたら、40代の主婦の方が社会復帰するのも身近なことでしょう。

仕事探しの方法

興味のあるお店に求人情報がないか確認

40代の主婦の就職活動は、自分の得意分野や興味があることから探してみるのがよいかもしれません。独身時代には興味がなかったことも、家事や子育てを通して興味がわいてきたものもあるかもしれません。

例えば、子育てを経験した主婦が、子どもに関わる仕事がしたいと、近所の児童館や支援センターで仕事を見つけたというケースもあります。それ以外にも、自分が普段から利用しているお店や施設などで得意分野や興味があることを仕事にする場合も多いようです。

もし、自分自身がよく訪れたり利用していたりしているお店などがあれば、そのお店に求人募集をしていないかどうか聞いてみるのもよいでしょう。

求人情報誌やインターネット

主婦 求人サイト

就職活動をする上で大切なことが情報収集です。求人の情報検索には二通りの方法があります。

ひとつはコンビニエンスストアやスーパーなどに置かれている求人情報誌。求人情報誌はいくつかあるので比較してみるのが良いでしょう。また、新聞と一緒に配達される求人広告は、情報誌よりもエリアが絞られた求人が掲載されています。

自分が住んでいる地域で仕事を探したい場合は求人情報誌やチラシが有効ですが、インターネットで検索するのも便利です。インターネットでは、住む地域、職種、年代など、いくつかの希望条件を絞り込んで検索をすることが可能。インターネットでも、自分に合った仕事が見つかる可能性もあります。

今からやっておくといいことは?

準備しておくと役立つこと

求人を募集している会社によっては、即戦力となる人を探している場合もあります。もし40代で就職をしたいという主婦の方が応募をしてきた場合、すぐに会社に適応して力となってくれることを期待されるかもしれません。

就職したら一日でも早く会社に慣れて仕事ができるよう、仕事を始める前からできることがいくつかあります。

まずはパソコンに慣れておくこと。多くの会社ではパソコンでの仕事が必要不可欠です。タイピング練習をするなど、準備をしておきましょう。

他にも、仕事を始めると、今までの生活リズムががらりと変わるため、柔軟に対応できる体力作りをしておくことも大切。

更に、仕事を始める際には自分のアピールポイントや強みを探しておきましょう。自分が得意としている分野や資格のアピールの他にも、やる気や真面目さ、柔軟性や積極性など、人としての利点も強調することも大切です。

とっておきたい資格とは

資格を持っていることは、どの年代でも就職をする上で強みです。仕事を始める前に新たに資格取得を目指すのであれば、医療や介護に関する資格(医療事務、ヘルパー、介護福祉士など)、子どもに関する資格(保育士、チャイルドマインダーなど)などが、年代を比較的問わずに募集がある分野かもしれません。

他にも建築CAD、Web設計など、少しハードルは高いですが、より専門性の高い資格が歓迎されることが多いです。自分自身が働きたい分野を考えておき、その分野で資格取得が有利に働くかどうかをあらかじめ調査しておきましょう。

仕事探しは40代からでも遅くない

40代主婦 資格

40代から主婦と仕事を両立させることに関して、躊躇する思いもあるかもしれません。

ただ、妻として、母として家庭の中の仕事に専念してきた時間は、マルチタスクをこなせるという意味では決してブランクではなく、新しく仕事を始める上でもプラスになることもあるのではないでしょうか。

40代から就職しても、この先20年は働くことができると考えれば遅くはありません。一歩踏み出す勇気を持って、自分に合う仕事や資格を探してみてはいかがでしょうか。

仕事の関連記事
  • new

    妊娠したけれど立ち仕事は大丈夫?先輩ママの体験談から対処法と働き方を学ぶ

    妊娠したけれど立ち仕事は大丈夫?先輩ママの体験談から対処法と働き方を学ぶ

    妊娠や出産は女性のライフスタイルが大きく変わる節目。今までのような仕事ができなくなるのでは?と不安になってしまう人も多いですよね。また、慣れ親しんだ仕事を退職した矢先に妊娠が判明し、今後の仕事をどう探したらいいのか悩んだケースも多く聞かれます。同じ経験をしたママたちはどのように乗り越えたのでしょうか?

  • new

    妊娠しても仕事をするママたちへ。妊娠初期、働くうえでの注意点や乗り切り方

    妊娠しても仕事をするママたちへ。妊娠初期、働くうえでの注意点や乗り切り方

    妊娠しても仕事を続ける女性は多く、職場環境さえ整っていれば、出産ギリギリまで働く女性が増えてきているようです。妊娠初期はまだお腹が目立たない時期。今回は、つわりなどの体調のトラブルが気になる妊娠初期の働き方、職場に報告するタイミングなど、先輩ママの体験談と共にご紹介していきます。

  • 2017年も後半。2018年おすすめのワーママ向きな手帳と使い方

    2017年も後半。2018年おすすめのワーママ向きな手帳と使い方

    2017年も半分が過ぎ、そろそろ2018年の手帳が店頭に並びます。仕事や家事・子育てに毎日なにかと忙しいワーママたちとって、スケジュールの管理をするための手帳は必需品であるでしょう。今回は紙の手帳を中心に、毎日を忙しく過ごすワーママに合った手帳をご紹介していきます。

  • 子育て中の主婦が家で稼ぐ在宅ワーク。パソコンを使うバイトや内職について

    子育て中の主婦が家で稼ぐ在宅ワーク。パソコンを使うバイトや内職について

    主婦をしながら家で稼ぐ方法が知りたい、子育てをしながら家でできる仕事を探したい、結婚や出産を機に内勤の仕事や在宅ワークを探す女性も多いのではないでしょうか。インターネットの普及により、内職やバイト(アルバイト)の種類が増えてきました。どんな仕事があるのでしょう。主婦が気軽にできる在宅ワークと、そのメリット・デメリットをあわせて紹介いたします。

  • 子育てと仕事で疲れたときの家事は?思い悩まずリラックスする方法

    子育てと仕事で疲れたときの家事は?思い悩まずリラックスする方法

    仕事が終わっても家事や子育てに追われる毎日で「疲れた」と感じたとき、みなさんはどうしていますか?家事も子育ても毎日続いていくことだからこそ、どのように気持ちを切り替えてポジティブな方向へ転換していけるのかを考えてみました。

  • 妊娠したら知っておきたい!産休と育休の違い。いつ手当てはもらえるのか

    妊娠したら知っておきたい!産休と育休の違い。いつ手当てはもらえるのか

    妊娠したらぜひ夫婦で知っておくべきことのひとつが産休や育休、そして産休中にもらえる手当てのこと。出産と産後の育児においてさまざまな費用が必要になるため、このような制度や手当てを有効に活用するのがおすすめです。ここでは、産休と育休の違いやいつ出産手当金がもらえるのかについてご紹介します。

カテゴリ一覧