子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年04月01日

子どもの入園・進級準備。ママが新年度前にやっておきたいこと①

子どもの入園・進級準備。ママが新年度前にやっておきたいこと①

送別会、卒業式、歓送迎会、お花見…3月から4月にかけてはイベントが急激に増え、忙しい時期ですよね。つい後回しになるのが「新年度に向けた準備」。子どもの入園や進級、職場復帰を控えているママや現在仕事しているママ。それぞれのシチュエーションに合わせて「早めにやっておくといいこと」「心がけること」を考えてみました。第一回目の今日は「子どもの入園・進級準備」についてお届けします。

この春、子どもが入園するママ

4月はプライベートな予定を入れすぎない

保育園、幼稚園の入園後は、保護者会など園関連のイベントが次々と入ってきます。役員や何かの係を引き受けることになればさらに…。また、お子さんが園に慣れるまで時間がかかることもあります。大泣きして園に入ってくれない、通園拒否するなど予想しなかったトラブルが発生する可能性も高いです。

また、「慣らし保育」で通常よりも早くお迎えすることが多い時期です。4月中は何かと落ち着かないことが多いので、今からプライベートな予定を入れすぎないように意識するといいかもしれませんね。

今から早寝早起きを訓練しておく

先生から口を酸っぱくして言われる「早寝早起き」。当たり前のことですが、子どもができているかというとちょっと難しい…。春休み中からリズムを作っておくと、入園してから親子とも楽です。

朝、子どもがすんなり服を着たり、ご飯を食べてくれるかというとそうでもないので、余裕をもったタイムスケジュールを想定しておきましょう。

特に第一子入園の場合には覚悟が必要?!

昨年、第一子が幼稚園入園した筆者。第一子ということもあり、何もかもがはじめて。まるで自分自身が幼稚園に入り直したかのような緊張感でした。それでいて子どもがどんな様子でも見守らねばならず、気が休まりませんでした。園の月間予定もその月に入ってから配られるため、仕事の予定が急きょ変更になり肩身が狭かったことも。

1学期は親も子も園生活に慣れるので精一杯、2学期は運動会やバザーなどイベントの嵐で疲弊。あっというまに3学期という1年でした。特に第一子入園のママは園によっては大変かもしれません。

子どもが進級するママ

園グッズの名付けを再チェック

入園当初はしっかり書いていた名前も、消えてしまったり剥がれてしまっていることが多いです。園生活に慣れてしまって名前を付けることについルーズになってしまうこともありますが、この春休み中に再度チェックする時間を持つとよいでしょう。気持ちよく新学期を迎えることができます。

今のうちに家事育児のタスク処理を

ついつい遠出したくなる長期休暇ですが、普段なかなかできない雑務をこなすのもけっこうすっきりします。もうすぐサイズアウトしそうな子どもグッズを買っておく、親子で歯科検診を受ける、興味のある習い事の見学に行くなど。

入園や進学の準備で慌ただしくなって終わってしまいがちな春休みですが、時間に余裕がある今のうちに普段なかなかできず後手後手に回ってしまったタスクを実行してみると、有益に過ごせると思います。

「早めの衣替え」がおすすめ

効率的なショッピングのために

子どもの入園など大イベントがなく比較的落ち着いているなら、やっておきたいのは「早めの衣替え」。子どもの服はサイズアウトしているかどうかを確認してから「どれくらい追加すべきか」をチェックしておくと、効率的にショッピングできます。もちろん、ママの春夏服もどんなものを持っていたか確認しておくと、同じテイストの服が増えることを防げます。

春らしいコーディネートで

春は突然気温が上昇する日もあるので、そんな日に夏服と組み合わせたファッションにすると冬のマンネリコーデからも脱却できて季節感のあるおしゃれが楽しめます。早めに子どもの半袖の服を出しておくと、目新しさに喜んで自分から着替えてくれるかも。長袖の上に半袖を重ねて着るコーディネートもできますね。

余裕をもって新学期を迎えましょう

どのシチュエーションにおいても、身の回りのモノや心の準備をしておくことで落ち着いた新生活を送れると思います。ママがどっしりと構えていられたら、子どもも安心して甘えられるはず。新学期が始まる前のこの期間、事前準備をしっかりして有意義にすごせたらいいですね。

家族の関連記事
カテゴリ一覧