男の子兄弟の育て方について。接し方や叱るときに意識したこと

男の子兄弟の育て方について。接し方や叱るときに意識したこと

ママたちが考える男の子の兄弟のよさ

年齢差のある男の子兄弟の育て方を考えたとき、長男や次男、末っ子に平等に接した方がよいのかや喧嘩をしているときの対応などについて気になっているママもいるかもしれません。今回は、男の子の兄弟の育て方や叱るときに意識したこと、ママたちが考える男の子の兄弟のよさなどについて体験談を交えてお伝えします。

男の子兄弟の育て方について気になること

男の子の兄弟をもつママは、普段の様子や育て方について気になることもあるのではないでしょうか。ママたちに、男の子の兄弟についての悩みを聞いてみました。

30代ママ
息子たちは私が『やらないでね』と言ったことを直後にしたり、危ないことをしたがったりする傾向があります。私は女性なので、息子たちが何を考えているのかわからないと感じるときがあります。
20代ママ
うちの兄弟は、ささいな原因での喧嘩が多いことに悩んでいます。言い争いだけでなく叩く、蹴るなどケガをしてしまいそうなときもあるので、どのように対応すればよいのか困っています。

ママたちは、男の子の兄弟に対してさまざまな場面で悩んでいるようです。他にも、兄弟が揃うと気が大きくなるのか、悪ふざけをしてしまうことが気になるという声もありました。

そこで、今回は男の子の兄弟の育て方についてママたちの体験談をご紹介します。

男の子の兄弟の育て方で意識したこと

兄弟
iStock.com/recep-bg

男の子の兄弟を育てるときは、どのようなことを意識すればよいのでしょう。ママたちに、普段意識していることについて聞いてみました。

上の子に頼る

20代ママ
兄弟に年齢差のある我が家では、簡単なお手伝いを頼むなど、長男に頼るようにしています。『助かったよ、ありがとう。さすがお兄ちゃんだね』などの前向きな言葉がけをすることで長男の自信に繋がってくれればと考えています。

男の子の兄弟への接し方として、上の子に頼ることを意識しているママがいるようです。ママのなかには、上の子が何かに夢中になっているときや友だちと遊んでいるタイミングは避けて頼んでいるという声もありました。

褒める

30代ママ
長男が次男や末っ子に対して優しくできたときなどに、『お母さんも嬉しいよ』とよく褒めるようにしています。できなかったことよりも、やってほしいことやできた場面に注目すると、そのようなときが増えるような気がしています。

兄弟で仲よくできたときや以前できていなかったことができたときなどに、よく褒めることを意識しているママもいるようです。できた場面に注目して子どもたちを褒めることで、仲よくしている方がママも喜ぶのだと子どもたち自身が感じられるかもしれません。

それぞれとの特別な時間を作る

30代ママ
長男と次男それぞれとの特別な時間を平等に作れるよう工夫しています。子どもたちに『ママは僕のことを大切に考えている』と思ってもらえるよう、それぞれの子が居ないタイミングに2人で楽しむ時間を設けています。

それぞれの子がママを独り占めできる時間を平等に作ることで、子どもの気持ちが満たされることもあるかもしれませんね。ママのなかには、それぞれの子どもと2人でいるときには思い切りかわいがることを意識しているという声もありました。

男の子の兄弟を叱るときに意識したこと

ママたちは、男の子の兄弟を叱るときにどのようなことを意識しているのでしょう。

具体的に伝える

30代ママ
子どもたちを叱るときは、できるだけ具体的に伝えるようにしています。『固い石を投げると誰かに当たってケガをするかもしれないから、やめようね』などとやってはいけない理由を短めにはっきり言うことを意識しています。

男の子の兄弟を叱るとき、なぜいけないのか具体的に伝えることを意識しているママもいるうです。理由を具体的に伝えることで「だめだよ!」と否定的な言葉だけを言うよりも、わかりやすく伝わるかもしれませんね。理由を伝えた後、やってほしい肯定的な言葉を伝えるようにしているというママの声もありました。

プライドを傷つけない

20代ママ
息子たちを叱るときは、プライドを傷つけないよう言い方に注意しています。『やりたかったんだよね。気持ちはわかるけど』とまず共感してから、説明することを心がけています。

男の子の兄弟を叱るとき、子どもの気持ちを尊重できるよう意識しているママもいるようです。ママのなかには、病院やお店など人が多い場所では大きい声で叱ることを避けているという声もありました。

パパから伝えてもらう

30代ママ
本当に子どもたちにわかってもらいたいときには、パパから直接伝えてもらうことにしています。我が家の場合は私が言うと甘えてしまうので、パパから話してもらった方が子どもたちも素直に聞けているようです。

男の子の兄弟を叱る場合、ママだけではなくパパから伝えてもらうのもよいかもしれません。他にも、子どもたちが悪ふざけをしてしまい、ママでは言うことを聞かないときはパパに叱ってもらうようにしているという声も聞かれました。

ママたちが考える男の子の兄弟のよさ

兄弟
iStock.com/jhorrocks

男の子の兄弟は大変だと言われることもあるようですが、同性ならではのよさとはどのような部分にあるのでしょう。男の子の兄弟のよさについて聞いてみました。

洋服や靴などをお下がりにできる

30代ママ
洋服や靴などをそのままお下がりとして使っていけるところが、同性の兄弟のよいところだと思います。年齢差があってもきれいに保管しておけば下の子のときに使えるため比較的経済的だと感じています。

同性の兄弟は、状態がよければ洋服や靴などをそのままお下がりにできるため経済的だと感じているママがいるようです。他にも、お昼寝用布団のカバーやお弁当袋など保育園グッズもお下がりとして使えたため、別のものを用意せずに済んだという声も聞かれました。

兄弟同士で遊んでくれる

20代ママ
男の子同士の兄弟のよさは、同じ遊びができるところだと思います。子どもたちだけで楽しそうにしている姿を見ると、私も嬉しくなります。

いっしょに同じ遊びを楽しめるところも、男の子兄弟のよさのようです。いっしょに遊ぶなかで喧嘩や仲直りを繰り返しながら、弟は頼りになるお兄ちゃんを尊敬し、お兄ちゃんは弟がかわいいと感じていくのかもしれませんね。

その子にあわせた育て方を考えよう

家族
iStock.com/kohei_hara

男の子同士の兄弟の育て方について、ママたちは喧嘩への対応や悪ふざけをするときなど、さまざまな場面で悩んでいるようです。年齢差はあっても平等に接することができるよう、長男や次男、末っ子とそれぞれ2人ですごす時間を作っているというママの声もありました。

ママにとって、ときに衝突しながらも兄弟同士で仲よく遊ぶ姿は微笑ましく、幸せを感じる瞬間なのではないでしょうか。元気でかわいい男の子兄弟の子育てを楽しんでいけるとよいですね。

2019年08月05日

家族の関連記事

カテゴリ一覧