子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

2018年07月02日

生後3ヶ月の赤ちゃんのひどい寝ぐずりについて。ギャン泣きする原因と対策方法

生後3ヶ月の赤ちゃんのひどい寝ぐずりについて。ギャン泣きする原因と対策方法

生後3ヶ月になり赤ちゃんがひどい寝ぐずりでギャン泣きが止まらないことに悩むママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、生後3ヶ月の赤ちゃんが寝ぐずりでギャン泣きするときに、ママたちが考えた原因や対策について体験談を交えて紹介します。

生後3ヶ月の赤ちゃんの寝ぐずり

生後3ヶ月の頃の赤ちゃんが寝ぐずりでギャン泣きするときは、どのような状況なのでしょう。ママたちがどのように感じたのか体験談を聞いてみました。

「うちの子は新生児期から寝つきが悪く、生後3カ月になっても、昼でも夜でも寝ぐずりしてひどいギャン泣きをするので悩みました」(20代ママ)

「抱っこで寝かしつけたとき、寝たと思って布団に下ろすとひどい声で泣き出すことがあります。寝ぐずりが続くとどうしたらよいのかわからず、不安になることもありました」(30代ママ)

生後3ヶ月の赤ちゃんは寝ぐずりするとひどい泣き方をすることもあるようです。ママたちは、赤ちゃんがひどいギャン泣きをすることに戸惑い、どうしたらよいのかわからず悩むのかもしれません。

【体験談】生後3ヶ月赤ちゃんが寝ぐずりする原因

生後3ヶ月頃の赤ちゃんが寝ぐずりしたりギャン泣きする原因について、ママたちはどのように考えたのでしょう。

お腹が空いている

「授乳で寝かしつけをするときに、赤ちゃんがおっぱいをあまり飲まないうちに寝てしまうと、ギャン泣きして起きてしまうことがあります。お腹が空いていたことが寝ぐずりの原因になったのかもしれません」(30代ママ)

生後3ヶ月の赤ちゃんは、お腹が空いていることでうまく寝れず、寝ぐずりすることもあるようです。しっかり授乳をしてお腹を満たしてあげると、赤ちゃんもぐっすり寝てくれるようになるかもしれません。

体に不快を感じる

Romrodphoto/Shutterstock.com

「ウトウトし始めたのに、急に寝ぐずりしてひどく泣くので、オムツを確認したらおしっこが出ていました。オムツを交換するとすぐに寝たので、オムツが濡れていると寝にくいのかなと思いました」(30代ママ)

「授乳後のゲップが出ていないまま寝かしつけをしたとき、うまく寝つけないようでひどく泣きだしました。ゲップを出せずにいたことが寝ぐずりの原因になったのかもしれません」(30代ママ)

生後3ヶ月の赤ちゃんはオムツが濡れていることや、ゲップをしていないことで不快を感じ、ひどい寝ぐずりをするようになるのかもしれないと考えたママもいるようです。暑かったり寒かったりすることも、赤ちゃんの寝ぐずりの原因となることもあるかもしれません。

生活音が気になる

「テレビの音や家族の話し声が気になると、うまく寝られないのか、寝ぐずりすることがあります」(30代ママ)

生後3ヶ月頃の赤ちゃんの寝ぐずりは、周囲の音が気になることも原因となるのかもしれません。夜寝かしつけるタイミングでパパが帰ってくると、物音や気配が気になるようで、寝ぐずりしたというママの声もありました。

生後3ヶ月の赤ちゃんの寝ぐずり対策

生後3ヶ月の赤ちゃんの寝ぐずりにはどのような対策があるのでしょうか。実際に、この時期の寝ぐずりに悩んだママたちに話をきいてみました。

しっかり授乳する

「寝かしつけ前に、たっぷり授乳することを意識してからは、寝ぐずりすることも減ったと感じています」(30代ママ)

生後3ヶ月の赤ちゃんの寝ぐずり対策にしっかりと授乳をしているママもいるようです。お腹が満たされていれば、赤ちゃんは寝ぐずりすることなく寝てくれるようになるかもしれません。

体の様子をチェックする

「寝かしつける前にオムツを交換して、さらに寝ぐずりをするときは再度オムツを確認するようにしました」(30代ママ)

「授乳の後すぐ布団に寝かせずに、ゲップをさせてから寝かしつけるようにしました。ゲップが出なくても、10分くらい赤ちゃんの様子やご機嫌を見てから寝かしつけ始めるように意識しています」(30代ママ)

赤ちゃんがスムーズに寝てくれるように、オムツを交換したり、ゲップをさたりと、赤ちゃんの不快なポイントを解消するといった対策するとよいかもしれません。

睡眠の環境を整える

iStock.com/si_arts

「赤ちゃんが眠りやすいように部屋の照明を落とし、他の部屋にいる家族にも話し声を小さくしてもらいました」(30代ママ)

「赤ちゃんの寝る部屋の温度や湿度を意識して、気持ちよく眠れるような対策をしました」(30代ママ)

赤ちゃんが気持ちよく眠れるように声のトーンを気にかけたり、部屋の温度や湿度を意識するといった対策をしているママもいるようです。他には、部屋の照明を暗くしたり、オルゴール音や静かな音楽を流したりしたというママの声もありました。

対策しても寝ぐずりが止まらないとき

抱っこや授乳をしても、寝ぐずりやギャン泣きが止まらず、ママもイライラすることがあるかもしれません。ママたちはどのように対応しているのでしょうか。

ママの気持ちを切り替える

「何をしてもギャン泣きが止まらないときは、気持ちを切り替えて無理に寝かせようとはしませんでした」(30代ママ)

無理に寝かせつけようとするのではなく、一度寝かしつけることをやめて赤ちゃんの様子に合わせるといった対処方法もあるようです。ママも気持ちを切り替えることで、赤ちゃんに前向きな気持で向き合えるかもしれません。

様子を見る

「生後3ヶ月の頃は寝ぐずりがひどく、ギャン泣きすることがあったのですが、10分程度そのまま抱っこして見守ってみました。しばらく泣いていたのですが、そのうちに泣き疲れたのか寝てしまいました」(30代ママ)

ひどいギャン泣きが始まったら、すぐに泣き止ませようとするのではなく、少し赤ちゃんの様子を見るといった対処をするママもいるようです。ママが一度落ち着いて赤ちゃんの様子を見ることで、状況に合わせた対処ができるかもしれませんね。

寝ぐずりし始めたら、赤ちゃんに合った対策を

iStock.com/Yagi-Studio

生後3ヶ月の頃は寝ぐずりをすると、ひどいギャン泣きにつながることもあるようです。ママたちは、授乳の量や赤ちゃんの体の不快感はないかなど、寝ぐずりする原因を考えて対策をしているようでした。赤ちゃんの合う対策を見つけて、寝ぐずりを解消してあげられるとよいですね。

家族の関連記事
カテゴリ一覧