お揃いでの家族写真の撮りかた。服やポーズなどお揃いにできるもの

お揃いでの家族写真の撮りかた。服やポーズなどお揃いにできるもの

お揃いの服を選ぶときのポイント

家族写真を撮るときに、夏にお揃いのTシャツを着るなどして思い出に残るような写真にしたいと考えるママもいるかもしれません。今回の記事では、家族写真でお揃いにしたものと、お揃いの服を選ぶときのポイントの他に、家族写真を撮るときのコツについてご紹介します。

家族写真を撮るとき

家族の記念日や旅行先などで家族写真を撮る機会もあるのではないでしょうか。家族写真を撮るときに気になることをママたちに聞いてみました。

30代ママ
今度家族写真を撮るのですが、せっかくの機会なので家族でお揃いをしたいと考えています。どのようなものをお揃いで用意したらよいのでしょうか。
20代ママ
家族でお揃いの服を着て写真を撮ることが私の夢なのですが、夫はお揃いの服を着ることに抵抗があるようです。お揃いの服が苦手な夫が着てくれるようなお揃いコーディネートがあれば知りたいです。
ママたちに話を聞くと、家族写真を撮るときにお揃いで用意できるものや、お揃いの服の選び方について気になる方がいるようです。ママのなかには、家族写真を撮るときのコツが知りたいという声もありました。

そこで今回は、家族写真を撮るときのお揃いについてママたちの体験談をお伝えします。

家族写真のためにお揃いで用意したもの

家族写真を撮るとき、どのようなものをお揃いにするとよいのでしょう。ママたちに家族写真を撮るときにお揃いで用意したものを聞いてみました。

30代ママ
うちは家族写真を撮るときにお揃いの服を着ました。家族でお揃いの服を着るのは気恥ずかしい気持ちもありましたが、でき上がった写真を見て思った以上に素敵な写真になったと感じました。
家族でお揃いの服を着るのはわかりやすいお揃いの仕方かもしれませんね。ママのなかからは、旅行先で家族写真を撮るときに、伝統衣装やおみやげ用に売っているTシャツを家族全員で着て、写真を撮ると盛り上がるという声も聞かれました。

小物

20代ママ
家族写真はさりげないお揃いをしたいと考え、お揃いの柄のリボンを用意しました。私と娘は髪飾り、夫は蝶ネクタイとして取り入れました。
ワンポイントで小物をお揃いにするのも素敵ですね。他には、スニーカーや帽子、伊達メガネなどお揃いで用意したというママもいました。

ポーズ

子どもにキスする親
iofoto/Shutterstock.com
40代ママ
夏に家族で海に行ったとき、海をバックに家族みんなでジャンプした写真を撮りました。みんなが自然な笑顔をしていてお気に入りの家族写真です。
家族でお揃いのポーズをすると一体感のある家族写真になりそうです。赤ちゃんにあわせて寝ころんでポーズをとったり、手をつないだりと家族でお揃いのポーズを考えるのも楽しいかもしれません。

家族写真でのお揃いの服を選ぶポイント

家族写真でお揃いの服を用意しようと考えるママもいるかもしれません。お揃いの服を選ぶときはどのようなことをポイントにしたらよいのでしょう。

全身お揃いにする

20代ママ
夏だったので、お揃いのTシャツにジーンズをあわせたコーディネートで家族写真を撮りました。シンプルな服装ですが、お揃いにすることで特別な家族写真になったと思います。
家族全員で全く同じ服装をして写真を撮ると特別な思い出になるのではないでしょうか。ママのなかには、年賀状用の家族写真を撮るために毎年、家族で干支の着ぐるみを着るという声もありました。

色や柄をあわせる

30代ママ
わが家は家族写真を撮るとき、服の色をカーキとホワイトに揃えました。夫は白のTシャツにカーキのチノパン、娘は白のTシャツにカーキのジャンパースカート、私はカーキのブラウスに白のパンツというスタイルにしました。
40代ママ
うちはチェックのトップスだけお揃いにしました。お揃いコーディネートに抵抗がある夫も1点お揃いは嫌がることなく着てくれます。
色や柄をお揃いにするコーディネートは、お揃いコーディネートが苦手な方も挑戦しやすいかもしれませんね。ママのなかからは、新しい服を買い足すことなく持っている服のなかでお揃いコーディネートを楽しむという声もありました。

テイストをあわせる

服
Africa Studio/Shutterstock.com
20代ママ
娘の入園の記念写真だったので、娘のワンピースにあわせて私と夫もセミフォーマルな服装を意識しました。娘のワンピースの色にあわせてパパのネクタイと私のコサージュを選びお揃い感を出しました。
家族写真を撮るときに、服のテイストをあわせるのもポイントのひとつかもしれません。ママのなかからは、公園での家族写真を撮るときはTシャツなど飾らない服装で、ナチュラルなテイストを意識したという声も聞かれました。

家族写真を撮るときのコツ

家族写真を撮るときはどのようなことを意識しているのかママたちに聞いてみました。

撮影方法を考える

30代パパ
旅行先などで家族写真を撮りたいときは、ミニサイズの三脚を持って出かけるようにしています。周りに撮ってくれる人がいなくても撮影できるようにと考えました。
家族で出かけたとき、パパやママがカメラマンになることが多く、家族全員での写真が撮りづらいと感じることもあるかもしれません。自分たちだけで撮影できるようなグッズを持ち歩くのもよいかもしれませんね。

特別な家族写真はフォトスタジオで撮影したり、出張カメラマンを依頼したりするというママもいました。

子どもがぐずらないような工夫をする

30代ママ
家族全員が笑顔の写真を撮りたいので、子どもの機嫌のよい時間を選んで写真を撮るようにしています。万が一ぐずってしまったときのために、お気に入りのおもちゃやおやつなどを用意しました。
素敵な家族写真にするために子どもがぐずらないような工夫をしているママがいるようです。他にも、子どもと遊びながら撮影し自然な笑顔を写真に収めるという声もありました。

お揃いを取り入れて素敵な家族写真を撮ろう

お揃いの服での家族写真
leungchopan/Shutterstock.com

家族写真を撮るとき、服や小物、ポーズなどをお揃いにしているようです。お揃いの服を選ぶときは、夏らしくさわやかにTシャツとジーンズをあわせるなどと全身お揃いにしたり、色やテイストを揃えたりするとよいかもしれません。

写真の撮り方なども考えて素敵な家族写真になるとよいですね。

2020年01月25日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧