妊娠中にママたちが作っていた料理は?時短レシピや簡単に作るコツ

妊娠中にママたちが作っていた料理は?時短レシピや簡単に作るコツ

妊娠中に料理するとき意識したこと

妊娠中にどのような料理を作ればよいのか、他のママたちがどのような料理を作っているのか、気になるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、妊娠中の料理作りでの困りごとや、料理をするときに意識したこと、簡単に作るコツやレシピなどをママたちの体験談を交えてご紹介します。

妊娠中に料理するとき

妊婦
YanLev/Shutterstock.com

妊娠をしているママの中には、料理について困っていることや悩んでいることがある方もいるのではないでしょうか。妊娠中のママたちに聞いてみました。

20代ママ
 妊娠中でつわりがあるので、料理を作ることを大変に感じます。妊娠中でも簡単に作れるレシピを知りたいです。
30代ママ
妊娠中なので体が重いのですが、上の子もいるので料理は作らなければいけません。簡単に作れて、妊娠中に必要な栄養もしっかりとれる料理があれば作りたいです。
 妊娠中はつわりなどの影響で料理すること自体を大変と感じるママもいるようですね。簡単に作れて、栄養のあるレシピを知りたいというママの声もありました。

妊娠中に料理を作るときに意識したこと

妊娠中のママたちが、料理をするときに意識したことを聞いてみました。

体調にあわせて無理をしない

30代ママ
具合が悪いときは、パパに料理を作ってもらい、私は休むようにしていました。パパもも「休んでいて」と言ってくれていたので、つらいときは甘えさせてもらいます。
20代ママ
午前中はつわりで動けない日が多かったです。料理を作るのはつわりがひどくない時間帯にするようにして、あまり立ちっぱなしにならないよう意識しました。
体調にあわせて他の家族に料理を任せたり、動ける時間だけ料理するようにしたママがいました。1日の中で、比較的体調のよい時間はいつなのかを考えて料理をすると、少し楽に感じるかもしれません。

アレンジしやすさを意識する

30代ママ
つわりで食べられるものは限られていたのですが、他の家族のことを考えて、アレンジのしやすさを意識して料理を作りました。ひき肉でそぼろをたくさん作っておいて、ご飯に混ぜたりオムレツの中に入れたりなど、一つの料理で複数のアレンジができると便利ですよ。
妊娠中に普段のように料理が作れないことを想定し、アレンジのしやすさを意識して料理を作るように心がけたというママがいました。子どもやパパなど、食べる人に応じてアレンジできるようなメニューだとよいかもしれませんね。

妊娠中の料理を簡単にするコツ

妊娠中は料理を簡単に作りたいと考えるママもいるかもしれません。ママたちが取り入れているコツを聞いてみました。

常備菜を作っておく

40代ママ
子どもが大好きなもやしのナムルをよく作っておきます。簡単に作れて、私も食欲がないときに食べれるので、我が家の便利な常備菜の1つです。時間があるときや体調のよいときに作ります。
常備菜を用意しておくと、いざというときに助かるかもしれません。多めに作ったときは、冷凍保存するようにしたというママの声もありました。

家電を賢く活用する

レンジ
Africa Studio/Shutterstock.com
20代ママ
 実母に電子レンジを使った料理をいくつか教えてもらったので、体調が優れないときは参考にしていました。お手軽に1品作れるので助かりました。
電子レンジや電子圧力鍋など、時短家電を積極的に使っているママがいました。家族が多いので、ホットプレートを活用して複数の料理を一気に作るようにしていたというママの声もありました。

ミールキットを使う

30代ママ
ネットで注文できるミールキットを活用しています。買い物の手間もはぶけて、下ごしらえが済んでいるので、調理時間も短く助かっています。
ミールキットは、買い物の手間や調理の手間がはぶけて妊娠中の料理を楽にしてくれそうです。献立を考えなくて済むのも嬉しいかもしれませんね。

ママたちが妊娠中に作っていた簡単料理のレシピ

妊娠中のママたちが実際に作っていた、簡単料理のレシピをご紹介します。

小松菜しらす丼

30代ママ
みじん切りにした小松菜としらすをめんつゆとごま油で味付けしたら、炊いたごはんにのせて完成です。ボリュームがほしいときは塩コショウで炒めた豚肉もあわせると、パパももりもり食べてくれます。
 ワンプレートで作れる料理は、家にあるものをアレンジして簡単に作れそうですね。洗い物も少ないので、後片づけも楽になりそうですね。

ネギだれ蒸し鶏

30代ママ
耐熱容器にフォークで数カ所穴をあけた胸肉を入れ、酒を入れて電子レンジで加熱します。刻んだネギ、砂糖、生姜、ごま油、ポン酢をあわせたタレを、薄く切った蒸し鶏にかけてできあがりです。パパも娘も大好きな1品です。
電子レンジを活用すれば調理時間も短く、簡単に作れそうです。タレをアレンジすることで、いろいろな味で楽しめそうです。

ほうれん草とキノコの豆乳鍋

20代ママ
ほうれん草、キノコ、ネギ、白菜、鮭などの食材を食べやすい大きさに切り、鍋に入れて、食材に火が通ったあと、豆乳を入れれば完成です。作るのも簡単で体もあたたまるので妊娠中はよく作っていました。
さまざまな食材を食べることができ、体が温まるので、妊婦さんには嬉しいメニューかもしれません。季節の野菜やお肉、魚などを入れて食べれば、家族みんなで楽しめそうです。

妊娠中は体調にあわせて無理せず料理しよう

キッチン
Africa Studio/Shutterstock.com
妊娠中は、体調の変化などで料理するのが大変なときもあるかもしれませんが、パパや他の家族に作ってもらったり、時短家電を取り入れたりして、簡単に調理できるようにするとよいでしょう。おいしいと感じるメニューを取り入れながら、無理なく料理を作れるとよいですね。

2019年12月08日

専門家のコメント
4
    のの先生 保育士
    冬は、いろいろな種類の鍋つゆをストックしておきました。野菜をたくさん摂取することができるし、なんせ作り方がとっても簡単。そして味のバリュエーションが豊富なので毎回美味しく食べれます。

    悪阻や、身体がだるい時は無理をせずお弁当を買ってきたり、買ってきてもらったりして対応していました。

    いちぽ先生 保育士
    つわり中は、栄養関係なしに食べられるものを食べていましたが、落ち着いてからは、トマトスープにたくさん野菜を入れてよくたべていました。生野菜はたくさん摂取しないと大変なので。また糖分をとりたいときはさつまいもやフルーツの自然な甘さを意識しました。
    ゆか先生 保育士
    悪阻がひどくて安定期まではほとんど台所にたてませんでした。
    それでも調子のよいときはスープや炒め物を作ることが多かったです。
    煮物は醤油の臭いがダメで全く作れませんでした💦
    あとは焼き魚とフルーツを多めに取っていました。
    生魚は食べないようにしていたかな~。
    はっぱ先生 保育士
    つわりの時は匂いが敏感になってしまい、お肉の調理やお味噌汁の香りが苦手で…
    電子レンジで蒸し野菜を作り、ご飯はいないうちに予約で炊いておく。
    あと、炊飯器や電子レンジで作れるおかずをフル活用しました。
    臨月は夏場だったので、生野菜に助けられました!

家族の関連記事

カテゴリ一覧