イヤイヤ期の子どもが着替えるコツやママが意識したこと

イヤイヤ期の子どもが着替えるコツやママが意識したこと

子どもが着替えを嫌がるシーン

イヤイヤ期の子どもが着替えを嫌がることに困ったり、着替えのコツが知りたいと思ったりしているママもいるかもしれません。今回の記事では、子どもが着替えを嫌がるシーンや、着替えるときのコツと、イヤイヤ期の子どもの着替えでママが意識したことについてご紹介します。

イヤイヤ期の子どもの着替えで気になること

イヤイヤ期の子どもは着替えを嫌がることもあるかもしれません。イヤイヤ期の子どもの着替えについて気になることをママたちに聞いてみました。

2歳児のママ
イヤイヤ期なのか着替えることを嫌がって毎日大変です。どのようにしたら子どもの着替えがスムーズにできるのか知りたいです。
2歳児のママ
イヤイヤ期になってから子どもは何でも「やだ」と言うので疲れてしまいます。最近は着替えもスムーズに行かず焦ってしまうのですが、子どものイヤイヤ期をすごずために親はどのようなことを意識したらよいのでしょうか。
ママたちに話を聞くと、イヤイヤ期の子どもの着替えをスムーズにするコツや、イヤイヤ期をすごすために親が意識することなどが気になるようです。

ママのなかからは、子どもはどんなときに着替えを嫌がるのか知りたいという声もありました。

そこで今回は、イヤイヤ期の子どもの着替えについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

イヤイヤ期の子どもが着替えを嫌がるシーン

イヤイヤ期の子どもはどのようなとき着替えを嫌がるのでしょう。ママたちに子どもが着替えを嫌がるシーンについて聞いてみました。

1歳児のママ
朝起きてパジャマから洋服に着替えるために服を脱がそうとすると「やだ」、服を着せようとする「やだ」と言って着替えに時間がかかります。イヤイヤ期なので仕方がないと思っているのですが、毎朝この繰り返しで疲れてしまうこともあります。
イヤイヤ期の子どもが朝の着替えを嫌がることがあるようです。ママのなかには、朝起きるとおもちゃで遊び始めてしまい、着替えを嫌がっている様子があるという声もありました。

お風呂上がり

風呂上がりの子ども
Rawpixel.com/Shutterstock.com
2歳児のママ
お風呂から上がると裸のまま走り回ってなかなかパジャマを着てくれません。私が追いかけるとケラケラ笑って逃げ回っているので風邪を引かないか心配になります。
お風呂上がりに服を着てくれずに困っているママがいるようです。ママのなかからは、自分で服を着ようとしたとき、体が湿っていてうまく服が着られないと服を着たくないと言うという声もありました。

イヤイヤ期の子どもと着替えをするコツ

イヤイヤ期の子どもが泣いたり嫌がったりせずに着替えるためには、どのようにしたらよいのか気になるママもいるようです。ママたちに着替えるときのコツについて聞いてみました。

子どもの着やすい服を用意する

2歳児のママ
自分で何でもやりたがるようになったのですが、うまくできないと機嫌が悪くなることがあるので、子どもが自分で着やすい服を用意するようにしました。ゆったりとした作りの服は、すんなりと脱ぎ着できて私が手助けをしなくても着替えやすそうです。
自分でやりたいという思いを叶えてあげられるように、子どもが自分で脱ぎ着のしやすい服を用意したママがいるようです。ママのなかからは、ボタンつきの服を選ぶときボタンの大きさや形など、子どものやりやすさを意識しているという声も聞かれました。

自分で服を選ばせる

3歳児のママ
うちの子は最近、私が服を用意しても着替えるのを嫌がるので自分で服を選ばせるようにしました。トップスとボトムスの組みあわせがおかしいと思うこともありますが、子どもが選んだものに口出しはしないように気をつけています。
子ども自身の好みなども出てくるようで、自分で服を選ばせるようにしているママもいるようです。他には、何パターンかのコーディネートを用意してそのなかから子どもに選んでもらうというママの声もありました。

子どもがやる気になるような声かけをする

ママと子ども
szefei/Shutterstock.com
2歳児のママ
子どもが着替えるときはパパと競争をします。私が実況をして子どもの競争心を掻き立てながら楽しく着替えられるように工夫しました。
3歳児のママ
子どもが着替えを嫌がるときは、「さあ、変身するぞ!準備はいいかな?」と声かけます。ヒーローが好きな息子は張り切って着替えを始めます。
イヤイヤ期の子どもも思わず着替えたくなるような声かけで、楽しく着替えができるとよいですね。ママのなかからは、歌を歌いながらや効果音をつけながら着替えをするという声も聞かれました。

子どもの着替えでママが意識したこと

イヤイヤ期の子どもの着替えをするとき、ママはどのようなことを意識するとよいのでしょう。ママたちに、子どもの着替えで意識したことを聞いてみました。

時間に余裕をもたせる

1歳児のママ
子どもがイヤイヤ期のうちは着替えに時間がかかると考えて、余裕をもった時間配分で予定を組むようにしました。余裕があると子どもの着替えに時間がかかっても、おおらかな気持ちで見守れます。
時間に余裕があると気持ちにも余裕ができるかもしれませんね。ママのなかには、子どもの着替え時間もスケジュールに入れ込むという声もありました。

できたときは褒める

3歳児のママ
子どもが着替え終わったときは「上手に着替えられたね」などときちんと褒めるようにしています。子どもと目線をあわせて、毎回いろいろな言葉で褒めるようにしています。
子どもができたことに対してはきちんと褒めてあげたいですね。ママのなかからは、着替え終わったら抱きしめるという声も聞かれました。

子どもの気持ちを尊重する

3歳児のママ
子どもがどうしても着替えたくないと泣いて嫌がるので、パジャマのまま保育園に行きました。保育園に着いたら気が済んだのか、教室に入るとすぐに服に着替えていました。
子どもが着替えたくないときは、着替えずにいるのも方法のひとつかもしれません。ママのなかには、病気やケガなどの心配がなければ子どもが着替えたくないときは着替えないという声もありました。

子どもが着替えたくなるような工夫をしよう

男の子
leungchopan/Shutterstock.com

イヤイヤ期の子どもは、朝やお風呂上がりなどに着替えを嫌がることがあるようです。子どもとスムーズに着替えをするには、子どもの着やすい服を選んだりやる気になるような声かけをしたりすることなども、コツかもしれません。

ママは時間に余裕をもたせるなどを意識して、イヤイヤ期の子どもが着替えたくなるような工夫ができるとよいですね。

2019年11月13日

専門家のコメント
9
    ことり先生 保育士
    実況中継、よくやります。 服の着方を教える際に 大きなトンネルから頭を出して… 長いトンネルに手を入れて… とそんなふうに楽しくなるように声をかけているのですが それを使って 「さぁ、大きなトンネルから頭はでるでしょうか?!」「〇〇くんの頭、出ました!!」など 盛り上げつつ、 こっそり服を広げたりして、やりやすいようにお手伝いします。 コツは、手伝っていることを悟らせず でもうまくいくようにアテンドすること。 時間がなくとも、「自分で!」となったらさっと引いてやらせること。 それがスムーズに進めるコツかなと思います。
    かか先生 保育士
    我が家は競争システム。 イヤイヤだったり、裸で駆け回ったり… でも「どっちの方が早いかなぁ⁉︎ヨーーーーーイスタート!!!!」と掛け声と共に、用意していた服の元へまっしぐら、一緒にお着替えしながら、お母さん負けそう!早いなぁ!と持ち上げるとあっという間に着替えてくれてます。今のところです^ - ^
    かな先生 保育士
    時間がない時の着替えイヤイヤ、本当に困りますよねf^_^; 時間がないと、ついつい無理やり着せちゃって大泣き大暴れ…何度も経験しました(;゜0゜) そんな私ですが、時間と心に余裕がある時だけでも付き合ってあげたいな、、と試行錯誤した結果、うちの子や保育園の子どもたちに効果があったのは、着替え終わったあとの楽しみを作ること☆ おやつ食べよっか! 公園行こっか! お散歩行こっか! なんでもいいです^_^お子さんの大好きなことを提案して、その気になったら、 じゃあお着替えしてから早く行こう♡ と誘うと、その後の楽しみに気持ちが向いてすんなりと着替えてくれることも多かったです! でも幼い子どもといえど、そんなワナにはのらないぞ!な気分の頑なな日ももちろんあります(笑) うまくいかなかったら矢継ぎ早に次の作戦へと移行しましょう♫ 大好きなお人形を使って誘ったり^ ^ 大好きな歌に合わせて着替えたり^ ^ その時その時によって子どもの心をくすぐるものは違うと思います。 子どもたちのハートを掴める技をたくさん見つけられるよう、いろいろ試してみてくださいね♡
    うーちゃん先生 保育士
    ちょうどイヤイヤ期と言われる子どもたちを担当していますが、 イヤイヤの本音、と言いますか、何をいやだとその子が言っているのかを考えながら接しています。 朝、保育園行きたくない、ママと一緒に居たかった、でイヤイヤなのか、 自分でしたかったのに~でイヤイヤなのか、など。 『ママと一緒がよかったのね』 『○○ちゃんがしたかったのね』と声をかけて気持ちを代弁してあげるだけでも、気が済んで次の行動へ移れたりします。 イヤイヤ期でも必ずそこには理由があるので、子どもの心に寄り添ってあげて、気持ちの立て直しを手伝ってあげるとスムーズに行くことが増えると思います😊
    とも先生 保育士
    イヤイヤ期のお着替え、大変ですよね。 子どもに自分の服を選ばせたり、ズボンから脱ぐ?シャツから脱ぐ?など、子ども自身が選択する場を設けるのがおすすめです。イヤイヤ期は子どもが一人の人として自我があるんだと主張する場です。 選択するという行為は、そういった子どもの気持ちを満たすことにもなるので、ぜひやってみてください。 また、自分でできるようになった子も、時にやってもらいたいと甘えたい時があります。そうした気持ちに寄り添って、今日は一緒にやろうか?ママ(パパ)が手伝おうかと提案するのも良いですよ。
    ぷん先生 保育士
    イヤイヤ期の着替えシーンでの実況中継や競争、園でもよくやりました(^^) また、子どもの自信につながるよう自分で出来た!と達成感を感じられるようさり気なくフォローするように心掛けています。 イヤイヤ期のイヤイヤの理由はその日その日で違うこともよくあります。なので、2歳児クラスを受け持つ時は複数の対応策や時間の余裕をもてるよう園でも工夫していました。 今頑張ってお子様と向き合っていらっしゃる保護者の方が、振り返るとフフッと笑えるイヤイヤ期の思い出になりますように(^^)
    める先生 保育士
    服を2着用意し、どっちがいい?と、子どもに聞くのもいいと思います!忙しい朝などは特に早く早く!となってしまうかもしれませんが、そうなると子どもは余計にやだやだがヒートアップしてしまいます。 どうしても、やだやだが収まらない時ははっきりと、〇〇着たら、△△して遊ぼうねと伝えてもいいと思います。そのとき、大人がニコニコしてしまうと子どもは混乱しますので、しっかりと伝えたい時は目を見て短くハッキリと!伝えるのが良いですね。
    よっしー【シッター】 保育士
    天候にあった2着から自分で選んでもらう方法は、よく使います。 選ぶ時点で既に【着替える】気持ちになるので、その後も自分から手を動かしやすくなりますよ。 お子様を【着替える】気持ちにさせる方法、いろいろ試してみてくださいね。
    ちろちぃ先生 保育士
    イヤイヤ期のお着替え大変ですよね… 子どもに服を選んでもらうこととってもいいと思います! 自分で自分で!も主張があると思うので、自分でできた風にさり気なくお手伝いをするのもいいかもしれませんね!大げさに自分で出来てえらいねー!と褒めてあげたら少しスムーズにいくかもしれません(^^)
おすすめユーザーのコメント
1
    SB
    朝やお風呂以外にも、例えば外に出かけるときの上着や帽子の脱ぎ着を嫌がることがありました! 夏場に汗をかいて着替えて欲しいときなど着替えるシーンってたくさんあるので大変ですよね。余裕があるときは少し待ってみたり…しました。 それでもうまくいかないときもありましたが😭

家族の関連記事

カテゴリ一覧