【まめと私】第56回 親子で勉強になりました

【まめと私】第56回 親子で勉強になりました

<毎月第1、第3水曜日更新>【まめと私】イラストレーターの横峰沙弥香さんの連載第56話です。

横峰沙弥香
まめと私56_横峰沙弥香
魚の切り身の元の姿を知ることはちょっと楽しい。
見た目と味とのギャップに驚いたり
こんなに大きくて怖い顔をした魚を自分が食べる!という興奮にうち震えたりというのは
元の姿を知っているからこその楽しみ。
食の楽しみ方は多ければ多いほど良いよね。

しかしまだ幼いまめは
水族館で見る魚と加工されたスーパーの生鮮食品は結びつかない様子だったので
「時期が来たら色々教えてあげよう」とのんびり構えていたわたし。

そんなまめを開眼させたのはよく行くスーパーの鮮魚コーナーでした。

そのスーパーの鮮魚コーナーは
切り身のみならず
そのままの姿をした魚たちも豊富に取り揃えられており
更には生きたサメやらスッポンが発泡スチロールの中で泳いでいたり
クエ丸ごと一匹なんかが唐突に置いてあったりする
大人の私でも心ときめくプチアミューズメントコーナー。

そこで働いているノリの良いおじさんが
魚に興味を持っている子どもを見ると
魚と、その食べ方の説明をしてくれるもので
まめはすっかりファンに。

サメは食べられること
白身で美味しいこと
マグロはすごく大きくて目に栄養があることなどなどを教えてもらい
その度に嬉々として私に報告してくれるのですが
ふと
これって私が教えたところで
果たしてここまで吸収することができたかしらと思ったのです

きっと魚を食材として扱うプロが教えてくれたからこそのわかりやすさと楽しさで
まめは水族館で得る知識とは違うアプローチで魚を知ることができたんだろうなと。

そしてまめは
相変わらず偏食気味ながらも魚にだけは歩み寄りを見せるようになりました。
知ると食べてみたくなるらしい。
No Image

横峰沙弥香

まめと私の記事一覧(バックナンバー)

イラストレーター。2015年に生まれた3歳の息子まめくん(愛称)とのほっこりかわいらしいエピソードを連載。2017年8月に第二子ゆめこさん(愛称)を出産し、連載にも登場し横峰家の子育てや家族のエピソードを執筆。Instagramでは30万人以上のフォロワーで人気沸騰中。新刊に「まめ旅inハワイ」(光文社)を発売中!

2019年08月07日

専門家のコメント
10
    もえ先生 保育士
    本物に触れる環境が近くにあるのは素晴らしいですね!
    ゆう先生 保育士
    大人になってから勉強になることは溢れていますよね!今更ながらでも感心してしまうことが、日々
    ちー先生 保育士
    本物に実際に触れることは
    五感が刺激され、脳の活性化にもつながります。
    なかなか手間暇のか
    nt_2
    @ちー先生さん
    すごくいいお話ですよね、感心しました。 ちー先生のおっしゃるように、この時期になるべく本物にふれる体験をさせてあげるのは、大変だけど価値あることなんだろうなーと思いました。 子どもたちには、他にはどんな本物経験をさせられるかな?色々考えてみたいと思います😊
    いちぽ先生 保育士
    日々の生活の中の一コマも、子どもにとっては勉強になりますよね。
    学びに繋がりますね。
    こう
    ゆか先生 保育士
    確かに食卓に出てくる魚はほとんどが切り身ですね。
    実際はこんなだよーとか、目で見る楽しみが
コメントをもっと見る

家族の関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ