もう会えない、あの頃のあなたたち

もう会えない、あの頃のあなたたち

〜長いようで短い子育て期〜

「子どものこころが穏やかに育つ魔法の育児法」のタイトルで40000人以上、Facebook公式ページには20000人以上の読者を持つ、作家/子育てアドバイザーLICOさんの連載コラム第七回です。

LICO
娘の夜泣きに悪戦苦闘していたころ

「生後3ヶ月を過ぎると少しまとめて寝てくれるようになると思うよ」

というアドバイスを先輩ママからもらったことがあります。

その言葉を聞いて、「よし、この眠れない辛さも3ヶ月過ぎれば和らぐんだ。はやく3ヶ月になってほしい。今を飛ばして3ヶ月後にワープできたらいいのに」と、そんなことをわたしは願っていました。
生後3ヶ月を過ぎると、先輩のアドバイスのとおり少しまとめて寝てくれるようになった娘。

でも、わたしはその後2人の息子を出産し育てる中で、終わりがないように感じた辛い日々が過ぎてしまえばあっという間の出来事だったこと、そして、子どもたちが両手いっぱいでママを求めてくれる時期がいかに短い期間なのだろうということに気がつきました。
タブレットを見る女性
iStock.com/Yagi-Studio
とくにわたしが「子育ての期間は短い」としみじみ感じるのは、パソコンや携帯の中にある子どもたちの写真を眺めている時です。

写真の中にいる、小さかった頃の子どもたちに触れるたびに、わたしは1日1日が確実に過ぎてしまっていること、「今」この瞬間が次々と「過去」になってしまうことを痛感します。

そして、もう二度と自分は、子どもたちが生後1ヶ月の首も座らない頃に戻って彼らを抱きあげることができないし、2歳の頃の子どもたちの、カ行がタ行になってしまうあのたまらなく可愛い言葉を聞くことはできないことを、思い知らされるのです。
そして、気付くのです。

今、わたしの目の前にいてくれる子どもたちは、いつかわたしが過去を振り返った時にはもう二度と触れることのできない、今しか見ることのできない、子どもたちの存在なのだということに。
写真に残された頃の子どもたちのことを、もう抱きしめることはできません。
だからわたしは、目一杯、今目の前にいる子どもたちを抱きしめたいのです。
テディベアのぬいぐるみ
iStock.com/wachira aekwiraphong
子育てには、終わりがあります。
いつか必ず、私と子どもたちの間に別れの日がきます。
わたしはいつかこの手で子どもたちを抱きしめることができなくなるとわかっているからこそ。
いつかその名前を呼ぶことができなくなる日がくるとわかっているからこそ。
その名を呼べば振り返ってくれる距離で、子どもたちに触れることができる今が、子育てという期間が、愛おしくて尊くて仕方がないのです。
たいていのものはネットでなんでも手に入れることができる時代です。
注文したものがその日のうちに届くものもあるほど、便利で、速くて、ものが溢れています。
でも、どんなに会いたくなっても、どんなに声を聞きたくなっても、どんなに抱きしめたくても、もう、昨日の子どもたちには会えません。どこを探しても、お金をいくら積んでも、もう会えないのです。
長い長い道のりに感じるかもしれないこの子育てという山道は、人生の中では、瞬きをするような速さで過ぎてしまうものなのでしょう。
そして険しい道のように見えるこの道は、力を抜き、いらない荷物を降ろして空を仰げば、そこに今まで気づきもしなかった美しい青が広がっていることや、足元に咲く花を揺らすやさしい風が吹いていることに、気づくことができます。
子育てを終えてから「あぁ、あの時もっと抱きしめておけばよかった」と気づくよりも、子育ての最中に「今日の子どもには今日しか会えない」ことを多くの人に知ってもらえたらうれしく思います。
そうすれば、今日の子どもを、今日から抱きしめることができるから。
そして、その今日の連続が、子どもや家族の未来を作ると信じているからです。
公園で遊ぶ夫婦と赤ちゃん
iStock.com/Yagi-Studio
抱きしめてあげてください。今日の子どもたちを。
そして「大好き」と「ありがとう」を、たくさん伝えてあげてください。
みなさんとお子さんとの長いようで短い子育ての道のりが、鼻歌交じりの楽しいものでありますように。
No Image

LICO

LICOの執筆記事一覧(バックナンバー)

作家/子育てアドバイザーLICO(リコ)

「子どものこころが穏やかに育つ魔法の育児法」のタイトルで40000人以上、Facebook公式ページには20000人以上の読者を持つ、京都在住アメーバオフィシャルママブロガー。
「子育てを大変だと感じる本当の理由」「夜泣きするきみへ」「ママの毎日」などの記事が爆発的な人気となり、シェアがネット上で120万を超えるなど、その等身大の育児観は圧倒的な共感を呼ぶことに。

各種キュレーションサイトの2015年上半期アクセス数ランキングにおいて、ブログ記事が殿堂入りを果たす。ブログを通じてつながったママ達へのアドバイスが話題となり、各方面への講演会出演依頼が続出。2019年4月現在、8歳の娘、6歳、4歳の息子を育てながら、講演活動、育児雑誌や育児サイトなどへの記事連載など幅広く活動している。

著書に『おだやかママの幸せ子育て法』(シリーズ2冊)、『不安なあなたがゆっくりラクになるメッセージ』(すべて主婦の友社刊)。

2019年06月25日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧