【まめと私】第52回 無敵のネイビー

【まめと私】第52回 無敵のネイビー

<毎月第1、第3水曜日更新>【まめと私】イラストレーターの横峰沙弥香さんの連載第52話です。

横峰沙弥香
まめと私_横峰沙弥香
しばらく落ち着いていたはずのヨダレが再復活したゆめこ。
どうやらなかなかはえてこなかった奥歯がようやく顔を出したようです。
これによりヨダレが治ったと思って着せていた白い服や可愛い服が軒並みダメになってしまい
タイミングよく暖かくなってきたこともあって夏服を買い足しに行くことに。

欲しいのはヨダレ染みによる変色の心配がなく
食べこぼしにも強い
濡れても目立たない色。
ゆめこよりもヨダレの激しかったまめが小さかった頃の経験を思い出し、狙いを定めたのはネイビー。
黒もいいんですけど子ども用の服で真っ黒って意外と売っていないんですよね……

欲しいものが絶対に見つかるであろうと、サイズや種類も豊富な某大型子ども用品店へ出かけたのですが
不思議なことにどのお洋服もネイビーが少ないのです。
しかも80cm前後のお洋服のそれが顕著。

これはもしかして……

そういえばプレイルームなんかで見かける
ゆめこと同じくらいの子どものお洋服にもネイビーが多かった。
確かに2歳前後の子ども(ソースはまめとゆめこ)はヨダレのみならず

・駄々をこねて地面に転がる
・地面が土であろうが濡れていようが転がる
・自分で食べようとするもののとても下手
・だからといって食事用スタイを着けさせようとすると怒る
・そしてまた地面に転がる

などという行動が見られるため
どうしても汚れが目立ちにくい服を選ぶ必要性が出てきてしまい
結果ネイビーに集中しているのではないか!?

という誰でも思いつきそうな考察ではありますが
買うか買わないか迷った可愛い服がネイビーだったら迷わず買おうという指標ができました。
やった!
No Image

横峰沙弥香

まめと私の記事一覧(バックナンバー)

イラストレーター。2015年に生まれた3歳の息子まめくん(愛称)とのほっこりかわいらしいエピソードを連載。2017年8月に第二子ゆめこさん(愛称)を出産し、連載にも登場し横峰家の子育てや家族のエピソードを執筆。Instagramでは30万人以上のフォロワーで人気沸騰中。新刊に「まめ旅inハワイ」(光文社)を発売中!

ブログ:まめらいふ
Instagram:@sayakayokomine

2019年06月05日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧