飛行機での授乳。持ち物や座席の選び方、授乳するタイミングなど

飛行機での授乳。持ち物や座席の選び方、授乳するタイミングなど

タイミングや必須アイテムとは

飛行機での移動中、子どもに授乳したいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。なれない場所での授乳はママにとっても赤ちゃんにとっても難しい場合もありますよね。今回は、飛行機の中でスムーズに授乳するポイントについて周りのママたちに聞きました。

飛行機で授乳したいとき

帰省や旅行のときなど、赤ちゃん連れで飛行機に乗るママもいるかと思います。赤ちゃんがお腹をすかせたときや泣き出したとき、いつものように授乳をしたい場合もあるでしょう。

限られたスペースの中でスムーズに授乳をしたり、赤ちゃんのお世話をするにはどうしたらよいのでしょう。授乳するタイミングやグッズなど、飛行機に乗る前に抑えておきたいポイントについて調査しました。

【体験談】飛行機で授乳するために気をつけたこと

飛行機の中で授乳をするにはどのような部分を気にかければよいのでしょう。

授乳グッズ

授乳グッズ
iStock.com/Yhounie

「飛行機の中で泣き止まなかったときの最終手段は授乳しかないと思い、授乳ケープは忘れず持っていきました」(30代ママ)

「子どもの気分によって母乳かミルクかが決まるので、授乳服を着て搭乗し哺乳瓶など授乳グッズはすべて機内に持ち込みました。結局どちらも必要になったので準備しておいてよかったです」(20代ママ)

赤ちゃんがぐずったときでも対応できるよう、授乳ケープや授乳服などのグッズは必須アイテムだったというママの声もありました。ミルク授乳の場合は手荷物が少し増えるかもしれませんが、もしものときのためにも持っておくと安心かもしれませんね。

授乳するタイミング

「離着陸のタイミングにあわせてミルクをのんで欲しかったので、搭乗前の授乳は少し間隔をあけて子どものお腹がすくようにタイミングを調整しました」(30代ママ)

「母乳よりミルクの方がよく眠る子だと感じていました。そのため、離陸するときはサッとあげられるよう母乳に、飛行機をおりてから目的地までは移動時間も長くお昼寝してほしかったので、着陸のときはミルクをあげるなど使い分けていました」(30代ママ)

気圧の変化で耳が痛くならないよう、離着陸のタイミングで授乳をしたママもいるようです。赤ちゃんによって異なりますが「お腹がすいたときじゃないと授乳できない」という場合などは、授乳のタイミングを気にかけられるとよいようです。

席の選び方や体勢

飛行機の座席
iStock.com/AwaylGl

「搭乗中に母乳をあげることもあるかなと思い、人目につきにくい窓際の席を予約しました」(30代ママ)

「限られたスペースでも授乳できるよう、飛行機に乗る前から少しずつ縦抱っこしながらの授乳を練習してました。横抱っこのときよりも楽な体勢でできたのでやりやすかったです」(20代ママ)

「授乳しやすいよう二人席を選びました。隣に夫が座り子どもは私や夫の膝の上で授乳できたので、周りを気にせず授乳できました」(30代ママ)

授乳のしやすさを考えて座席選びをしたり、授乳中の体勢を気にかけたママもいるようです。多くの場合飛行機の中には授乳室はありません。予約時に座席をある程度選べるなら、周りを気にせずにすむような場所を選んでみるのもよさそうですね。赤ちゃんやママが負担にならないよう授乳の体勢なども見直してみてはいかがでしょうか。

飛行機でのおむつ替えや泣き出したとき

泣いている赤ちゃん
iStock.com/Suriyapong Thongsawang

飛行機での授乳以外にも、おむつ替えや泣き出したときの対処法も気になりますよね。ママたちの声を参考に事前に準備してきたいポイントについて調査しました。

飛行機でのおむつ替え

「飛行機の中で子どもがうんちをしたのでトイレでおむつを交換しました。後ろ側の席をとっていたのでトイレにも入りやすかったです」(30代ママ)

「着陸のベルト着用サインが出る前にトイレにいっておむつ替えをしました。待っている人もいたので、次からは他のお客さんが動き出すよりも早めにトイレに行こうと思います」(30代ママ)

おむつ替えをしやすいように座席はトイレ近くを選んだママもいるようです。着陸のタイミングでおむつを替える場合、混みあっていて赤ちゃん自身や他の人を待たせてしまう可能性も考えられます。ゆとりをもっておむつ替えができるよう早めに行動できるとよいかもしれませんね。

飛行機で泣き出したとき

「子どもが泣き出したときはCAさんが声をかけてくれ、後ろ側の少し広いスペースで過ごさせてもらえました。私が立って移動することで子どもの気もまぎれたようで、しばらくしたらお昼寝してくれました」(30代ママ)

「子どもがぐずらないようおもちゃを持っていきましたが、自由に動き回れないのが嫌なのか途中で泣き出したことがあります。少しもたたないうちにCAさんがおもちゃを持ってきてくれてすぐに泣き止み、助かりました」(20代ママ)

赤ちゃんが泣き出さないようおもちゃなどを持ち込んでいても、飛行機の中でぐずってしまう場合もあるようです。少し場所を移動したり機内のおもちゃを渡したら落ちついたという声もあるので、CAさんに相談してみるのもよいかもしれませんね。

事前準備で飛行機の旅を快適に過ごそう

機内で寝ている赤ちゃん
iStock.com/yaoinlove

飛行機の中は座席の距離が近い場合もありますが、授乳に困らないよう周りのママはさまざまな工夫をしているようです。座席選びを気にしたり授乳ケープや授乳服などの持ち物を忘れずに用意するなどし、飛行機の中でも安心して過ごしていけるとよいですね。

2018年12月31日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧