入園祝いに贈るメッセージ。手紙を贈るときのポイントや工夫、文例

入園祝いに贈るメッセージ。手紙を贈るときのポイントや工夫、文例

おめでとうの気持ちが伝わる言葉やカード

入園を迎える子どもや親御さんにお祝いのメッセージや言葉を贈りたいと考えるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、入園メッセージを手紙やカードに書くときのポイントや文例、おめでとうの気持ちがより伝わる工夫など、ママたちの体験談をもとにご紹介します。

入園祝いのメッセージ

保育園や幼稚園への入園を控えている子どもや親御さんに、入園のお祝いのメッセージを贈りたいと考えているママやパパもいるのではないでしょうか。親戚や身内、友人など、関係性にあわせて贈る言葉やメッセージの内容など、どうすればよいのか気になることもあるのかもしれません。

これから入園を迎える子どもに、保育園や幼稚園での生活が楽しみになるようなメッセージを贈ってあげたいですね。入園のメッセージはどのような内容で、どのような方法で贈るとよいのでしょうか。

入園メッセージを贈るときのポイント

入園の記念にメッセージを贈るときには、どのようなことに意識をすればよいのでしょうか。ママたちが意識したポイントを聞いてみました。

おめでとうの気持ちを伝える

「入園を迎えるということは子どもにとっても親にとっても嬉しいことだと思ったので、入園が楽しみになるような前向きなメッセージを贈りました」(30代ママ)

「自分の子どもが入園を迎えたとき、親戚から心の込もったメッセージをいただき、嬉しかったことを覚えています。入園を迎える子どもの成長や様子を思い浮かべながら、おめでとうの気持ちが伝わるように贈りたいなと思いました」(20代ママ)

心の込もったおめでとうは受け取った側もとても嬉しいものかもしれませんね。自分ならどのようなメッセージが嬉しいのか、相手はこの文章を読んでどのような気持ちになるのか、さまざまなことに想像をめぐらせながら考えたというママの声もありました。

入園式までに余裕のある日程で贈る

「入園式の2週間前には到着するよう前もって準備しました。入園式の日程を事前に確認し、便箋やメッセージカードの準備を早めにしました」(20代ママ)

入園式の前は、入園の準備や春休みなどがあり、忙しい時期かもしれません。贈る相手が困ることがないよう、入園式までに余裕を持って贈るようにするとよさそうです。電話をして入園式の日程を直接確認したというママの声もありました。

入園のお祝いに贈るメッセージの文例

入園のお祝いに贈るメッセージはどのような言葉でまとめればよいのでしょうか。入園する子ども宛と、親御さん宛の文例ををそれぞれご紹介します。

子ども宛のメッセージの文例

赤い封筒
iStock.com/simarik

「入園おめでとう。ようちえんでたくさんのことを経験して大きくなってね。またあったときにお友だちの話もきかせてね」

「入園おめでとう。あんなに小さかった◯◯ちゃんがようちえんに入園するまでに大きくなったのかと、感動しています。お友だちとなかよく遊んで、たのしく通ってね」

子ども宛のメッセージは、子どもがわかるやさしい言葉で書くのがよいかもしれません。幼稚園や保育園が楽しい場所であるようにという願いが込められると、より素敵なメッセージになりそうです。

親御さん宛のメッセージの文例

「この4月に幼稚園にご入園とのこと、おめでとうございます。小さい頃、よちよち歩いていた姿が昨日のことのように思い出されます。お子様の健やかな成長をお祈りいたします」

「いよいよ4月には保育園に入園するのですね。入園おめでとうございます。まだ幼かった日々を思い出し、こんなに成長したのかと私たちも頬を緩めております。またご家族皆様で我が家にもお出かけください」

親御さん宛のメッセージにはこれからの成長も楽しみにしているという気持ちが込められると、よりあたたかいメッセージになりそうです。親の喜びに寄り添えるようなメッセージが添えられるとよいですね。

入園メッセージを贈るときの工夫

入園メッセージを贈るときにはどのような工夫をするとさらに喜ばれるでしょうか。ママたちが考えた工夫をご紹介します。

贈り物といっしょに

「入園をお祝いしたくて絵本をいっしょに贈りました。たくさん本を読んで大きくなって欲しいという気持ちを贈り物に込めました」(30代ママ)

「入園の記念にその子の名前が刺繍されたハンカチのセットを贈りました。これから始まる園の生活でたくさん使って欲しいなと思います」(20代ママ)

手紙やメッセージとともに贈り物を贈るというママもいました。また子ども向けにねんどセットなどの小さいおもちゃ、ママ向けにお花もいっしょに贈ったところ、とても喜ばれたというママの声もありました。

かわいいメッセージカードに書く

「キャラクターが描かれたかわいいメッセージカードにお祝いのメッセージを書いて贈りました。喜んでくれたようで、贈ってからしばらくお部屋に飾っていたという話を聞き私も嬉しくなりました」(20代ママ)

素敵なカードにメッセージを書くと、受け取った子どもも喜んでくれそうです。動物やお花など、子どもの好みを考えてカードを選ぶとよいかもしれません。

親子でいっしょに手紙を書く

親子
iStock.com/Satoshi-K

「友人の子どもが、私の子どもと同じ園に入園することになりました。園でもたくさんいっしょに遊ぼうねの気持ちを込めて子どもといっしょに手紙を書きました」(30代ママ)

子ども同士も知っている仲であれば、親子でいっしょに手紙を書くのもよいかもしれません。子どもの手書きのイラストで描いてもらったというママの声もありました。

心を込めて入園メッセージを贈ろう

封筒とテディベア
iStock.com/Massonstock

入園祝いにメッセージを贈る場合は、入園が楽しみになるような前向きなメッセージが贈れるとよさそうです。文例の言葉を参考にしながら、書く相手の顔を思い浮かべて手紙やカードを書けるとよいかもしれません。おめでとうの気持ちが伝わる心の込もった入園メッセージを贈れるとよいですね。

2018年11月11日

家族の関連記事

カテゴリ一覧