子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年09月05日

赤ちゃんの出産前に知っておきたい入院費用や払い戻しの制度について

赤ちゃんの出産前に知っておきたい入院費用や払い戻しの制度について

週数が増えるごとにお腹の中の赤ちゃんに会える日が近づいてきます。わが子に会える楽しみが大きくなる一方で、気になるのが出産する際にかかる入院費用ではないでしょうか。そこで今回は、出産するにあたり、かかる入院費用についてご紹介します。制度を使えば入院費の払い戻しも可能なので活用しましょう。

出産にかかる入院費用

入院費用として発生するもの

出産にかかる入院費として発生するのは、分娩費の他に、部屋代や食事代がかかってきます。分娩費とは手術や分娩介助にかかる費用のこと。分娩が朝になるのか、夜になるのか、平日になるのか土日になるのか、によっても金額が変わってくるのです。

部屋代は、利用する医療機関によって変わりますが、大部屋なのか個室なのかによって金額が変わります。ほとんどの医療機関で、

大部屋を選択するより個室を選択する方が、金額が上乗せされることが多いです。

食事代では、入院期間中に病院で食べる分がかかります。産後の入院期間は、ママと赤ちゃんの状態によって変わりますが、基本的に5~7日ほどです。

出産するにあたり、いつ出産するのか時期によって金額も変わりますが、赤ちゃんがいつ生まれるのかなんて分かりません。入院費用の払い戻しができる制度もあるので、あまり考えすぎずに赤ちゃんが安心して産まれてくる環境を整えておきましょう。

分娩方法によって入院費用に差が出る

分娩と一言でいっても、すべてが自然分娩だけとは限りません。そもそも自然分娩とは、医療介入をせず経膣分娩で自然に出産することをいいます。

自然分娩になると健康保険が適用されないため、全額自己負担です。

他に挙げられる分娩方法として、帝王切開や無痛・和痛分娩などがあります。

帝王切開とは、経膣分娩では難しいと医師が判断した場合に行われる方法です。帝王切開になれば健康保険が適用されるので、出産費用は自然分娩と変わらないか、低くなることもあります。

無痛・和痛分娩とは、麻酔を打つことで痛みを無くす、または和らげて分娩することです。無痛・和痛分娩は健康保険が適用されず、自然分娩からさらに上乗せされます。

出産育児一時金について

お金

どんな制度なのか

出生育児一時金とは、出産をするにあたり健康保険が適用されない場合や、妊娠にかかる費用への経済的負担を軽減することを目的とした制度です。

また、高額な出産費用を医療機関での会計時に準備せずに済む直接支払制度や、受取代理制度などがあります。自身が会社に勤めている場合には、加入する健康保険組合から、夫の扶養に入っている場合には、夫の加入する健康保険組合から、国民健康保険の場合には、各自治体から支払われます。

支払われる金額は決まっており、

一児につき42万円、多胎児は子供の数×42万円です。

帝王切開などで、支給される42万円を超えた場合には、超えた分の費用を実費で医療機関に支払うことになります。

請求方法

出生育児一時金を請求するには、ある条件があります。まず、健康保険に必ず加入していることです。あるいは、健康保険に加入している方の配偶者または扶養家族であることが必須となってきます。

さらに、妊娠週数が85日以上で出産した人が対象です。

請求する方法は、「直接支払制度」か「受取代理制度」があり、申請方法が異なります。

・直接支払制度

直接支払制度の申請方法は、被保険者あるいは被扶養者が医療機関と合意文書を取り交わし、退院する際に必要なときは差額を医療機関へ支払います。

42万円を下回った場合には、被保険者あるいは被扶養者が健康保険組合に差額分を請求できます。その後、健康保険組合が被保険者あるいは被扶養者に差額を支払い、医療機関へ42万円支払われます。

・受取代理制度

受取代理制度の申請方法は、被保険者あるいは被扶養者が医療機関と申請書を作成後、被保険者あるいは被扶養者が健康保険組合に提出します。その後は、直接支払制度と同じ流れとなります。

請求するタイミングとしては、直接支払制度の場合には出産予定日の前で、受取代理制度の場合には、出産予定日前の2ヶ月以内です。

産後ママの体験談

入院費用を抑えた

産後にお金がかかるかもという不安から、出産の入院費用はできるだけ抑えようと思いました。出産した総合病院は大部屋があったことから、個室ではなく大部屋を選択。出産も自然分娩だったので、入院期間も5日。食事代などすべて合わせて40万円ほどだったので、出生育児一時金で補うことができました。

出産後はゆっくりと

私が出産した産院では、大部屋、個室ともにありましたが、大部屋だと他の人と同室になった場合に、気を遣うことが増えると思い、少しでもゆっくりしたい気持ちから個室を選びました。

個室では母子同室になった際に、周りを気にすることなく赤ちゃんとふれ合うことができます。食事も豪華で、お祝いディナーやマッサージなどがあり最高でした。出産は自然分娩で入院期間が5日。すべて合わせて60万円ほどかかりましたが、産後すぐの体はとてもきついので、リフレッシュできて良かったです。

出産育児一時金を利用して負担を少なく

出産直後

赤ちゃんを出産するにあたり、入院費用などどのくらいかかるか不安ですよね。出産する医療機関(総合病院、個人病院など)によって入院費も変わってくるので、出産したい医療機関に前もって聞いておくことも大切です。

出産費の払い戻しができる出産育児一時金の制度もあるので、ぜひ活用して少しでもお金の負担を減らし、安心して出産を迎えましょう。

家族の関連記事
  • 授乳中の痛みや張りはいつまで?ママたちが乗り越えた症状やケア、克服法

    授乳中の痛みや張りはいつまで?ママたちが乗り越えた症状やケア、克服法

    授乳中は傷やしこり、張りや熱を帯びるなど、たくさんの痛みが伴ったりしますよね。ときには乳腺炎や白斑が発症して、痛いのに「授乳しなきゃ」頭を悩ませるママも多いはず。「病院に行ったり、マッサージしたほうがいいの?」「この痛みはいつまで続くの?」そんな授乳中のトラブルの疑問に対して、他のママたちはどんな症状をどのように乗り越えていたのか聞いてみました。

  • 【まめと私】第13回 ようこそゆめこさん

    【まめと私】第13回 ようこそゆめこさん

    <毎月第1、第3水曜日更新>【まめと私】イラストレーターの横峰沙弥香さんの連載第13話です。

    横峰沙弥香

  • 子どもの靴下はどうやって選ぶ?選ぶ際のポイントやプチリメイクを紹介

    子どもの靴下はどうやって選ぶ?選ぶ際のポイントやプチリメイクを紹介

    子どもの足に合った靴下のサイズや実寸選びでができていますか?「どんな靴下を選べばいいの?」「年齢別にどのくらいの大きさが目安なの?」など知りたいことがたくさん。今回はそんなママの悩みを少しでも解消できるよう、子どもの靴下選びで目安になるサイズと、靴下の役割をふまえた上での購入ポイントをご紹介します。

  • 子どもがよろこぶ誕生日メニューは?ママたちの体験談から、おすすめを紹介

    子どもがよろこぶ誕生日メニューは?ママたちの体験談から、おすすめを紹介

    みなさんはお子さんの誕生日にどのようなメニューを用意していますか?毎年同じようなメニューが続いてしまい、何か違うメニューを用意してあげたいと考えるママも多いのではないでしょうか。今回は、誕生日メニューの決め方や実際に子どもたちが喜んだ誕生日メニューはどのようなものなのか、ママたちの体験談からご紹介したいと思います。

  • 育児中にもらえる手当てや種類。手続きに必要なものや申請方法

    育児中にもらえる手当てや種類。手続きに必要なものや申請方法

    何かとお金がかかる育児、国や健康保険組合から支給される手当てはとてもありがたいものです。しかし、育児中の手当ては申請しないともらえないものばかり。知らないと損をしてしまうことになります。そこで今回は、育児期間中にもらえる手当ての種類やいつ申請すればいいのかをわかりやすくまとめてみましたので、育児中の方は是非参考にしてみてください。

  • 教育費っていくらかかるの?子どもの教育にかかる費用の総額を算出

    教育費っていくらかかるの?子どもの教育にかかる費用の総額を算出

    大切なわが子と出会えた喜びだけでなく、これから先きちんと育て上げられるのか不安に感じている人も多いことでしょう。子どもが大学を卒業するまでいくら教育費を用意しておけばよいのか、総額を計算したくてもやり方がわからないという方は少なくないかもしれません。教育にかかる費用を、文部科学省のデータからいっしょに読み解いていきましょう。

カテゴリ一覧