子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年07月28日

子乗せ自転車のシートは前、後ろ、後付けか。タイプ別のメリットとデメリット

子乗せ自転車のシートは前、後ろ、後付けか。タイプ別のメリットとデメリット

子乗せ自転車を新たに購入、または買い換えようと考えているけれど、チャイルドシートの位置は前が良いのか?後ろの方が良いのか?それとも後付けが良いのか……実際に使っているママたちにアンケート。それぞれのタイプのメリット・デメリットを調査しました。

子乗せ自転車を持っていますか?

保育園の送り迎えや買い物に行くときなどに便利な子乗せ自転車。移動が早くできて、重い荷物も手に持たずに済むので子育てや育児に活用している人も多いですよね。

新しく買おうと考えているママやパパは、子どもを前に乗せるタイプか後ろに乗せるタイプか、後からつける後付けタイプにするか考えるでしょう。それぞれの自転車を実際に使っているママたちにメリット・デメリットを聞いて、まとめてみました。

どんな基準で子乗せ自転車を選びましたか?

コンパクトさ

小回りの利くように、まとまっているものが欲しかったので、重心が低くて安全性も高い 「後ろ乗せ」自転車の小さいものを選びました。

安定性

多くの人が使っていて安定性もあると評判を聞いて、「前乗せ」の自転車を選びました。

デザイン

いかにもママチャリというのが嫌でT字に引っ掛ける後付けタイプを選びました。3人子どもがいるので、後ろと前に付けていました。

前乗せ・後ろ乗せの基準

子乗せ自転車の前乗せ、後ろ乗せには、安全を考えて子どもを乗せられる年齢や身長、体重が決まっています。以下が目安の基準です。

前乗せ

・1歳以上4歳未満 ・目安身長100㎝以下 ・体重15㎏以下
出典: 『自転車用幼児座席のSG基準 一般財団法人 製品安全協会』 「自転車用幼児座席のSG基準 3.形式分類より」

後ろ乗せ

・1歳以上6歳未満 ・目安身長115㎝以下 ・体重22㎏以下
出典: 『自転車用幼児座席のSG基準 一般財団法人 製品安全協会』 「自転車用幼児座席のSG基準 3.形式分類より」

お子さんが大きい場合は、後ろ乗せの方が適しています。また、後ろ乗せの方は6歳未満とされているので前乗せと比べて長く乗れます。

兄妹

後ろ乗せ自転車

メリット

・以前は、後付けタイプのものを使っていたけれど、買い換えたら乗り心地が良く、こぎやすくて、安定性が全然違いました。

・子どもの体が大きい場合は後ろ乗せタイプの方が安定性や座席の広さが十分にとれて、前に足があたる、乗り降りのときに大変などの不便さがなく良いと思います。

後ろ乗せは、安定性に優れているというコメントが多く見られました。

デメリット

・走行中の子どもの様子が把握できないので不安になります。

前乗せ自転車

メリット

・ママの乗り心地が良いと感じています。

・走行中も子どもの様子が確認できるのが安心で、何かあったときにすぐに対応しやすいところが良いと思っています。

デメリット

・子どもが雨風を直接に受けるので防寒対策が大変だと思いました。

・子どもはすぐに大きくなり、前乗りは体重制限などで乗れる期間が後ろの乗せに比べて短いため、早めではなく、子どもが乗れるぎりぎりの時期になってから買っても良かったと思っています。

後付け自転車

メリット

・一体化のものよりコンパクトで軽く、移動しやすかったように感じました。

・子どもが大きくなったらはずして自分用に使えるのでデザインにこだわれ、オシャレな自転車を使いたいと思っているデザイン重視のママにおすすめだと思います。

後付け自転車は子どもが大きくなったときに後付けした子ども乗せシートをはずせばシティサイクルに戻せるため、デザインにこだわりがある人には良いという意見は複数ありました。

デメリット

・この自転車にはこのかたちしか取り付けられないと型の合う合わないがあるところが不便だと思いました。

・不安定で3回くらい転倒したので、電動バッテリーが切れたタイミングで買い換えた経験があります。モーターの寿命も全く考えていませんでした。
子どもが大きくなると、不安定さを感じ、重心に耐えられるかなどの問題があると思いました。

子乗せ自転車を持っていない

なくても不便さを感じない

・もともと、自分が自転車に乗るのに得意じゃないこともあったのですが、比較的交通の便が良かったため、車、バス、歩きでの移動でことが済んでいました。あればいいなとは思いましたが、なくても過ごせたため購入しませんでした。

・家の裏が商店街のため、自転車に乗って買い物に行くまでもなく、必要性を感じなかったため買いませんでした。

歩いた方が早い

・駅の駐輪場が遠く、保育園に行くのも歩いた方が早かったので買っていません。

まだ子どもが小さい

今、子どもが1人しかいないので、安定感を重視して前付きのものを購入しようか考えています。2人目ができたら後付けで新たに後ろにつけようと考えているところです。

環境に合ったものを選ぼう

親子

実際に子乗せ自転車を使っている人のコメントを聞くと、それぞれのタイプでメリット・デメリットがあると感じました。

また、住んでいる環境や兄弟関係によっても前乗せ、後ろ乗せ、後付けどれが良いのかが変わってくると思います。

将来の家庭環境も考えて、自分に合った自転車をじっくり選べると良いですね。

家族の関連記事
  • new

    夏の夜でも快眠を!子どもの寝具を見直して「朝までぐっすり」を手に入れよう

    夏の夜でも快眠を!子どもの寝具を見直して「朝までぐっすり」を手に入れよう

    子どもの寝汗が気になる夏。朝起きてたくさん汗をかいている子どもの姿に、驚いた経験があるママも多いかと思います。1歳の子どもを持つ筆者もその一人です。熱帯夜が続く時期、子どもにはぐっすり眠ってほしいですよね。ママの体験談もふまえ、夏用寝具やクーラーの使い方など、寝汗対策をご紹介します。

  • new

    運動会のお弁当!幼稚園年少さんが喜ぶ盛り付け方と、前日に準備すること

    運動会のお弁当!幼稚園年少さんが喜ぶ盛り付け方と、前日に準備すること

    年少さんにとっては幼稚園で初めての運動会。お弁当の時間も楽しみの1つだと思いますが、周りの雰囲気やお弁当の様子が分からずどこまで作ったら良いのか?どのようなことに気をつけたら良いのかを不安に思うママも多いと思います。運動会のお弁当の盛り付け方のコツや簡単メニュー、前日準備、注意点を紹介します。

  • new

    毎日の家事が大変!働く主婦の体験談から家事の悩みを解決

    毎日の家事が大変!働く主婦の体験談から家事の悩みを解決

    掃除や洗濯、毎日の料理など、限られた時間のなかで“どうしたらうまくできるだろう?”と悩みを抱える主婦の方も多いのではないでしょうか。今回は、仕事や子育て、家事を両立するママたちの体験談をもとに、家事に対する悩みの解決方法を考えてみました。

  • 夫婦の喧嘩の原因や頻度は?体験談から見る、仲直りの方法と子どもへの配慮

    夫婦の喧嘩の原因や頻度は?体験談から見る、仲直りの方法と子どもへの配慮

    夫婦喧嘩を子どもに見せない方が良いと思ってはいるけれど、感情的になっているときにはつい子どもの前でも喧嘩してしまっている方、多いのではないでしょうか。ほかの夫婦はどうしているのだろう、夫婦喧嘩の頻度や原因、夫婦喧嘩をしているときに子どもはどうしているのか、仲直りの仕方をアンケートしました。

  • ワーママの夕飯作りの平均時間は35分!いつ作る?時短献立について

    ワーママの夕飯作りの平均時間は35分!いつ作る?時短献立について

    仕事後の家事で最も負担が大きいのは夕飯作りだと感じているワーママも多いのではないでしょうか。時間のないなか、疲れと焦りを感じながら作る日々の夕飯。ワーママは夕飯をいつ作るのか、どれくらい時間をかけているのかなど、現役のワーママたちに話しを聞いた上で、日々忙しいワーママたちが少しでも楽になるような献立を考えてみました。

  • 1歳、1歳半の夜泣きは何が原因?夜中の授乳事情とママたちが実践した対策

    1歳、1歳半の夜泣きは何が原因?夜中の授乳事情とママたちが実践した対策

    子どもの夜泣きはママにとって大変な試練ですよね。なぜ夜泣きするのか?夜中の授乳が原因なのか?といろいろ考えてしまい、終わりの見えない日々にイライラが募ってしまいます。そんなときは夜泣き時期を突破した先輩ママたちの話を聞いて対策を考え、前向きな気持ちで乗り越えていきましょう。

カテゴリ一覧