生後9カ月児との外食はどうする?お店選びのポイントや意識したこと

生後9カ月児との外食はどうする?お店選びのポイントや意識したこと

うどんなどの取り分けメニューや便利アイテムなど

生後9カ月の赤ちゃんとの外食について知りたいママやパパもいるかもしれません。今回の記事では、メニューやお店の造りなど外食するときのお店選びのポイントや意識したこと、うどんなどの取り分けメニューや外食時の便利アイテムなどについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

生後9カ月の赤ちゃんと外食に行くとき

食
szefei/Shutterstock.com

生後9カ月の赤ちゃんと外食に行くときに、ママたちが気になることを聞いてみました。

30代ママ
生後9カ月の娘と長時間お出かけすることが増えてきたので、外食するときに赤ちゃんと入れるお店の選び方を知りたいです。他のママたちはどのようなことをポイントに選んでいるのでしょうか?
20代ママ
生後9カ月の息子といっしょにと外食したしたいと考えています。取り分けられるメニューや赤ちゃんを見ながら食べるときの工夫を知りたいです。
40代ママ
離乳食も進んできたので、外食したときに大人と同じものを取り分けて食べさせたいです。うどんなどの麺類が取り分けやすいかと思うのですが、取り分けるときのポイントなどはあるのでしょうか?
生後9カ月の赤ちゃんと外食に行くとき、ママたちはお店やメニューの選び方、取り分けるときのポイントなどが気になるようです。実際に9カ月の赤ちゃんと外食したことのあるママたちは、どのようなことをポイントにお店やメニューをを選んでいるのでしょうか。  

生後9カ月の赤ちゃんとの外食でお店を選ぶポイント

個室のレストラン
Volodymyr Goinyk/Shutterstock.com

生後9カ月の赤ちゃんとの外食で、ママたちがお店を選ぶときのポイントを聞いてみました。

メニュー

20代ママ
生後9カ月の息子と外食するときは、離乳食の持ち込みができるか、離乳食メニューがあるかなどをお店に確認します。事前に、電話やホームページで調べておくと入店時もスムーズです。
30代ママ
生後9カ月の赤ちゃんでも取り分けできる、うどんなどのメニューがあるお店を選びます。使い捨てのエプロンを用意して、注文する際は取り分け用のお皿やスプーン、フォークなどもいっしょに頼むようにしています。
生後9カ月の赤ちゃんとの外食では、離乳食の持ち込みができるかどうかや、取り分けできるうどんなどのメニューがあるかをポイントに選ぶママがいました。インターネットでメニューを見られる店舗を選べば、事前に取り分けできるかどうかをチェックすることができそうです。  

お店の造り

20代ママ
子連れでママ友とランチするときに、キッズスペースのある場所を選びます。場所によっては、キッズスペースにおもちゃや絵本があるお店や、バウンサー、ベビーチェアを貸し出してくれるところがあるのでありがたいです。
30代ママ
我が家は家族で外食するときには、個室や座敷席のあるお店を選んで予約しておくようにしています。個室のあるお店は時間帯によっては混みあうので、予約しておくとスムーズに案内してもらえるので助かります。
キッズスペースや個室、座敷席があるかどうかなどお店の造りをポイントにしてお店を選ぶママがいました。他にも、オムツ交換台や授乳室があるかをチェックしたり、禁煙のお店を選んだりするというママの声もありました。

生後9カ月の赤ちゃんとの外食でママたちが意識したこと

生後9カ月の赤ちゃんとの外食では、どのようなことに気を配るとよいのでしょうか。ママたちが意識したことを聞いてみました。

お店や周囲への配慮

30代ママ
お店で娘がぐずったときのために、おもちゃをポーチに入れ持って行くようにしています。2、3種類くらい用意しておくと、外食している間は飽きずに遊んでいてくれます。
20代ママ
生後9カ月の息子はうどんなどの麺類を手づかみして食べるので、帰るときはテーブルの上や床などに食べこぼしが落ちていないか確認するようにしています。
ぐずり対策におもちゃを持ってお店に行く、食べこぼしに気をつけるというママの声がありました。生後9カ月の赤ちゃんを店内のキッズスペースで遊ばせるときは、必ず大人がつき添うようにしているママもいるようです。

食べるときに工夫する

30代ママ
家族で外食するときは、パパと交代で食べるようにしています。料理が先に運ばれてきた方から食べ始めて、どちらかは生後9カ月の息子に離乳食を食べさせたり遊んだりしてあげていると、お店にいる間は息子もご機嫌でいてくれます。
40代ママ
外食時は生後9カ月の娘も食べられるように、うどんを注文して取り分けます。大人と同じものを食べられるのが嬉しい様子で、楽しそうに食事をしてくれます。
生後9カ月の赤ちゃんとの外食では、赤ちゃんの機嫌に配慮することや楽しく食事ができるように工夫しているママがいました。他にも、赤ちゃんの食べるものは先に注文して冷ますために早めに取り分けておくといったママの声がありました。

外食に便利なアイテム

生後9カ月の赤ちゃんとの外食で便利だったアイテムをママたちに聞いてみました。

ベビーフード

30代ママ
生後9カ月の息子の食べられそうなメニューがないときでも、ベビーフードを持っていけば息子も同じお店で食事ができるので便利です。業務用のレンジだと熱くなりすぎることもあるので、近場のお店なら家で温めてから持って行くようにしています。
ベビーフードを持っていけば、9カ月の赤ちゃんが食べられるメニューがないお店や、待ち時間に赤ちゃんがぐずっていても案内された席ですぐに食事させることができるのでよいかもしれません。ベビーフードを、外食用にストックしているというママの声も聞かれました。 

取り分けアイテム

30代ママ
うどんなど麺類の取り分けにヌードルカッターを使います。細かく切って食べやすくでき、ケースつきで売っているので、我が家では外食のときの必須アイテムです。
ヌードルカッターは、うどんやパスタなどの麺類を簡単に細かく切ることができ便利なようです。ハサミタイプやカッタータイプなどさまざまな種類があるので、使いやすいものを選ぶとよいかもしれません。 

授乳ケープ

20代ママ
外食した先で授乳室がないときは、授乳ケープを使っていました。生後9カ月の息子がおっぱいを欲しがったときに、すぐに授乳室を探せないこともあるのですが、授乳ケープがあると安心でした。
生後9カ月の赤ちゃんとの外食では、授乳ケープもあると便利かもしれません。ケープを使って授乳できれば、授乳室のないお店でぐずったときでもすぐに対応することができそうですね。

生後9カ月の赤ちゃんと外食を楽しもう

3人の家族
leungchopan/Shutterstock.com
生後9カ月の赤ちゃんと外食するときは、離乳食メニューや持ち込みができるかどうか、キッズスペースや個室や座敷があるかどうかなどをポイントにお店を選んでいるママがいるようです。ぐずり対策や食べこぼしの確認などお店や周囲への配慮、取り分けられるうどんなどを注文することなどを意識すると、スムーズに外食できるかもしれません。 外食に便利なアイテムなども参考にして、生後9カ月の赤ちゃんと楽しく外食できるとよいですね。

2020年03月11日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧