インテリアについての記事を読むなら「KIDSNA」

インテリア

「子どもがいる家のインテリア」についての記事をまとめたページです。(3ページ)家具や壁紙、配置など、子どもがいる家のインテリアについて知りたいママ、パパに向けてお役立ち情報満載。年齢や性別に合わせた家具の種類や配置の紹介。ほかにもおしゃれな飾り付けなど、役に立つアイデア盛りだくさんです。

  • 子ども部屋に本棚を置こう。本棚を置くメリットとおすすめの種類

    子ども部屋に本棚を置こう。本棚を置くメリットとおすすめの種類

    子ども部屋に本棚を置くと、子どもは自分で本を選んだり片づけたりしながら、少しずつ本に親しむことができます。今回は本棚を置くメリットと合わせて種類についても解説します。先輩ママの体験談を参考に、子ども部屋に本棚を置くことについて考えてみましょう。

  • 赤ちゃんの部屋のインテリア。快適な部屋づくりの方法や家具選び

    赤ちゃんの部屋のインテリア。快適な部屋づくりの方法や家具選び

    初めての赤ちゃんを迎えるにあたって、おしゃれなインテリアで赤ちゃんもママも快適に過ごせる部屋づくりの方法を考えてみましょう。これまで大人の空間だった家の中を赤ちゃん仕様にするためには何から始めたらよいのでしょうか。

  • 【小児科医監修】赤ちゃんのスキンケアは保湿だけではありません!「お洗濯もスキンケアの1つ」です。

    【小児科医監修】赤ちゃんのスキンケアは保湿だけではありません!「お洗濯もスキンケアの1つ」です。

    「赤ちゃんには健やかな肌でいてほしい」と願うママは多いのではないでしょうか。そのために、毎日体をきちんと洗い、入浴後に保湿剤を塗ってケアをしている人もいるでしょう。でも、スキンケアでやっておきたいことはそれだけではありません。意外と気づきにくいけれど、大切なポイントを小児科医のアドバイスをもとに紹介していきます。

    サラヤ株式会社

    PR

  • 子ども部屋の収納グッズとそれぞれのメリット・デメリット

    子ども部屋の収納グッズとそれぞれのメリット・デメリット

    収納アイテムは、子どものお片づけを習慣づける大切な家具のひとつです。子ども部屋の収納家具はどういった種類のものがあるのか、それぞれのメリット、デメリットを合わせてご紹介しましょう。

  • 子どもの食事時間を快適にする、子ども用ダイニングチェアについて

    子どもの食事時間を快適にする、子ども用ダイニングチェアについて

    子どもが小さいと、なかなか落ち着いて食事の時間をすごすのがむずかしいこともありますよね。そこで今回の記事では、月齢やテーブルに合う子ども用ダイニングチェアについて考えてみます。チェアの種類ごとの特徴やメリットなどを調べてみました。

  • 子ども部屋にはどんな家具が必要?4〜6歳におすすめの家具

    子ども部屋にはどんな家具が必要?4〜6歳におすすめの家具

    子ども部屋を作るとなったら、まず家具はどうするか考えますよね。見た目にこだわるだけではなく、子どもにとって役に立つ家具かどうかも、見極めるポイントになります。今回は、4〜6歳向けの子どもの部屋におすすめの家具を紹介するとともに、用途に合わせて子ども部屋に配置したい家具について考えてみました。

  • 子ども部屋の作り方。6畳部屋のレイアウトのポイント

    子ども部屋の作り方。6畳部屋のレイアウトのポイント

    子どもの成長に合わせて、そろそろ子ども部屋を作ってあげたいな、と考えているママもいるのではないでしょうか。せっかくなら、子どもが遊びやすい、勉強しやすい、そして居心地の良い空間を整えてあげたいものですよね。そこで今回は、体験談を交えながら6畳部屋のレイアウトのポイントをご紹介します。

  • 子どもをリビングで遊ばせたい。おもちゃの収納方法や怪我をさせないための工夫

    子どもをリビングで遊ばせたい。おもちゃの収納方法や怪我をさせないための工夫

    リビングにおもちゃを出し、子どもを遊ばせているママも多いかと思います。子どもが小さいうちは、目の届く範囲で遊んでもらえたほうがママも安心ですよね。散らかりがちなおもちゃをスッキリ収納する方法と、安心して遊ばせるための工夫を調べました。

  • 無料で子どもとママが楽しめる!プロの写真撮影&お金の相談も気軽にできるイベントをご紹介

    無料で子どもとママが楽しめる!プロの写真撮影&お金の相談も気軽にできるイベントをご紹介

    子連れで遊びに行くのは楽しい反面、「お出かけ先でグズったらどうしよう」「授乳できるスペースってあるのかな」など、いろいろな不安が出てきてしまうものですよね。そこで、「小さな子どもといっしょでも気軽に参加でき、しかも無料!」の今、小さな子どもを持つママたちから人気を集めている、保険のビュッフェ主催のイベントをピックアップ。その人気の理由をレポートします。

    保険のビュッフェ

    PR

  • リビングに子ども部屋を作るメリットと注意しておきたいこと

    リビングに子ども部屋を作るメリットと注意しておきたいこと

    子どもが成長してくると子ども部屋について考え始める方もいるでしょう。子どもが小さいうちはまだ自分1人で過ごすのは難しいため、リビングに子ども部屋を作ることを考えるご家庭も多いようです。リビングに子ども部屋を作るにはどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。作るときに注意しておきたいことを、経験談を交えてご紹介します。

  • 子ども部屋にラグマットを敷きたい。ラグのメリット・デメリットと種類

    子ども部屋にラグマットを敷きたい。ラグのメリット・デメリットと種類

    子ども部屋は、子どもが成長する大事な時期を過ごす空間のひとつ。壁紙やインテリアなど、子どもの好きなデザインにしている家庭も多いはずです。今回は子ども部屋に置くラグマットに焦点を当ててみました。ラグマットを敷くメリットは?などラグマットに関する知識のご紹介です。

  • そろそろ子ども用のタンスが欲しい。参考にしたい種類や大きさ

    そろそろ子ども用のタンスが欲しい。参考にしたい種類や大きさ

    赤ちゃんの頃は、一枚一枚が小さいのでかさばらずにすんだ子ども用の服。でも、子どもの成長とともに、サイズは大きく枚数も多くなっていくと「そろそろ子ども用のタンスが欲しいな」とタンスの購入を検討するママもいることでしょう。そこで今回は、子ども用タンスの種類や大きさ、用途などについて考えてみました。

  • 子ども部屋の壁紙の柄や色の種類。選ぶ際のメリットとデメリット

    子ども部屋の壁紙の柄や色の種類。選ぶ際のメリットとデメリット

    壁紙は部屋の印象を大きく左右するため、子ども部屋に使う壁紙はどんなものがよいのか、悩むママも多いのではないでしょうか。ママが子ども部屋の壁紙を貼り替える場合、どんな壁紙が適しているのか事前に知っておくことで作業がしやすくなります。今回は、壁紙の柄や色合いごとのメリット・デメリットについて、調査しました。

  • 子どもに椅子はいつから必要?子ども用の椅子の種類などをご紹介

    子どもに椅子はいつから必要?子ども用の椅子の種類などをご紹介

    子どもの成長はあっという間で、5カ月を迎える頃には離乳食が始まる子も少なくなく、いっしょに食卓を囲む機会も増えます。その際に必要になるのが子ども用の椅子。ハイチェア、ローチェア、成長によって高さを変更できる椅子など、さまざまな種類があります。今回は、子ども用の椅子が必要になる時期、種類、購入するときのポイントについてご紹介をしていきます。

  • 男の子の子ども部屋について。広さや用途別レイアウトとママの体験談

    男の子の子ども部屋について。広さや用途別レイアウトとママの体験談

    子どもが成長するに連れて、そのときどきで変化させたいのが子ども部屋のレイアウト。男の子の子どもを持つママに向けて、学習のしやすさや片づけのしやすさなどに着目したレイアウトを、ご紹介します。部屋作りの参考になるポイントがあるかもしれません。

  • おもちゃの収納は、かご、ボックス、棚?ママに聞くお片付けのコツ

    おもちゃの収納は、かご、ボックス、棚?ママに聞くお片付けのコツ

    子どものおもちゃの片づけ方で、悩んでいるママも多いのではないでしょうか。先輩ママに聞いた、かご・ボックス・棚を使ったおもちゃの収納方法や片づけのコツ、声のかけ方とともに、教員経験を持つ筆者が小学校生活に向けたお片付けのヒントをご紹介します。

  • 子ども部屋の間取りを考えるときに気をつけるポイントとママの体験談

    子ども部屋の間取りを考えるときに気をつけるポイントとママの体験談

    子どもが大きくなってきた家庭が一度は考えるのが、子ども部屋のこと。新築を立てたり、引っ越したりする際にも、直面する問題です。ただ、子ども部屋として確保できる広さは、家庭によってさまざまですよね。今回は、そもそも子ども部屋が必要なのか、どのような間取りがよいのかについてご紹介します。子ども部屋を作ろうかと検討している人は、今後の参考にしてみてください。

  • 3歳までに育む人間性と愛情の絆。2年後IQ150も目指せるママのための親子教室

    3歳までに育む人間性と愛情の絆。2年後IQ150も目指せるママのための親子教室

    3歳までの育児の重要性について、耳にしたママも多いのではないでしょうか?早い時期から教育に励みたくても、何をどのように進めればよいのか悩みますよね。そんなママに向けて、生後2カ月から通える子どもといっしょに学ぶ「ママのための親子教室」をご紹介します。

    株式会社TOEZ

    PR