幼稚園に通う子どもに持たせたいおにぎり。作るときのポイントなど

幼稚園に通う子どもに持たせたいおにぎり。作るときのポイントなど

おいしいおにぎりレシピや持たせるときの工夫

幼稚園用のおにぎりについて知りたいママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、ママたちが作るときのポイントやおいしい具のおにぎり弁当レシピ、のりを使ったアレンジ方法、おにぎりのみやお弁当として持たせるときのラップやアルミホイルを使った食べやすい工夫などをママたちの体験談を交えてご紹介します。

幼稚園児に持たせるおにぎりについて

お弁当
Monkey Business Images/Shutterstock.com

幼稚園に持って行くおにぎりについて気になることをママたちに聞いてみました。

30代ママ
幼稚園に通う息子が、食べやすいようなおにぎりの作り方のポイントを教えてほしいです。
20代ママ
おにぎりが好きな娘のために、具のレパートリーを増やしたいのですが、他のママたちがどのようなバリエーションのおにぎりを作っているのか気になります。
40代ママ
特に夏場など、おにぎり弁当を幼稚園に持って行くときの工夫や気をつけていることを知りたいです。
幼稚園に持って行くおにぎりを作るときのポイントや具のレパートリー、おにぎり弁当をもたせるときの工夫などが気になるママがいました。おにぎりを作るときや持たせるときのポイント、子どもが好きなおにぎりの具にはどのようなものがあるのでしょうか。  

幼稚園児におにぎりを作るときのポイント

幼稚園に持って行くおにぎりを作るときのポイントをママたちに聞いてみました。

おにぎりの量

30代ママ
おにぎり弁当を持って行くときは、食べている最中にくずれてしまわないように1口サイズのおにぎりを5つくらい作ってお弁当におかずといっしょに詰めています。
20代ママ
子どもの手のひらサイズくらいのおにぎりを2つ作って持って行かせていました。毎回完食してきてくれるので、最近は少し大きめに作るようにしています。
おにぎりの量をポイントにして作っているママたちがいました。食べやすい量や完食できる量を、子どもにあわせて作ってあげられるとよいかもしれませんね。

おにぎりの具材

30代ママ
うちの息子は、普段魚を嫌がって食べないのですがマヨネーズと和えておにぎりにしてあげると食べてくれます。その中でも、鮭マヨおにぎりは息子の大好きな具材です。
20代ママ
幼稚園に持って行くおにぎりは2つ作るので、1つはおかか昆布や梅を使った和風おにぎり、もう1つは、ケチャップライスやお肉でオムライスなどの洋風おにぎりにしています。さまざまな食材や味のバランスを考えながら作るのが楽しいです。
子どもの好きな具材や、味のバランスを考えながらおにぎりを作るママがいました。組みあわせ次第でさまざまな味を楽しめるのもおにぎりの魅力かもしれませんね。

おにぎりの形

40代ママ
我が家のおにぎりは、持ちやすくて食べやすい長丸おにぎりです。のりで目と口を作って顔をアレンジすると娘も喜んで、完食してきてくれます。
20代ママ
息子の大好きな新幹線おにぎりのお弁当を作ります。のりでパーツを切っておき、新幹線の形ににぎったおにぎりにパーツをつけて完成です。
おにぎりの形を、食べやすさや子どもの好きな形をポイントに作るママがいました。のりアレンジの他にも、たまごふりかけやわかめを使っておにぎりの色を変えるアレンジをしたというママの声も聞かれました。

ママたちが作る幼稚園児のおにぎりレシピ

実際に、幼稚園に持って行くおにぎりレシピをママたちに聞いてみました。

しらす小松菜おにぎり

30代ママ
茹でて刻んだ小松菜としらす干し、白ごまを温かいごはんと混ぜあわせます。お好みで塩やお醤油で味つけすれば完成です。
いろいろな食材にあうしらすは、小松菜との相性もよいというママの声がありました。他にも、冷蔵庫にある野菜を追加すれば栄養たっぷりのおにぎりが作れそうです。  

おかかチーズ焼きおにぎり

40代ママ
温かいごはんに、ピザチーズ、鰹節、白ごま、刻みネギを混ぜてめんつゆや醤油で味つけします。固めににぎっって、バターをうすくひいたフライパンで両面焼いて完成です。
チーズなどの具材を混ぜて、焼きおにぎりを作ったママがいました。焼きおにぎりは、手に持っても崩れにくく子どもでも食べやすいかもしれませんね。 

肉巻きおにぎり

20代ママ
丸くにぎったおにぎりに、薄切りの豚肉を巻きつけて巻き終わりからフライパンで焼いていきます。お肉に火が通ったら、醤油と砂糖で照り焼きタレを作り絡ませて冷めてからお弁当に詰めます。
幼稚園児のおにぎりに、肉巻きおにぎりもよいかもしれません。食べごたえもあり、タレの味を変えてみてもおいしく食べられそうです。

お弁当でおにぎりを持たせるときの工夫

お弁当でおにぎりを持たせるときの、ママたちの工夫を聞いて見ました。

ラップなどを使って握る

アルミホイル
Happy Stock Photo/Shutterstock.com
30代ママ
幼稚園におにぎりを持って行かせるときは、ラップを使って握るようにしています。衛生的にもよいですし、手を汚さず作れます。
おにぎりを素手で握らないように工夫したママがいました。ごはんをケースに入れて、振るだけで簡単にボールやくまの形が作れる100円グッズもあるので、活用してみてもよいかもしれません。 

保管に気を配る

30代ママ
お弁当やおにぎりのみのときでも保冷バッグに入れて持たせるようにしています。夏場は、保冷剤を増やし傷まないように気をつけています。
おにぎりを傷ませないように保冷バッグに入れるママがいました。他にも、傷みにくい具材を選ぶ、しっかり冷ましてから握るといったママの声も聞かれました。

包み方をアレンジする

20代ママ
娘に「おにぎりのお弁当をかわいくして!」と言われたので、娘の好きな柄、キャラクターのアルミホイルで包みました。それからは嬉しそうにお弁当を持って行っています。
おにぎり用のさまざまなアレンジグッズが売られているので、活用してポップなおにぎり弁当を作ってみてもよいかもしれません。包んだラップの開け口がわかるように、マスキングテープを張ってわかりやすくしたというママのアイデアも聞けました。

幼稚園においしいおにぎりを持って行こう

おにぎり
optimarc/Shutterstock.com
幼稚園に持って行くおにぎりを作るとき、量や具材、食べやすい形などをポイントに作るママたちがいました。幼稚園児のおにぎり弁当にぴったりなレシピや、のりを使ったアレンジ方法も参考になりそうですね。

おにぎりのみのお弁当でも、ラップやアルミホイルを使って持たせるときの工夫をしているママたちのアイデアなども参考に、幼稚園においしいおにぎりを持たせてあげられるとよいですね。

2020年03月19日

レシピの関連記事

カテゴリ一覧