離乳食中期の献立はどうする?1週間の献立スケジュール表を紹介

離乳食中期の献立はどうする?1週間の献立スケジュール表を紹介

簡単に作れる離乳食中期のレシピ例

離乳食中期ごろの献立をどうすればよいか迷うママやパパもいるかもしれません。離乳食が1回から2回に進み、食べる量や食材の種類も少しずつ増えてくる離乳食中期。今回の記事では、1週間の離乳食中期の献立例や、献立のポイント、簡単に作れるレシピ例をご紹介します。

離乳食中期とはどのような時期?

厚生労働省の資料によると、生後7ヶ月は離乳食が2回になり、赤ちゃんが食べる量も少しずつ増えてくる時期のようです。

月齢が進むと離乳食として使える食材も増えていくため、赤ちゃんの様子を見ながら新しい食材を試してみるのもよいかもしれません。また、離乳食中期の頃は舌でつぶせる固さに調理するとよいそうです。

出典:「Ⅱ離乳編」/厚生労働省

1週間の離乳食中期の献立例

離乳食中期の1週間の献立表の例をご紹介します。

生後7か月の1週間分の離乳食献立例

離乳食中期には、お粥やうどんなどの主食に野菜や魚を入れるなどの工夫をして、栄養バランスを考えたレシピを取り入れるとよさそうです。

カボチャやジャガイモを裏ごししたものをキューブ状に冷凍しておくと時短になります。1週間分の献立を作るのは大変なので、時短レシピや簡単に調理できるアイテムを上手に活用しましょう。

離乳食中期の献立のポイント

離乳食中期の献立を作るとき、どのようなことをポイントにするとよいのでしょうか。ママたちに工夫したことを聞いてみました。

食材をやわらかくする

20代ママ
離乳食の本に「舌でつぶせるくらいのかたさに」と書いてあったので、野菜などはよく煮込んでやわらかく調理しました。先に小さく切ると火が通りやすいです。
30代ママ
そのままだとなかなか食べてくれないことが多かったので、水溶き片栗粉を混ぜてあんかけ風にしました。食べやすかったのか、以前よりもよく食べてくれました。

食材をやわらかくすることをポイントにしたというママたちの声がありました。よく煮込んでやわらかくしたり、片栗粉でとろみをつけるなどの工夫を取り入れたようです。とろみをつけたり、うらごしをすると離乳食中期の子どもは食べやすそうです。

素材の味を活かす

食材
Syda Productions/Shutterstock.com
30代ママ
離乳食中期ごろは基本的には味付けをしていませんでした。子どもが食べたがらない食材は豆乳などで少し味付けしたり、赤ちゃん用のだしを使っていました。
30代ママ
野菜を煮込むときにだしで味付けをする程度です。無添加のだしパックを使っています。

味覚を育むために素材の味を活かしたというママもいました。離乳食中期は味付けはしなくてもよいですが、食べなれた食材にはだしで味付けをしてもよいそうです。

添加物の使用されていない子ども用のだしを使うと安心ですよね。

栄養バランスを考える

20代ママ
料理が苦手なのでインターネットの料理サイトや、育児雑誌の離乳食特集を参考にしています。プロが考えるバランスのとれたレシピが載っているで頼りになります。
40代ママ
1週間の献立のスケジュールを考えておきます。1日単位では栄養バランスの偏りが気になったとしても、1週間単位ではバランスが整うように調整しています。

栄養バランスを大切にしたという声もありました。短い期間で大きく成長する離乳食中期ごろの食事にはバランスに気を遣いたいというママも多いようです。

離乳食中期の簡単に作れるレシピ例

簡単に作れる離乳食中期のレシピをご紹介します。

ワカメとしらすのうどん

1.しらすを茹でて塩抜きする
2.ワカメと1をみじん切りにする
3.うどんは子どもが食べやすい大きさに切る
4.2、3をだし汁で煮込む

離乳食中期ごろの子どもが食べやすいうどんに、ワカメとしらすを取り入れたれレシピです。水溶き片栗粉を加えると、とろとろとした食感になるためより食べやすくなるかもしれません。ベビーうどんは、食べやすい大きさにカットされているため時短になりそうです。

かぼちゃのパンケーキ

かぼちゃ パンケーキ
Shebeko/Shutterstock.com

1.皮を剥いたかぼちゃをやわらかく茹でる
2.1をペースト状にする
3.小麦粉と粉ミルクを混ぜ合わせ、2を加えて混ぜる
4.焼き色がつくまで両面を焼く

牛乳の代わりに粉ミルクを使っているため、離乳食中期ごろでも安心して食べられるパンケーキのレシピです。できるだけ油を引かずに焼くようにしましょう。パンケーキはラップに包み、冷凍保存もできます。

子どもがパンケーキを食べないときは、パンケーキを細かくして豆乳で煮込み、パン粥風にするとよいかもしれません。

ミックスベジタブルあんかけ

1.鶏ひき肉を少量の水で茹で、アクをとる
2.玉ねぎをみじん切りにする
3.豆腐を細かく切る
4.1の鍋に2、3、ミックスベジタブルを加え、火を通す
5.子ども用顆粒だしで味を整える
6.火を止め5に水溶き片栗粉を混ぜたあと、加熱する

野菜、鶏肉、豆腐の入ったあんかけレシピです。簡単に作れていろいろな食材を取り入れられるレシピなので離乳食を作るママの味方になりそうですね。

離乳食中期の献立を工夫しよう

離乳食 
pikselstock/Shutterstock.com

離乳食初期からはじまり、離乳食づくりにも徐々に慣れてきた中期では、取り入れられる食材の幅も少しずつ広がっています。だからこそ、この時期にどのような食材を取り入れればよいか悩むことがあるかもしれません。

1週間分の離乳食献立表を参考に、バランスのとれた献立を作るよう心がけましょう。1週間分のスケジュールをあらかじめ立てておくことで、まとめて調理したり食材を冷凍するなどして、効率よく調理ができることもあるでしょう。

素材の味を活かす調理方法や、食材にとろみをつけたりうらごしをするなどして、離乳食中期の献立を工夫できるとよいですね。

2019年11月05日

専門家のコメント
1
    いちぽ先生 保育士
    この頃は野菜、炭水化物、タンパク質をバランス良く使うようにメニューを組んでいました。
    あとから混ぜるよう単体で冷凍していました。

レシピの関連記事

カテゴリ一覧