カレーに合う簡単なおかずレシピを紹介。チキンやコールスローなど

カレーに合う簡単なおかずレシピを紹介。チキンやコールスローなど

カレーに合うおかずを作るポイント

カレーが食べたいという子どものリクエストでカレーを作るママもいるのではないでしょうか。カレーだけでは物足りないと感じたり、栄養バランスを考えたときに、カレーに合うおかずが気になるママもいるかもしれません。カレーに合うおかずやスープ、サラダなどの簡単レシピをご紹介します。

カレーに合うおかずは?

カレーは子どもにとっても大人にとっても人気のあるメニューのひとつかもしれません。一度にたくさん手軽に作ることのできるカレーはママにとってもありがたいメニューですよね。

一皿でもおいしく食べられるカレーですが、調理の間におかずを作ることができると嬉しいですよね。おかずを添えてカレーをもっとおいしく食べてみてはいかがでしょうか。カレーに合うおかずにはどのようなメニューがあるのでしょう。

カレーに合う簡単おかずレシピ

簡単に作れてカレーに合う付け合わせおかずのレシピをご紹介します。

カマンベールチーズフライ

1.カマンベールチーズを食べやすい大きさに切る
2.ボウルに薄力粉、卵、牛乳を混ぜ合わせる
3.1を2にくぐらせてパン粉をつける
4.カラッとするまで揚げ焼きにする

できたてのカマンベールチーズフライは、チーズがとろけてカレーによく合いそうです。パン粉を2度付けするとよりサクサクとした食感が楽しめ、子どもがよろこんでくれるかもしれません。

タンドリーチキン

タンドリーチキン
iStock.com/LindasPhotography

1.鶏もも肉を食べやすい大きさに切る
2.すりおろしたにんにく、しょうが、カレー粉、ヨーグルト、ケチャップを混ぜ合わせる
3.1を2に入れ、よく揉みこむ
4.フライパンで両面に焼き色が付くまで焼く

鶏もも肉に調味料を揉みこんだあと、時間があるときは冷蔵庫で寝かせると味がよく染みこむようです。カレー粉やヨーグルトの量を調整して、お好みのタンドリーチキンを作りましょう。

福神漬けキャベツ

1.キャベツを千切りにする
2.1と福神漬けを混ぜる
3.塩コショウをふりかける

カレーの付け合わせである福神漬けにひと工夫加えると、カレーに合うおかずがに変身させることができるようです。お好みでオリーブオイルやレモン汁などを加えてもおいしく仕上がりそうですね。

カレーに合うサラダやスープのレシピ

カレーに合うサラダとスープにはどのようなメニューがあるのでしょう。

コールスローサラダ

1.キャベツをみじん切り、ハムを角切りにする
2.ボウルに1とコーン、マヨネーズ、酢、砂糖を入れ混ぜ合わせる

コールスローサラダは酢のさっぱりとした味と、マヨネーズのまろやかさでカレーのお口直しになりそうなサラダです。火を使わずに調理できるため、カレーを煮込んでいる間にさっと作れそうですね。

さつまいもとツナのサラダ

1.さつまいもは皮をむき角切りにする
2.1を水にさらす
3.耐熱容器に移し電子レンジでやわらかくなるまで加熱する
4.3が冷めたらツナ、マヨネーズ、塩コショウをふる

さつまいものほんのりとした甘味が、カレーに合うかもしれません。塩コショウの代わりにめんつゆを加えると和風な味付けになりそうです。

根菜の豆乳スープ

根菜の豆乳スープ
iStock.com/SMarina

1.れんこん、にんじんはいちょう切り、ごぼうを斜め切りにする
2.食べやすい大きさに切ったベーコンとしめじ、1を鍋に入れオリーブオイルで炒める
3.野菜に火が通ったら鍋に水とコンソメを入れ煮込む
4.豆乳を入れる

根菜の食感と豆乳のやさしい味が楽しめるスープは、カレーに添えるおかずにぴったりかもしれません。カレーが余ったら混ぜて煮込み、カレー豆乳スープにアレンジすることもできそうです。

カレーに合うおかずを作るポイント

カレーに合うおかずを作るとき、ママたちはどのようなことをポイントにしているのか聞いてみました。

栄養バランスを考える

30代ママ
カレーはお肉、じゃがいも、にんじん、たまねぎがあればできるので簡単ですが、おかずを作るときはそれ以外の野菜や食材を使うようにしています。

栄養バランスを考えておかずを作るというママの声がありました。カレーには入っていない食材を使い、バランスのとれたおかずを作れるとよいですね。

下ごしらえをしておく

30代ママ
野菜やお肉などをカットして冷凍ストックしています。下ごしらえが済んでいると、あと1品ほしいときにすぐに作れます。

事前に下ごしらえを済ませているママもいました。カレーだけでは物足りないと感じたときでも、下ごしらえが終わっていると手早くおかずを作ることができそうです。

時短メニューを取り入れる

20代ママ
カレーを煮込んでいる間に簡単にできるおかずを作ります。アボカドやトマトなどそのまま出せるものや茹でたブロッコリーをカレーに合わせることが多いです。

カレーを作る合間にできあがる時短メニューを作るママもいるようです。時短メニューは、時間がないときにも手早くおかずを作ることができて便利かもしれません。

おかずといっしょにカレーをおいしく食べよう

カレーを食べる男の子とママ
iStock.com/monzenmachi

カレーに合うおかずは、チーズフライやタンドリーチキンのほか、サラダやスープなどいろいろあるでしょう。

カレーに入っていない食材をプラスして栄養バランスのよいおかずを作ったり、時短メニューを取り入れてカレーに合うおかずを作るとよいかもしれません。

子どもがよろこぶおかずを添えてカレーをもっとおいしく食べられるとよいですね。

2019年11月05日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レシピの関連記事

カテゴリ一覧