離乳食初期に作るラフランスのアレンジレシピ。冷凍保存のやり方

離乳食初期に作るラフランスのアレンジレシピ。冷凍保存のやり方

ラフランスジュースやお粥などの作り方

離乳食にラフランスを取り入れたいと考えているママやパパもいるのではないでしょうか。離乳食の進め方や、離乳食初期に作るラフランスレシピ、冷凍保存についてご紹介します。

離乳食初期の進め方

初めて離乳食を作るというママもいるでしょう。離乳食初期は、離乳食の作り方や進め方など、わからないことが多く悩むこともあるかもしれません。

まずは基本的な離乳食初期の進め方について、厚生労働省の資料を参考にご紹介します。

離乳食初期はいつから?

厚生労働省の資料によると、生後5カ月から6カ月ごろが離乳食初期とされています。

食事のタイミングは、体調や機嫌がよいときなど赤ちゃんの様子を見ながら用意できるとよいですね。

調理形態は、なめらかにすりつぶした状態がよいようです。ラフランスを離乳食に使う場合は、1度加熱してから柔らかくするとよいでしょう。

離乳食の量の目安

離乳食初期は1日1回1さじずつ始めましょう。

離乳食初期は、つぶしがゆから始めるとされているため、離乳食を始めたばかりのころからラフランスを与えるのは避けた方がよいでしょう。

野菜、果物を与えるときはすりつぶした状態から試して、慣れてきたらつぶした豆腐、白身魚などを試すとよいとされています。
出典:授乳・離乳の支援ガイド/厚生労働省

子どもの離乳食で困ったこと

離乳食を嫌がる赤ちゃん
284977070
厚生労働省が出している資料の中で離乳食で困ったこととして、以下のような内容が挙げられています。

作るのが負担・大変/33.5%
もぐもぐ、かみかみが少ない(丸のみしている)/28.9%
食べる量が少ない/21.8%
食べものの種類が偏っている/21.2%
食べさせるのが負担、大変/17.8%
乳汁(母乳や人工乳)と離乳食のバランスがわからない/17.1%
食べるのをいやがる/15.9%
乳汁(母乳や人工乳)をよく飲み、離乳食がなかなか進まない/12.6%
作り方がわからない/5.3%

(回答数:1240)

離乳食を作ることが大変、母乳と離乳食のバランスがわからないと感じているママは多いようです。

編集部でも同じような意見があがることが多々あり、はじめての離乳食をどう進めていけばよいのか悩むこともあるようでした。
出典:授乳・離乳の支援ガイド/厚生労働省

離乳食初期のラフランスのアレンジレシピ

離乳食初期に初めてラフランスを食べるときは、加熱調理をすると赤ちゃんも安心して食べられるでしょう。

ラフランスを使った離乳食のアレンジレシピをご紹介します。

ラフランスとヨーグルト

1. ラフランスは皮を剥いて種と芯を取り除き、すりおろして裏ごしする
2. ラフランス10gを耐熱容器に入れて、電子レンジで30秒ほど加熱する
3. 粗熱が取れたらプレーンヨーグルト大さじ1と混ぜ合わせる

初めてヨーグルトを食べさせるときは赤ちゃんの様子を見ながら少しずつ与えましょう。

砂糖の入っていないプレーンヨーグルトを選ぶとよいようです。

ラフランスジュース

1. ラフランスは皮を剥いて種と芯を取り除き、適当な大きさに切る
2. 1.をミキサーに入れる
3. トロトロになったラフランスを白湯で薄める

ラフランスジュースを冷凍保存する場合は、白湯で薄める前の状態で冷凍します。解凍したあと、白湯で薄めましょう。

ラフランス粥

ラフランス
iStock.com/kaorinne
1. ラフランスは皮を剥いて種と芯を取り除き、適当な大きさに切ってすりおろし、裏ごしする
2. 10倍粥を作る
3. 2.にラフランス10gを加えて煮る

ラフランスをお粥と合わせて主食として楽しむこともできます。にんじんや大根などをすりおろして加えてもよいかもしれません。

ラフランスとバナナのとろとろ煮

1. バナナは皮を剥いてすりつぶす
2. ラフランスは皮を剥いて種と芯を取り除きいて、適当な大きさに切ってすりおろし、裏ごしする
3. 耐熱容器にバナナ7gと、ラフランス10gを入れて混ぜ合わせ、電子レンジで30秒ほど加熱する

様子を見ながら加熱時間を調節しましょう。

裏ごししてペースト状にしたラフランスをストックしておくと、簡単に離乳食が作れそうですね。

離乳食に使うラフランスの保存方法

ラフランスの完熟を早めたい場合は、新聞紙で包み、直射日光を避けて室温で保存するとよいようです。

ペースト状にしたラフランスを製氷皿に入れて冷凍保存します。

調理する際には、皿に移して電子レンジで解凍するとよいようです。離乳食に使う場合は早めに使い切るようにしましょう。

ラフランスを半分に切り、ラップで包むか、フリーザーバッグに入れて冷凍する方法もあります。皮を剥き、適当な大きさに切ってから冷凍するのもよいでしょう。

離乳食初期は赤ちゃんの様子を見ながらラフランスを取り入れよう

離乳食を食べる赤ちゃんとママ
© polkadot - Fotolia
ラフランスは初期から与えられる果物ですが、離乳食に初めて取り入れる場合は加熱調理すると赤ちゃんも安心して食べれそうです。

ラフランスは、ペースト状にして冷凍保存することもできますが、切った状態で保存することもできるようです。

離乳食の進みに合わせながら、お粥やジュースなどのラフランスレシピを楽しめるとよいですね。
※記事内で使用している参照内容は、2019年8月22日時点で作成した記事になります。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2019年08月26日

レシピの関連記事

カテゴリ一覧