つるむらさきはいつから?離乳食初期のつるむらさきのレシピ

つるむらさきはいつから?離乳食初期のつるむらさきのレシピ

つるむらさきの下ごしらえや保存方法

離乳食初期につるむらさきを取り入れてもよいのか、どのように調理したらよいのか気になるママもいるかもしれません。今回は、厚生労働省の資料を元に、離乳食初期の進め方や離乳食で困っていることと、つるむらさきとはどのような野菜なのか、レシピや下ごしらえ、保存方法についてご紹介します。

つるむらさきとは?

つるむらさきは、6~8月の夏が旬の緑黄色野菜です。味はほうれん草に似ていますが、モロヘイヤのような粘りがあるのが特徴と言われています。

つるむらさきは離乳食初期から取り入れることができる食材のようです。深い緑色をしていて、葉が分厚いものを選びましょう。

離乳食初期の食べ進め方

離乳食初期はいつから?

厚生労働省の資料によると、離乳食初期は生後5カ月から6カ月頃とされています。離乳食を飲み込むこと、舌ざわりや味に慣れることが主目的の時期であると言われています。

離乳食の量の目安

離乳食初期は目安の量は決まっておらず、なめらかにすりつぶした状態のおかゆから始めるように記載されています。慣れてきたら、すりつぶした野菜、豆や豆腐、白身魚や卵黄を試すとよいですね。

初期は、赤ちゃんの様子を見ながら、1日1回1さじずつ始めましょう。

子どもの離乳食で困ったこと

離乳食を嫌がる赤ちゃん
© ucchie79 - Fotolia

厚生労働省が出している資料の中で離乳食で困ったこととして、このような内容が挙げられています。

作るのが負担・大変/33.5%

もぐもぐ、かみかみが少ない(丸のみしている)/28.9%

食べる量が少ない/21.8%

食べものの種類が偏っている/21.2%

乳汁(母乳や人工乳)と離乳食のバランスがわからない/17.1%

食べるのをいやがる/15.9%

乳汁(母乳や人工乳)をよく飲み、離乳食がなかなか進まない/12.6%

作り方がわからない/5.3%

開始の時期がわからない/3.5%

(回答数:1240)

離乳食を始める時期や、食べ物の種類が偏っていることに困っていて、初めての離乳食をどのように進めていけばよいか悩むママが多いようです。

出典:授乳・離乳の支援ガイド

つるむらさきの下ごしらえの方法と保存方法

つるむらさきはどのように下ごしらえをしたらよいのでしょうか。保存方法についてもご紹介します

下ごしらえの方法

つるむらさきを下茹でするときは、茎と葉を別々にして茹でるとよいようです。

熱湯に茎を入れてから、茎が茹で終わる前に葉を入れ、さっと茹でたら冷水にさらしましょう。

保存方法

つるむらさきを生のまま保存するときは、湿らせた新聞紙を巻いて野菜室に入れましょう。その際は、根を下にして立てて入れるとよいようです。

下茹でしたり、調理してペースト状にしたつるむらさきは冷凍保存できます。保存用密封袋に入れたり、1回分ずつラップに包んでストックしておくと便利かもしれません。

離乳食初期のつるむらさきのレシピ

料理をする女性
iStock.com/Satoshi-K

離乳食初期の頃のつるむらさきを使ったレシピには、どのようなものがあるのでしょうか。

つるむらさきのペースト

  1. つるむらさきの下ごしらえを済ませる
  2. ハンドブレンダーでペースト状にする

にんじんやほうれん草と同じように、つるむらさきもペースト状にして赤ちゃんに与えることができます。すりつぶしたり、ミキサーにかけてもよいでしょう。

つるむらさき粥

  1. つるむらさきの下ごしらえを済ませ、ペースト状にする
  2. 10倍粥を作る
  3. 鍋にお粥とつるむらさき、だし汁を少量混ぜる
  4. 一煮たちさせる

ごはんの粒が気になるときは、ハンドミキサーにかけたり、裏ごししてから火にかけるとよいようです。つるむらさきはとろみがあるため、いつもと違う食感を楽しめそうですね。

つるむらさきスープ

  1. 白身魚を加熱して、ほぐす
  2. つるむらさきは下ごしらえを済ませて、みじん切りにする
  3. 鍋にだし汁を煮立たせて、魚とつるむらさきを入れて煮込む
  4. 水溶き片栗粉でとろみをつける

下ごしらえを済ませたつるむらさきをペースト状にして、ポタージュにしてもよいかもしれません。赤ちゃんが食べやすい形状になるように工夫できるとよいですね。

つるむらさきとじゃがいも煮

  1. つるむらさきの下ごしらえを済ませて、ペースト状にする
  2. じゃがいもは柔らかくなるまで茹でる
  3. 茹でたら、つぶしながら裏ごしする
  4. 粉ミルクを作り、じゃがいもと混ぜ合わせる
  5. つるむらさきを加えて混ぜる

ペースト状にした野菜に粉ミルクを合わせているので、ほんのり甘みもあり、赤ちゃんが食べやすいメニューかもしれませんね。

様子を見ながら離乳食を進めよう

離乳食を食べる赤ちゃん

つるむらさきは、ほかの野菜と混ぜたり、スープに入れるなどいろいろなレシピが楽しめそうです。ペースト状にしたつるむらさきを冷凍保存してストックしておくと、料理にすぐに取り入れられて便利かもしれません。

離乳食初期は赤ちゃんが離乳食に慣れていく時期なので、なかなか食べてくれないときでも、赤ちゃんの様子を見ながらゆっくり進められるとよいですね。

※記事内で使用している参照内容は、2019年7月19日時点で作成した記事です。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2019年07月14日

レシピの関連記事

カテゴリ一覧