幼児食にパスタを作ろう。量の決め方や作るときに意識したこと

幼児食にパスタを作ろう。量の決め方や作るときに意識したこと

ママたちに聞いた子どもに人気のパスタレシピ

幼児食にパスタを作るとき、どのくらいの量にしたらよいかや子どもに人気のレシピが知りたいママもいるのではないでしょうか。今回は、幼児食のパスタを作るときに意識したことや、ツナとトマトやクリーム、和風パスタソースの作り方、パスタのアレンジレシピについてママたちの体験談を交えてお伝えします。

幼児食にパスタを取り入れよう

離乳食が完了し、幼児食を食べるようになった頃の子どもの食事にパスタを取り入れたいと考えるママもいるのではないでしょうか。ママたちに、幼児食としてパスタを作るときに気になったことについて聞いてみました。

「パスタを作ったとき、子どもにどのくらいの量を盛りつけたらよいのかわからないので適量が知りたいです。パスタの茹で時間も大人と同じでよいのか気になります」(30代ママ)

「パスタは我が家の子どもたちにも人気のメニューなので食材のバランスが取れて、簡単に作れるパスタのレシピのバリエーションを増やしたいです。また、パスタが少量余ったときのアレンジレシピも気になります」(20代ママ)

ママたちからは、子どもに盛りつけるパスタの量や簡単に作れ子どもに人気のレシピが知りたいという声が聞かれました。実際に、ママたちは幼児食にどのようなパスタを作っているのでしょう。

幼児にパスタを作るときに意識したこと

カルボナーラ
© K - Fotolia

ママたちに、幼児食としてパスタを作るときに意識したことを聞いてみました。

パスタの量

「できあがったパスタを盛りつけるとき、普段食べている食事と同じくらいの量を目安にグラムを計っています。娘が無理なく食べきることができる量になるよう意識しています」(30代ママ)

普段食べている食事を目安に盛りつけるパスタの量を決めているママがいるようです。茹でる前に、乾麺の状態でパスタの量を計ってから作っているというママの声もありました。

幼児が食べやすい長さ

「息子が自分ですくって食べやすい長さになるよう、パスタを折ってから茹でています。3分の1ほどの長さに折ってから茹でると、あとから切るよりも簡単に長さを揃えられ、子どもが自分でフォークですくって食べやすいようです」(30代ママ)

パスタを茹でるとき、子どもが食べやすい長さになるよう折ってから茹でているママもいるようです。他にも、あらかじめ短くカットされたタイプやショートパスタを使うと便利といった声も聞かれました。

パスタを茹でる時間

「大人用より柔らかい食感になるように、袋にある表示時間より1分ほど長く茹でています。パスタソースに絡めると、さらに柔らかくなるようなので2歳の娘も食べやすそうです」(30代ママ)

柔らかめの食感になるよう、パスタの茹で時間を長めにしているママもいるようです。大人用といっしょに作るときは、表示時間通りに茹でたパスタを子どもの分のみ別鍋に移し、パスタソースや茹で汁といっしょに煮込んで柔らかい食感にしたというママの声もありました。

幼児食に作ったパスタレシピ

パスタ
iStock.com/karimitsu

実際に、ママたちが幼児食に作ったパスタのレシピをご紹介します。

トマトとツナのパスタ

「我が家では、トマト味のパスタソースに子どもに人気のツナをあわせたパスタをよく作ります。炒めた玉ねぎとツナをダイストマト缶とあわせて煮込み、コンソメや塩こしょうなどで味をつけパスタソースを作ります。茹でたスパゲッティを絡めれば、トマトとツナのパスタの完成です」(30代ママ)

幼児食にトマトとツナのパスタを作ったママがいるようです。トマトを入れたパスタソースを作るときは、少量のみりんや味噌を入れると塩を控えてもコクが出たというママの声も聞かれました。

白菜とベーコンのクリームパスタ

「白菜やベーコン、玉ねぎをバターで炒めたら小麦粉を加え更に炒め、牛乳でのばしてソースを作ります。ソースに茹でたスパゲッティを絡めれば完成です。白菜をよく煮込み柔らかくすることで、パスタに絡みやすくなり食べやすいようでした」(30代ママ)

白菜やベーコンなどを入れたクリームパスタも子どもに人気のあるレシピのひとつかもしれません。小麦粉がない場合や作ったときにだまが気になる場合は、シチューのルーを使ったりじゃがいもをすり下ろしたものを入れて煮込んだりすると、とろみもつきやすいかもしれません。

和風パスタ

和風パスタ
iStock.com/deeepblue

「保育園で人気メニューの和風パスタを教えてもらい、家でもよく作るようになりました。バターでにんにくとベーコン、ほうれんそうを炒めたら醤油や出汁で味をつけ、茹で上がったスパゲッティに絡めれば完成です」(30代ママ)

幼児食に和風パスタを作るのもよいかもしれません。他にも、野菜といっしょに納豆や塩昆布を絡めて和風パスタを作ったところ、喜んで完食してくれ人気メニューのひとつになったというママの声もありました。

幼児向けのパスタのアレンジレシピ

幼児向けに作る、パスタのアレンジレシピを知りたいママもいるかもしれません。実際に、ママたちはどのようにアレンジしているのでしょう。

マカロニグラタン

「鶏ひき肉や玉ねぎ、娘の好きなチーズをたっぷり入れたマカロニグラタンを作りました。マカロニの大きさが一口サイズなので、娘も食べやすそうでした」(30代ママ)

マカロニやさまざまな具材を入れて、グラタンにアレンジしているママがいるようです。ママのなかには、ペンネなどのショートパスタが少量余ったとき、具材を足してグラタンにアレンジしているという声も聞かれました。

スパゲティサラダ

「茹でたスパゲティと千切りにしたキュウリやにんじん、ツナをマヨネーズであえたサラダは、我が家の人気メニューです。このサラダにすると、子どもたちも喜んで野菜をたくさん食べてくれるので野菜のバランスが気になる献立のときによく作ります」(20代ママ)

パスタをサラダにアレンジしているママもいるようです。スパゲティサラダは、すりごまやカレー粉を入れるなど味つけのアレンジもしやすいようなので、子どもの好みにあわせてさまざまな味を楽しめそうです。

マカロニあべかわ

「マカロニが少量余ったので、おやつにアレンジしてみました。茹でたマカロニにきな粉と砂糖、ひとつまみの塩を混ぜてからまぶすと、あべかわ餅のような味わいのマカロニのできあがりです」(30代ママ)

マカロニなどのパスタを使って、おやつにアレンジしているママもいるようです。他にも、茹でたマカロニに塩などで味をつけ、電子レンジで2分ほど加熱するとサクサクとした食感が楽しめるノンオイルのスナック菓子風になり、子どもたちに人気だったという声も聞かれました。

幼児が喜ぶパスタを作ろう

パスタを食べる幼児
Koki Yamada/Shutterstock.com

幼児食としてパスタを取り入れるときは、食べきれそうな量を盛りつけたり食べやすい長さにしてから調理するとよさそうです。ツナや野菜を入れてスパゲティサラダにアレンジしたところ、子どもたちの人気メニューになったというママの声もありました。

トマトやクリーム、和風の味つけなどママたちに聞いたパスタソースのレシピも参考にしながら、幼児が喜ぶパスタを作れるとよいですね。

2019年03月17日


3

    甥っ子がパスタ大好きなので、よく姉と一緒に作っていますした! 量の調整など難しいですが、喜んでもらえるといくらでも作りたくなります🍝

    ngt
    パスタは味付けのアレンジもしやすいしよく作ります!

    OK
    ご飯と違って腹持ちが良くなかったりなので、あげる量をちゃんと制限してあげないとですね。

レシピの関連記事

カテゴリ一覧