お七夜に用意した料理のメニュー。宅配で頼んだ食事や自分で作ったご飯のレシピ

お七夜に用意した料理のメニュー。宅配で頼んだ食事や自分で作ったご飯のレシピ

お七夜の食事会に、どのようなメニューを用意したらよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。産後に準備する場合、お祝い膳のセットをケータリングしたいママもいるかもしれません。今回は、お七夜の料理の準備の仕方や宅配で頼んだ料理、鯛の塩焼きなど自分で作ったご飯のレシピを体験談を交えてご紹介します。

お七夜の食事会をするとき

お七夜の命名式に両家の親などを招待し、食事会をしたいと考えるママもいるのではないでしょうか。自分で料理を用意する場合は、どのようなメニューを作ろうか考えるママや、お七夜までの時間がないときは簡単に食事を用意したいと考えるママもいるかもしれません。

実際に、お七夜のお祝いをするとき、ママたちはどのように食事を準備したのでしょうか。

お七夜の料理の準備の仕方

お七夜の料理をどのように準備したらよいのか悩むママもいるようです。お祝いをしようと考え始める時期によって、準備の仕方も変わってくるかもしれません。産前から考えていたママと、産後に考え始めたママたちに準備の仕方を聞いてみました。

産前から考えている場合

「妊娠中にお七夜の行事を知り、ご飯は手作りしようと考えていました。両家の両親と姉夫婦を招待したいと思ったので、大人数で取り分けられるメニューがよいと思ってサラダや煮物などを用意しました」(30代ママ)

「お七夜のご飯は手作り以外にも宅配サービスを利用しようと考えていました。妊娠中に単品で注文できる大皿料理をチェックしておいたので、スムーズに準備することができました」(20代ママ)

お七夜に自分で作るメニューを産前から考えていたママもいるようです。調理に時間がかかりそうなメニューだけケータリングを頼むと簡単に準備できたというママの声もありました。

産後考え始めた場合

出前のお寿司
© moonrise - Fotolia

「出産後にお七夜のことを知ったので、料理はホテルのケータリングを頼みました。お七夜にきてくれた方に、簡単においしい料理を出すことができたのでよかったです」(20代ママ)

「産後は、慣れない赤ちゃんの世話でお七夜の料理を作る余裕がありませんでした。実家の母に作ってもらった料理でお七夜の食事会をしました」(40代ママ)

産後にお七夜のメニューを考え始めた場合、自分では料理を作る時間が取れないこともあるかもしれません。産後の体調にも気をつけながら、楽に準備ができるケータリングなどの宅配を利用したり、両親に食事の準備をお願いするのもよいかもしれませんね。

宅配サービスを利用した料理

宅配サービスにはどのような料理があるのか気になるママもいるようです。実際に、ママたちが宅配やケータリングを使ってお七夜に用意した料理をご紹介します。

お祝い膳のセット

「お祝い膳のセットを注文し、指定の時間に宅配してもらいました。お膳に入っているので、そのまま食卓に出すことができ、助かりました」(20代ママ)

「宅配サービスを利用してお祝い膳のセットを用意しました。自分では作れないようなさまざまな料理がきれいに盛りつけられていて、利用してよかったと思いました」(30代ママ)

料亭やホテルにお祝い膳のセットを注文すると、鯛や紅白なますなどさまざまな料理が揃っているようです。産後に準備を始める場合も、お祝い膳のセットを宅配してもらうと慌てずにお七夜のお祝いの準備ができたというママの声もありました。

お刺身の盛りあわせ

刺し身の盛り合わせ
© YsMori - Fotolia

「自分では作れないお刺身の盛りあわせを宅配してもらいました。お七夜のお祝いだと伝えると、鯛や鯉など縁起のよいと言われる魚を使った盛りあわせを作ってもらえました」(40代ママ)

「近所の魚屋さんが、お刺身の宅配サービスをやっていたので利用しました。自分ではできないようなきれいな盛りつけで、お七夜に集まってくれた親族にも好評でした」(20代ママ)

お刺身の盛りあわせなど、自分で作ることが大変なメニューは宅配をお願いしたママもいるようです。季節によって魚の種類もさまざまなようなので、お店の人と相談して決めるのもよいかもしれませんね。

お赤飯

「普段もち米を使った料理をしないので、お七夜のためにもち米を買うと使い切れないかもしれないと思いました。お赤飯は注文して宅配してもらいました」(20代ママ)

「お七夜に集まる人数が多く、家にある炊飯器では人数分のお赤飯を用意するのは大変だと思いました。夫がお赤飯の宅配サービスを見つけてくれたので利用しました」(40代ママ)

用意するお赤飯の量を考え、宅配サービスを利用したママもいるようです。宅配サービスのお赤飯は、重箱に入ったものやそのまま食卓へ出せるような1人分ずつ容器に入ったものがあるようなので、食事のスタイルにあわせて選ぶとよいかもしれません。

お七夜のお祝いメニューの簡単レシピ

お七夜のお祝いメニューを手作りしたいママもいるのではないでしょうか。ママたちに聞いた簡単レシピをご紹介します。

尾頭つきの鯛

「鱗を落とし、内臓を取り除いた鯛を水洗いします。鯛の表面に切り込みをを入れ、塩を両面に擦りつけます。鯛をアルミホイルで包み、魚焼きグリルで入れて火が通るまで蒸し焼きにします。アルミホイルを外して焼き色を少しつける程度に焼いたら完成です」(30代ママ)

アルミホイルを使って尾頭つきの鯛を焼くと、焼き上がりがきれいになるようです。スーパーの下ごしらえサービスを利用したものを購入すると、さらに簡単に作ることができたというママの声もありました。

筑前煮

「鍋に油をひき、鶏もも肉を炒めます。鶏もも肉に焼き色がついたら、ごぼうとれんこん、にんじんとこんにゃく、冷凍の里芋の順番に入れて炒めます。水と和風だしを入れ、沸騰したら料理酒と砂糖を加えて落とし蓋をします。しょうゆとみりんを加え、煮汁が少なくなるまで煮たら完成です」(40代ママ)

冷凍の里芋を使い、短時間で筑前煮を作ったママもいるようです。一口大に切ってある鶏肉やカット野菜を使っても簡単に作ることができるかもしれませんね。

お吸い物

「鍋に水と和風だし、花麸を入れて煮立てたら、しょうゆと塩で味を整えます。火を止めて三つ葉を入れて全体を混ぜたら完成です」(20代ママ)

花麸を使って簡単に華やかなお吸い物を作ったママもいるようです。お吸い物の具は豆腐やわかめなど家にある材料を使って簡単に準備したというママの声もありました。

お七夜のお祝いに出す食事のメニューを考えよう

お七夜の赤ちゃん
iStock.com/kuppa_rock

お七夜の食事会を考えたとき、料理は手作りしようか、宅配で頼もうか悩むママもいるのではないでしょうか。ご飯のメニューには、縁起のよい鯛やお赤飯などを準備してお祝いしたママもいるようです。

産後に準備をする場合は、簡単に作れるレシピで手作りしたり、お祝い膳のセットをケータリングしてもらうと慌てずに準備ができるかもしれませんね。お七夜を家族でお祝いするために、ママの体調にあわせて準備の仕方を考えられるとよいですね。

2018年08月27日

専門家のコメント
3
    あーちん先生 保育士
    お七夜は特にお祝い膳などは準備しませんでした。親族が集まることもなく、いつも通り過ごしました。
    お祝い気分ということで、近所のお寿司屋さんでテイクアウトした物を食べました(^^)
    のんの先生 保育士
    お寿司やオードブルを頼みました。

    産後まもなくにご飯をつくる余裕もないですし、いちばん寝不足な時期です。
    里帰りであれば、ご両親に頼んで、注文してもらえると一番楽です。

    みんなでお祝いして食事することが大切なので、食事の内容はあまり気にしなくてもいいとおもいます。
    めい先生 保育士
    産後のその時期はまだ身体が回復しておらず、考える余裕がありませんでした。
    検討されたい方は、産前にどのような手配の仕方があるか調べておくといいですね。

レシピの関連記事

カテゴリ一覧