子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2018年03月06日

離乳食中期の小松菜はどう進める?レシピやレンジでの調理方法

離乳食中期の小松菜はどう進める?レシピやレンジでの調理方法

離乳食中期に小松菜を使って離乳食を作ろうと考えたとき、形状や進め方の目安、子どもが食べやすい工夫などに悩むママもいるのではないでしょうか。厚生労働省の資料を参考にしながら、離乳食レシピやレンジを使った調理方法などママたちの体験談を紹介します。

離乳食中期の進め方

離乳食中期は多くのママが初期の経験から、離乳食を作ることにも食べさせることにも少しずつ慣れ始めてきた頃でしょう。しかし、この時期になると子どもの食べる量や食材の種類がなかなか増えなかったり、食べるのをいやがったりするなどの悩みが出てくることもあるようです。

基本的な離乳食中期の進め方について、厚生労働省の資料を参考に紹介していきます。

離乳食中期はいつから?

厚生労働省の資料によると、生後7カ月から8カ月頃が離乳食中期とされています。離乳食を開始して1カ月を過ぎた頃から、1日2回食で食事のリズムをつけていくとよいでしょう。

調理形態は舌でつぶせる硬さ(豆腐くらい)がよいようです。

離乳食の量の目安

離乳食中期の1回あたりの食事量の目安は以下の量とされています。

穀類:全がゆ50g~80g
野菜・果物:20g~30g
魚:10g~15g
肉:10g~15g
豆腐:30g~40g
卵:卵黄1個~全卵1/3個
乳製品:50g~70g

子どもの離乳食で困ったこと、わからないこと

離乳食のエプロンと食器
Africa Studio/Shutterstock.com

離乳食で困ったこと

厚生労働省が出している資料の中には離乳食で困ったこととして、次のような内容が挙げられています。

食べる量が少ない / 20.6%

食べるのをいやがる / 13.1%

食べる量が多い / 7.1%

作り方がわからない / 6.6%

相談する人がいない(場所がない) / 1.5%

(回答数:2722)

食べる量が少ないと困っている方が一番多く、食べるのをいやがることに悩んでいる方が多いようです。この他、離乳食中期になっても食べてくれる食材の種類がなかなか増えず、どのような離乳食レシピを作ればよいのか悩んでしまうという意見もありました。

離乳食でわからないこと

困ったことの次に、離乳食のことでわからないことについても厚生労働省が出している資料より紹介します。

食べる適量がわからない / 46.4%

食べさせてよいものがわからない / 15.6%

離乳の進め方がわからない / 14.9%

離乳食の作り方がわからない / 9.0%

(回答数:5223)

食べる適量がわからないと困っている方が一番多く、次に食べさせてよいものがわからないと悩んでいる方が多いようです。離乳食中期は子どもの食べる量が少ないためどのように離乳食を進めたらよいか迷うことや、食べられる食材の種類が増える半面、子どもはいやがって食べてくれずに食事のバランスが気になってしまうこともあるかもしれません。

小松菜はスーパーなどで手に入りやすく、茹でて手軽に調理できるのでいろいろなレシピに取り入れやすい食材ですが、葉物野菜特有の青臭さや食べづらさが苦手な子どももいるかもしれません。離乳食中期の小松菜を食べやすくするために、ママたちはどんな工夫をしていたのでしょうか。

離乳食中期の小松菜のアレンジレシピ

小松菜
iStock.com/jreika

離乳食中期の頃に、小松菜を使ってママたちはどのような離乳食を作っていたのでしょうか。レシピの工夫やレンジを使った調理方法などを3つ聞いてみました。

小松菜とキャベツのミルク粥

「離乳食初期から小松菜を食べさせていましたが、特有の青臭さが苦手なようでなかなか食べてくれませんでした。どうしたら子どもが小松菜を食べてくれるか分からず困っていました。

そこで、子どもの好きな粉ミルクといっしょに調理すれば甘い香りがプラスされて青臭さが気にならなくなるのではと考えて、小松菜とキャベツのミルク粥を作りました。小松菜の葉先とキャベツをやわらかく茹でて細かく刻み、小松菜とキャベツ、調乳しておいた粉ミルクを粥に混ぜたら完成です。

甘い香りのする粉ミルクと組み合わせたことで青臭さが気にならなくなったようで、小松菜をなかなか食べようとしなかった子どもが、残さず食べてくれました」(30代ママ)

小松菜のヨーグルト和え

「野菜好きな子どもでしたが、小松菜は葉物野菜のためか、子どもはモグモグするのが難しいようで口から出してしまうことが多くありました。どうしたら小松菜を食べやすくすることができるか悩んでいました。

そこで、とろみのある食材と組み合わせたら食べやすくなるのではと考えて、小松菜のヨーグルト和えを作りました。小松菜はやわらかく茹でて細かく刻み、小松菜をプレーンヨーグルトで和えたら出来上がりです。

プレーンヨーグルトと和えることでとろみが付いたのがよかったようで、小松菜を口から出してしまうことの多い子どもが、ペロリと完食してくれました。小松菜は水洗いした後に水気を切らずにラップをかけて耐熱皿の上にのせ、電子レンジで加熱すると茹でた時と同じようにやわらかくなるので、少量だけを使いたい時に便利な方法でした」(20代ママ)

小松菜入りしらす粥

「子どもはお粥や野菜、魚などなんでもよく食べましたが、野菜を食べさせると野菜だけ、魚を食べさせると魚だけというように1回の食事で1つの食材しか口にしないことが多くありました。食事のバランスも気になるので、どうしたら子どもが1回の食事でいろいろな食材を食べてくれるかが悩みでした。

そこで、子どもがよく食べてくれるお粥に野菜と魚を混ぜたら一度にいろいろな食材を口にしてくれるのではと考えて、小松菜入りしらす粥を作りました。小松菜の葉先はやわらかく茹でて細かく刻み、しらす干しはさっと湯通しして細かく刻んだらお粥に混ぜ、小松菜を加えてさらに軽く混ぜます。

子どもがよく食べてくれるお粥に小松菜としらす干しを混ぜたのがよかったようで、子どもは3種類の食材を使ったこのレシピを残さず食べてくれました」(30代ママ)

離乳食中期の小松菜は様子をみながら進めていこう

離乳食を食べる赤ちゃん
buritora/Shutterstock.com

離乳食中期になると、初期の頃と比べて多くの食材を使って調理できるようになります。小松菜は葉物野菜であるため、青臭さや食べづらさを苦手とする子どももいるようです。甘い香りのする食材と組み合わせたり、とろみを付けたりと工夫することで小松菜の食べづらさを解消できるかもしれません。

離乳食が2回食になり、離乳食を作る回数が増える時期ですので、レンジを活用するなどして小松菜を使った離乳食レシピをうまく取り入れて進めていけるとよいですね。

出典:Ⅱ離乳編/厚生労働省

※記事内で使用している参照内容は、2018年3月2日時点で作成した記事になります。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

レシピの関連記事
カテゴリ一覧