【がん保険のシミュレーション】しっかり治療と向き合うために知っておきたい「がん保険」のこと

【がん保険のシミュレーション】しっかり治療と向き合うために知っておきたい「がん保険」のこと

予期せぬ病気やケガなど、人生にはリスクがつきものです。そうしたもしもリスクに備え、自分自身や家族を守ることが保険の役割。「保険は本当に必要?ママたちに聞く、加入している保険や選ぶ基準」の記事では、「がん保険」の必要性についてお伝えしました。今回は、ママたちの関心が高かった「一時金タイプのがん保険」にフォーカスをあててご紹介します。

[PR] FWD富士生命保険株式会社

参加メンバー

FWD

【おさらい】がん保険を選ぶ前に知っておきたいこと

FWD
iStock.com/marchmeena29
「保険は本当に必要?ママたちに聞く、加入している保険や選ぶ基準」の記事では、ママたちの保険に対する意識やがん保険の正しい知識をお伝えしました。がん保険の必要性については、なんとなく感じていただけたのではないでしょうか。

がん保険とは、がんと診断された場合や、がんにより治療を受けた場合に給付金が受け取れる保険。がん保険で支払われる給付金の種類は主に、「診断一時金」「治療給付金」「手術給付金」「入院給付金」「通院給付金」があります。

今回は「がんの治療法が多様化するなかで『まとまったお金を自由に使える』ことは、経済的にも精神的に支えになる」と、ママたちの関心が高かった「診断一時金」に注目。

一時金タイプのがん保険を取り扱っているFWD富士生命のがん保険を例に、仕組みや活用イメージをご紹介します。

治療費以外にかかる費用

ママたちが、一時金タイプのがん保険に関心をもった理由のひとつに、「治療費以外の出費」があります。

FWD
宮崎さん
たとえば、通院の場合は交通費がかかりますし、子どもが小さい場合は預けるのにもお金がかかりますよね。

がんで手術をすると、手足がむくみ、専門のところでマッサージしなければならないケースもあり、これらは保険診療の対象になるものもあれば、自費のものもあるようです。

また、抗がん剤治療で髪の毛が抜けてしまった場合のウィッグも、数万円から数十万円かかることが多く、基本的に自己負担となります。

稲井さん
そういう費用も発生するのか…。これは盲点でした…。
水野さん
1回あたりの費用は小さくても、積もり積もると大きな金額になりそうですよね。

がん保険はいつ入るべき?

稲井さん
治療費はもちろん、収入が激減してしまうのも、経済的に大きなダメージですよね。いつ何があるかわからないし、早めに保険に入っておいた方がよさそう…。
宮崎さん
がんになってからでは加入できないことはわかっていたのですが、がん保険の知識を学ぶなかで、健康診断に引っかかってしまっただけで加入できない場合があることを知り、『あとになって後悔しないようにしなければ』と思いました。
FWD

がん保険に加入するタイミングとして多いのは、結婚、妊娠・出産など、ライフイベントのタイミングですが、ベストなタイミングは、がんに対して備えが必要だと感じたとき。

「自分は元気だから、まだ若いから大丈夫」と思っている方もいるかもしれませんが、一般的に保険料は加入年齢が上がるにつれて上がっていき、さらに病気のリスクも上がるため、加入条件をクリアできない可能性もあります。

もしものときに焦らないように、若いうちから加入を検討しておくと安心かもしれません。

スマホやパソコンで手軽に!保険料シミュレーション

がん保険の加入を検討する際、保障内容はもちろん保険料も気になるのではないでしょうか。

FWD富士生命のがん保険なら、生年月日、性別、プランや条件等を入力するだけで、月々の保険料を簡単にシミュレーションできます。

FWD
※こちらはシミュレーションのイメージ画面です

FWD富士生命のコールセンターに電話で相談し、より最適なプランを提案してもらうことも可能です。

保険料のシミュレーションはこちら

自由に使える一時金でさまざまな治療費をカバー

がん保険を選ぶうえでは、まず基本的な保障(「診断一時金」「治療給付金」「手術給付金」「通院給付金」など)を把握し、自分に合った組み合わせを考えるのがポイント。

FWD富士生命のがん保険は、診断一時金での保障を主とした商品なので、シンプルでわかりやすいのが特長。一時金の使い道は自由で、たとえばこんなときに活用できます。

治療方法の選択肢が広がる

FWD

がん治療の医療技術は日々進化しており、自由に使える一時金があれば、「自由診療」をはじめ、新しい治療方法を選択肢に入れることができます。

治療費以外の費用にも使える

FWD

がんの治療中は、医療費以外にもさまざまな費用がかかりますが、FWD富士生命のがん保険は、タクシー代、ウィッグ、介護用品、毎日の健康食品まで、自由に使えます。

収入減のサポート

FWD

治療に専念したときの収入減だけでなく、復職するときの準備や大切な家族との生活もサポート。FWD富士生命のがん保険は、治療後の家族旅行にも自由に使えます。

宮崎さん
実際に月々の保険料をシミュレーションしてみて、思っていたより安いと感じました。
稲井さん
一時金の自由度が高い分もっと高いと思ってましたが、これなら月々の負担も少なくて済みそう。
宮崎さん
この保険料で”もしも”のときに備えられるなら、とりあえず入っておくのが良さそうですよね。
水野さん
『とりあえず入っておく』って意外と大事なのかも。付加する特約などは、都度見直していけばいいですもんね。
※特約によっては中途付加・中途解約ができないものがありますのでご注意ください。

また「やっぱり年齢が1歳上がると、保険料も上がるんですね…。」という声もあり、若いうちからがんに備える大切さを知ったママたち。シミュレーションによって、それぞれ気づきがあったようです。

がん保険は、タイプや目的に応じて選択しよう!

がんの医療技術は日々進歩しており、それに合わせてがん保険の保障内容も変化しています。がん保険を選ぶときは、現在のがんの医療事情を把握したうえで、自分の年齢や健康状態も含めて総合的に検討していく必要があります。

FWD富士生命のがん保険は、がん治療を一時金でサポート。支払事由に該当すると、最高300万円の一時金をまとめて受け取れるシンプルな仕組みで、さまざまな治療方法に備えることができ、収入が減少した場合のカバーにも役立ちます。

がんは”共に生きる”時代に――。最適な治療方法を選び、がんと向き合っていくためには備えが大切です。ぜひ、この機会にがんについて考えるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

FWD富士生命のがん保険は最高300万円の一時金保障
詳しくはこちらから
■FWD富士生命のがん保険について
・この商品は保険期間の始期から91日目に保障を開始します。
・商品の詳細につきましては「パンフレット」、「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」、「ご契約のしおり・約款」等をご確認ください。
・ご案内している保険商品に関する内容は、2020年8月1日現在で適用されているものです。

FWD-C3609-2008

2020年09月23日

アンケート

がん保険について

Q1. 「FWD富士生命のがん保険」はご存知でしたか?
Q2. 記事を読んで「FWD富士生命のがん保険」に興味を持ちましたか?
Q3. Q2の回答理由を教えてください。
Q4. その他今回の記事を読んだ感想や、サービスに関するご意見などお聞かせください。
ご回答いただきありがとうございます!

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ