今話題の、「NISA」や「iDeCo」って本当に必要?KIDSNA編集部がお金のプロに聞いてきました

今話題の、「NISA」や「iDeCo」って本当に必要?KIDSNA編集部がお金のプロに聞いてきました

「NISA」と「iDeCo」は、言葉はよく聞くけれど、制度の内容がわからない人は多いのではないでしょうか。節税になると言われていますが、どれくらいお得になるのか気になる場合もあるでしょう。今回は、話題の「NISA」や「iDeCo」についてKIDSNA編集部がお金のプロに聞きました。

[PR] 松井証券株式会社

節税効果が期待できる「NISA」と「iDeCo」

節税しながら資産形成ができることで知られるNISAとiDeCo。言葉は聞いたことがあるけれど具体的なことはわからない、という人は多いのではないでしょうか。今回は、NISAとiDeCoそれぞれの特徴やどれくらい節税になるのかについて、松井証券の緒方さんに聞きました。

NISA/つみたてNISAとは

KIDSNA編集部
前回は教育資金を払いながら家族の将来にも備える選択肢として『投資信託』を学びました。

最近は初心者にもわかりやすい投資制度が充実してきていますが、なかでも節税効果が期待できるというNISAとiDeCoが気になっています。

まず、NISAやつみたてNISAについて教えてください。
松井証券
緒方さん
NISAとつみたてNISAは、投資で得た利益に対する税金の優遇制度です。

通常、投資で利益がでた場合、利益分には約20%の税金がかかりますが、NISAは年間120万円までの投資から得られた利益に税金がかかりません

つみたてNISAは、年間40万円の投資までで得た利益が非課税です。ただし、つみたてNISAで運用できる商品は一部の投資信託のみです。
運用できる期間(非課税期間)は、NISAは最長5年間。つみたてNISAは最長20年間

何に投資したいのかや将来のライフプランなど、目的に応じて選ぶとよいでしょう。

iDeCoとは

KIDSNA編集部
iDeCoも節税に役立つ認識なのですが、NISAやつみたてNISAとの違いはなんですか?
松井証券
緒方さん
iDeCoの正式名称は個人型確定拠出年金。非課税制度のひとつですが(※)、老後資金をつくるための制度と明確に定められていることが大きな違いです。

そのためNISAやつみたてNISAと違い、原則60歳まで引き出すことができません。

また、iDeCoにかけた金額分の所得が控除される特長があります。
60歳まで引き出せないのは一見デメリットのようですが、老後資金に手を付けることなく運用できるのはメリットという考え方もできそうですね。

※年間の投資上限金額は、職業や加入している年金の制度により異なります。運用できる期間(非課税期間)は加入から60歳まで。
※個別の税務取扱等につきましては、税務署・税理士等にご確認ください。

NISA・つみたてNISA・iDeCoの違い

松井証券

どちらを選ぶ?「NISA」と「iDeCo」

松井証券
KIDSNA編集部
iDeCoは自分のお金で作る年金制度で、NISAやつみたてNISAとは目的が違うことがわかりましたが、どのように活用したらよいのでしょうか?
緒方さん
NISAは株主優待が欲しい人や、幅広い商品に投資したい人、つみたてNISAは長期でコツコツ投資信託の積み立てをしたい人におすすめです。

iDeCoは、「老後のためのお金を準備したい」という明確なプランがある人に向いていると思います。

NISAとつみたてNISAはどちらかを選ぶ必要がありますが、iDeCoは、他の制度と併用することもできるんですよ。少額で分散するのもよいと思います。

NISAとiDeCoを併用する場合、短期的な資金を作りつつ、老後に備えることもできます。

目的に応じて使い分けることで、子どもにかかる教育費や、快適に暮らすための住居費など、さまざまな費用を支払いながら老後の資金を積み立てていくことができますね。

将来シミュレーターで自分に合った制度をチェック

NISAやつみたてNISA、iDeCoの特長や違いを解説してきましたが、果たしてどれくらい節税できるのか気になった方も多いはず。

iDeCoなら、まずは節税シミュレーションをしてみましょう!

STEP:1 加入診断

年齢、職業、年金の加入状況など、質問に答えるだけで加入診断ができます。

松井証券
加入診断では、iDeCoに加入できるかどうかの可否や掛金の上限額を診断

STEP:2 節税シミュレーション

さらに4つの質問に答えると…節税額と積立運用の効果を確認することができます。

松井証券
Q1~Q4の質問に答えるだけで節税額をシミュレートできます
松井証券
60歳までの所得税・住民税の節税額
松井証券
60歳までの運用益の節税額・積立運用額
松井証券
一時金で受け取る場合と年金で受け取る場合の金額

※結果はあくまでシミュレーションであり、実際の金額を保証するものではありません。また、記載の内容・数値等は将来にわたって保証されるものではありません。

松井証券
スマホで簡単にシミュレーション可能
KIDSNA編集部
シミュレーションするとわかりやすい…!

月々の設定金額で60歳までに積み立てられる金額やいくら節税できるのかがわかるので、将来のマネープランがたてやすそうです。
緒方さん
iDeCoは、リスクをとりたくない場合、元本が確保される定期預金を選ぶこともできます。

その代わりほぼ増えることもありませんが、ただ銀行預金するよりは、節税効果があるのでよいと思います。

こうしてシミュレーションをすることで、具体的なプランを考えられますよね。

すきま時間にさくっと診断できるので、漠然と「節税」が気になっている方は、ぜひ活用してみてください。

「NISA」と「iDeCo」で賢く節税生活

松井証券
家族の将来に備えて、マネープランを考えたいママは多いのではないでしょうか。節税効果のある制度や具体的な積み立て計画を知ると、将来のマネープランがイメージしやすくなります。

松井証券では、気軽にはじめられるわかりやすい手数料体系、スマホで簡単に操作できるアプリなどの各種便利ツール、初心者にも安心の充実したサポート体制などのサービスが揃っています。

また、投資でお金が動く仕組みを知ることは、子どもの教育にもつながるのではないでしょうか。今の子どもが成長した頃には、より投資が身近な時代になっているかもしれません。

子どもに、ママやパパが世の中のお金の仕組みや資産運用について教えられたらうれしいですね。
どれくらい節税できる?iDeCoシミュレーターで今すぐチェック!
■リスクおよび手数料などについて
 
松井証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第164号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

2020年01月17日

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ