子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

引越し先の新居の掃除は必要?役立つ道具や新築のお清め方法など

引越し先の新居の掃除は必要?役立つ道具や新築のお清め方法など

新居へ引越しするとき、小さな子どもがいるママは特に、入居時の掃除をしたほうがよいのか気になるかもしれません。今回の記事では、入居時に掃除しておきたい場所や役立つ掃除道具などと併せて、新築の家に引越したときのお清めについても説明します。

新居や新築の家の掃除は必要?

新居や新築の家に引越しをするとき、入居に合わせて掃除をしたほうがよいのか迷うママもいるかもしれません。小さな子どもがいる場合は、床の汚れやホコリが気になる場合もあるでしょう。

新居に引越しをするときは、入居に合わせて掃除をしておくとよいこともあるようです。掃除をしておいたほうがよい理由を紹介します。

多くの新居はハウスクリーニング済み

新居の多くは、部屋に誰かが入居する前に掃除の専門業者がハウスクリーニングとして部屋を掃除を行っている場合がほとんどでしょう。新築の家の場合も、建築工事後には人が気持ちよく住めるように掃除の専門業者が掃除を行っているようです。

何もない状態で掃除ができる

引越し先の新居や新築の家はまだ荷物が置かれていない状態なので、隅々まで掃除をすることができるでしょう。

入居までに期間が空いている場合は新居や新築の家でもホコリなどが溜まっている場合も考えられるので、何も置かれていない状態の新居や新築の家を一気に掃除できると、気持ち的にもすっきりできそうですね。

新居にキズや破損がないか確認しやすい

家具などを置く前に新居や新築の家にキズや破損がないか確認することも大事かもしれません。

新居が賃貸物件などの場合は、部屋を退去する時にキズや汚れがあると修繕費を請求される場合もあるようです。

入居する前から確認できていたキズについては、自分でつけたキズではないということを証明することで敷金の返金額が変わることもあるようなので、事前に確認しておくとよいでしょう。

キズや破損などがあった場合は写真を撮って事前に不動産や建築業者に伝えておくとよいかもしれません。

入居前にやっておきたい掃除場所

iStock.com/jodiejohnson

入居前の新居や新築の家で掃除しておくとよい場所はどこなのでしょうか。筆者の経験も元にいくつか掃除場所をピックアップしてみました。

やっておきたい掃除場所

入居前の何もない状態で掃除をするときにやっておくとよさそうな掃除場所は以下です。

(1)押入れ、クローゼットの中
(2)キッチンなどの引き出しの中
(3)天井、照明部分
(4)換気扇や空調機器まわり
(5)窓や網戸

押入れやクローゼット、引き出しの中

押し入れやクローゼットの中は荷物を入れる前に掃除をしておくとよいかもしれません。キッチンなどの引き出しの中も食器などを入れる前に、アルコールを布につけて拭くなどして清潔にしておきたいですね。

天井や照明部分

天井や照明部分は家具などを置く前にホコリやすすをほうきなどで落として掃除しておくとよいでしょう。手が届きづらい場所でもあるため、家具などがない状態だと椅子や脚立を使いやすく掃除をしやすいのではないでしょうか。

換気扇や空調機器まわり

換気扇や空調機器まわりはホコリや汚れが溜まりやすいので、新居であっても意外と汚れている場合もあるようです。入居前にフィルターや空気口などをキレイにしておくとよいでしょう。掃除後にきちんと動くか、確認しておくと安心かもしれませんね。

その他にも、窓や網戸もカーテンなどが設置されていないうちは、拭き掃除などがやりやすいようです。

荷解き後の掃除について

新居や新築の家に引越し、荷解き後はさまざまな場所が汚れているかもしれません。荷物の片づけに忙しいとき、どこを優先して掃除するとよいのでしょうか。掃除方法についてもご紹介します。

優先して掃除する場所と掃除方法

iStock.com/Linda Raymond

荷物を出し入れした後などは汚れや搬入跡が残っていることもあるため、玄関先などは拭き掃除をしたほうがよいかもしれません。

また、荷解き後は部屋全体にホコリや細かなゴミが散らばっていることが多いようです。掃除機でキレイにできるとよさそうですね。

ダンボールのまとめ方

引越し後には荷物を入れていたダンボールがゴミになる場合もあるでしょう。

ダンボールをまとめるときは、なるべく同じ大きさのダンボールだとまとめやすいようです。ビニール紐などでまとめる場合、真ん中でクロスし十字になるように縛る方法もよいようですが、十字を2つ作ってカタカナの「キ」になるように結ぶ方法もくずれにくくなるようです。

役に立つ掃除道具

掃除のときに役に立ちそうな掃除道具はどのようなものがあるのでしょうか。使用するときの注意点なども説明します。

マイクロファイバークロス

マイクロファイバーは吸水性や速乾性がよく、汚れを絡め取りやすい繊維の構造をしていようです。拭き掃除などでは重宝するかもしれません。

ただし、繊維が細く少し尖っているので、柔らかく傷つきやすいモノを拭くのには向いていないようです。

フローリングワイパー

床や壁など広い面を掃除するときの掃除道具は「フローリングワイパー」が役立ちそうです。立ったまま掃除をすることができ、専用のタオルやペーパーなどを装着して使用すれば雑巾がけをしたみたいに掃除することができるでしょう。

フローリングワイパーを使うときは力を入れすぎると、ペーパーなどが外れてしまい床や壁を傷つけてしまうこともあるようです。適度な力加減で使用するとよいでしょう。

新築の家に引越したらお清めは必要?

新居や新築の家に引越したときにはお清めをする人もいるかもしれません。簡単なお清めの方法をご紹介します。

お清めとは

お清めは本来身についたけがれを払う行為で、神社で受けるお祓いもお清めの1つとされているようです。一般的には心の曇りを浄化するためという意味合いが強く、お清めの方法にはさまざまあるようです。

玄関に盛り塩を置く

盛り塩は、福を招く縁担ぎやけがれを払う結界の意味をもつようです。盛り塩は扉の外と内の境界である玄関などに左右一対で置くとよいようです。新居や新築の家に引越したら置いてみるのもよいかもしれません。

窓や扉を開け空気を入れ替える

窓や室内の扉を全て開け、部屋中の空気を入れ替えることもお清めになるようです。晴れている日であれば積極的に太陽の光を室内に取り入れることで、清々しい気持ちになれるのではないでしょうか。

新居の掃除で晴れやかな気分に

iStock.com/Rawpixel

新居や新築の家を掃除することで、清々しい気持ちで引越しをすることができるかもしれません。新居や新築の家に入居する前に、まだ何も置かれていない部屋を掃除しながら、家具のレイアウトを考えるのもよいでしょう。

引越し後に掃除をするときは、新居に掃除道具を前もって置いておくと、入居後すぐに掃除することができるかもしれません。

新居や新築の家で家族みんなが晴れやかな気持ちで新しい生活のスタートを切るために、入居時の掃除やお清めをしてみてはいかがでしょうか。

2018年07月15日

レクチャーの関連記事
カテゴリ一覧