子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

2018年04月14日

電気ポットの掃除方法は?電気ポットの中や底、外側の掃除について

電気ポットの掃除方法は?電気ポットの中や底、外側の掃除について

簡単にお湯を沸かすことができる電気ポットを使用している家庭も多いのではないでしょうか。今回は、電気ポットの中や底、外側の掃除について考えてみました。

電気ポットの掃除の方法、仕方

電気ポットは、さまざまな原因で汚れが付着する場合があります。料理や飲み物で電気ポットのお湯を使用する場合もあるので、こまめに掃除を行い清潔にしておくと、安心して使用することができるでしょう。電気ポットを定期的に掃除するためにも、掃除の方法や仕方を覚えておくとよいかもしれませんね。

電気ポットの掃除の方法

電気ポットの掃除の方法を部分別にまとめてみました。

電気ポットの外側

電気ポットの外側は手垢やほこりなどで汚れている場合があります。また、電気ポットをキッチンに置いている場合は、調理中に舞い上がった油の分子が電気ポットに付着することもあるようです。電気ポットの外側を掃除するときは、手垢や油汚れを落とすのに効果的な重曹やセスキ炭酸ソーダを活用するとよいでしょう。

重曹を活用して電気ポットの外側を掃除する場合は、まず水に重曹をよく溶かして重曹水を作ります。その後、完成した重曹水を柔らかい布に含ませて電気ポットの全体を磨くとよいようです。重曹水で全体を磨いたら水拭きをして、最後に乾拭きをするときれいになるでしょう。

電気ポットの中と底

iStock.com/JPC-PROD

電気ポットの中のアルカリ性の汚れ落としに効果的な酸性のクエン酸を使用するとよいようです。

電気ポットを掃除しているママたちの中には、クエン酸の代わりにお酢を使用している人もいました。クエン酸を活用して電気ポットの底を掃除する場合は、まず電気ポットの満タンのラインまで水を入れて、クエン酸を大さじ1ほど加えます。その後、いつも通りにお湯を沸かして、2時間程度放置しましょう。

時間が経ったら湯口からお湯を捨てれば、電気ポットの底掃除の完了です。お湯を捨てるときは電気ポットの上部から捨てても構いませんが、湯口からお湯を捨てれば湯口やパイプに付着した汚れをいっしょに掃除することができるようです。

あると便利な電気ポットの掃除道具

電気ポットを掃除するときに、あると便利な掃除道具をご紹介します。

マイクロファイバークロス

電気ポットの外側を掃除するときは、柔らかい素材のマイクロファイバークロスを使うとよいかもしれません。マイクロファイバークロスは細い繊維でできているのが特徴で、汚れを絡め取りながら掃除することができるようです。

マイクロファイバークロスは電気ポットの外側に付着したほこりはもちろん、油汚れも掃除することができるでしょう。マイクロファイバークロスを使用するときは、水で濡らした方が汚れを落としやすくなるようです。

爪楊枝

iStock.com/VL2607954

電気ポットの全体を柔らかい布で磨いても、部品のつなぎ目である溝に付着した汚れは取れない場合があるようです。電気ポットの外側の溝を掃除するときは、細かい部分の汚れを掻き出すことができる爪楊枝を使うとよいかもしれません。爪楊枝を使用するときは、爪楊枝の先で溝をなぞるようにするとよいでしょう。

電気ポット専用の洗浄剤

電気ポットを掃除しているママたちの中には、電気ポット専用の洗浄剤を使用して電気ポットの中を掃除している人もいるようです。電気ポット専用の洗浄剤は1回分が小分けになっているタイプが多いので、使用するときに便利かもしれませんね。

歯ブラシ

電気ポットの底や中に付着した細かな汚れを取るときは、歯ブラシを使用するとよいようです。歯ブラシを使って電気ポットの底や中の段差を掃除するときは、ブラシの先を汚れに当てて、細かく動かすとよいでしょう。

定期的に掃除すると、電気ポットの掃除が楽になる

iStock.com/TAMAKI NAKAJIMA

電気ポットはさまざまな理由で汚れが付着する場合があります。電気ポットを安心して使用するためにも、定期的に電気ポットの掃除をするとよいのではないでしょうか。電気ポットの中や底、外側の掃除方法を身に付けておくと、掃除が楽になるかもしれませんね。

レクチャーの関連記事
カテゴリ一覧